2017-04-20 21:11

山内スエコの公約は「全く財源の裏付けのない無責任な公約」?


自民党の古屋圭司選対委員長が、うるま市長選に立候補している山内末子(元民主党)の公約を「何でも反対、全く財源の裏付けのない無責任な公約や、空虚なキャッチで市民への詐欺行為にも等しい沖縄特有のいつもの戦術」と自身のFBで批判した。

当然のことながら、反アベ勢力は一斉に「事実無根の誹謗中傷!」「沖縄差別だ!」と猛反発、琉球新報などは「事実に基づかない侮蔑的な発言は厳に慎むべきである」と書いていた。サベツガー批判は論ずるに値しないが、「事実」は確認するべきだろう。

スエコの政策は、自称「市民ファーストプラン(明らかに小池のパクリ)」という。ちなみに、スローガンは「チェンジ・YES!(明らかにオバマのパクリ)」だ。で、都民・・・じゃなくて市民ファーストプランの骨子は以下のとおり。

・学校給食費の無料化
・高校卒業までの医療費の無料化
・給付型奨学金の創設
・基地反対
・観光農業による経済活性化など


古巣の面影だらけですな(笑)。

で、古屋議員が「財源の裏付けのない無責任な公約」と批判したのは、「給食無料化・医療費無料化・給付型奨学金」の部分だ。一方、スエコは「財源はありまーす!」と言っており、具体的には「市の予算525億円の1%をまわすだけで足りる」とのこと。

sueko.jpg

詳しい内訳は分からないが、とりあえず、スエコは無料化と奨学金に必要な金額は5億3千万円くらいを見込んでいるわけだ。

さて、スエコの主張に合理性はあるのか。はたまた古屋議員の言うとおり「財源の裏付けのない無責任な公約」なのか。

まず、スエコの言う「市の予算525億円」はうるま市の一般会計だが、この内約74%は国庫支出金・地方交付税・県拠出金・市債などの依存財源だ。それらの使い道は決まっており、市の裁量で勝手自由に使い道を決められる性質の金ではない。

市の自主財源は約135億円、そこから5億3千万円賄わなければならない。したがって、「市の予算525億円の1%」ではなくて、「市の自主財源135億円の4%をまわせば足りる」と説明するのが正しい。で、4%の5億3千万円はどこから賄うのか。

たとえば、70億円ある人件費を8%削減すれば、それくらいの金額を浮かせられる。「市長給与20%カット」くらいしか見つからなかったが、スエコは何らかの金策を考えているのだろうか。ちゃんと考えているのなら、古屋議員の批判はあたらなくなる。

結論としては、甚だ遺憾ながら、「全く財源の裏付けのない無責任な公約」と断言するのは難しい。スエコのごときアホは「たった1%だから何とかなるに決まってる!、根拠は無いけど!」くらいにしか考えていないと思うが、だけど断言はできない。

4%は決して小さな金額ではないが、段階的に実現させていくことも考えて、決して不可能な額ではないと思う。スエコに決意があるのなら、子供のために他の何かや誰かを切り捨てる勇気があるのなら、実現は十分可能だろう。理屈上はね。

まあ、スエコに決意や勇気は欠片も無く、金策も何も考えておらず、そもそも5億3千万の積算もでたらめで、公約は選挙に勝つためだけに並べたバラマキでしかなく、まさしく「財源の裏付けのない無責任な公約」なのが、実際のところだと思う。

けど、決めつけはヨクナイ。




琉球:<社説>古屋氏「詐欺」投稿 民主主義侮蔑する暴言だ
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-481792.html
" 選挙における政策論争を不当に軽んじる行為だ。民主主義を侮るものであり、断じて容認することはできない。
 自民党本部の古屋圭司選挙対策委員長が、うるま市長選に立候補している山内末子氏の公約を「市民への詐欺行為にも等しい沖縄特有のいつもの戦術」と自身のフェイスブックで批判した。
 「沖縄特有のいつもの戦術」と記していることから、山内氏のみを批判しているのではないことは明らかだ。政府・与党に対峙(たいじ)する沖縄の野党勢力のみならず、政府方針に異議を申し立てる県民全体に対する批判だと考えるべきだ。
 言うまでもなく選挙は民主主義の根幹をなす制度である。候補者や政党が公約を掲げ、政策論争を交わすことで、代表者を選ぶ有権者に選択基準を示すのだ。それはあくまでも真摯(しんし)な論争であるべきであり、事実に基づかない侮蔑的な発言は厳に慎むべきである。
 古屋氏のフェイスブックへの投稿はその枠を逸脱している。いかなる根拠をもって「詐欺行為」と断言するのか理解に苦しむ。記者団に問われた古屋氏は「客観的事実を申し上げた」と抗弁したが、何が事実なのか明言すべきだ。
 「全く財源の裏付けのない無責任な公約」とも書いたが、古屋氏は市財政を把握した上で批判したのか疑問だ。
 驚くべきことに竹下亘自民党国対委員長も古屋氏の批判に対し「そういう側面はあるのではないか」と同調した。沖縄側からすれば看過し難い言い掛かりだ。
 沖縄に対する侮蔑(ぶべつ)は今選挙にとどまらない。例えば鶴保庸介沖縄担当相も11日の会見で「ポジショントーク(自身に都合の良い発言)をするような向きもないではないかもしれない」と述べ、辺野古新基地に反対する沖縄の動きををけん制した。
 ここまでくれば、私たちは安倍政権と自民党中枢に「沖縄ヘイト」(憎悪)が充満していると疑わざるを得ない。辺野古新基地建設に反対する言論にはヘイトで対抗しようという意思が政権党にあるのならば、極めて差別的で危険な動きだ。
 沖縄の与野党を問わず、古屋氏の批判には厳しく対処してほしい。選挙を通じて民意を表明してきた県民全体への侮蔑だからだ。自民党県連も投稿の撤回を古屋氏に迫るべきだ。"






スポンサーサイト
  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2017-03-24 20:59

石嶺なんか市議にして、反基地派は恥ずかしくないの?


3月9日、宮古島市の石嶺香織市議(反基地派のキチ市議)が、FBで「自衛隊部隊が宮古島に配備されたら絶対に婦女暴行事件が起こる」等と書いて炎上、「絶対」だけ消して再投稿してまた炎上、結局、投稿削除&謝罪に追い込まれた。

このニュースを沖縄タイムスで読んだとき、正直言ってどうでもいいと思った。no-risuは連中をウォッチしすぎて感覚が麻痺している。だから、「知ってた。お前ら反キチ派ってそういうこと平気で言う人間だよね」くらいにしか思わなかった。

ところが、ウブな宮古島市議会らの受け止め方は違った。3月21日、「投稿は自衛隊員、米海兵隊員に対する職業的差別であり、断じて許すことができない暴言、市議会の品位を著しく傷つけるものだ」と断罪し、辞職勧告決議を可決したのだ。

しかも、圧倒的賛成多数(賛成20、反対3)で可決した。やるじゃない。大変結構。大変結構だが、このニュースを聞いたときもさして心は動かされなかった。決議に強制力は無く、厚顔無恥の反基地市議が辞職するわけも無いからだ。

だが、そこからは面白かった(笑)。

何が面白かったというと、琉球新報の石嶺擁護記事と、石嶺の愚劣な釈明・反論である。まず、石嶺は辞職勧告決議に対して次のように述べた。

「私は市民が選んでくれた議員であると自覚している。決して議会が選んだ議員ではない。辞職勧告を拒否する」

「辞職勧告されるという事象に憤りを感じた。犯罪とか違法なことをしたら別だが、思想や信条について多数決で排除されると議会制民主主義が問われてくると思う」

馬鹿女にも程がある(笑)。

石嶺の脳内では、「自分だけが市民に選ばれた議員」であるらしい。言うまでも無く、圧倒的多数で辞職勧告に賛成した議員、その一人一人が市民に選ばれた代表者だ。よって、辞職勧告を拒否する理由として成立していない。

また、石嶺は「犯罪とか違法なこと」をしていないと認識しているらしいが、自衛隊をレイプ犯扱いしたことは立派な名誉毀損罪であり侮辱罪であろう。それを「思想や信条」にすりかえて自己正当化するとは、とことん自己中心的なキチ女である。

次は琉球新報の石嶺擁護記事だ。琉球新報は、「FB投稿の市議に卑劣な中傷 家族への暴行示唆メールも」なる記事を書いていた。石嶺批判をけん制し、「むしろ石嶺議員こそ被害者である!」と言いたいらしい。笑わせてくれる(笑)。

もちろん卑劣な中傷は許されないが、石嶺市議の「自衛隊はレイプ魔」も卑劣な中傷であるはずなのに、琉球新報らは一度として批判していない。ただ「FBの投稿」としか書かない。卑劣なダブルスタンダードは厳に慎んでいただきたい(笑)。

ちなみに、同記事を読んでも「卑劣な中傷」「家族への暴行示唆メール」とはどういったものだったか、具体的な中身は何も紹介されていない。そりゃ紹介してくてもできまい。石嶺が片っ端から削除&ブロックしているのだから(笑)。

自分の思想信条には尊重を求めるくせに、考えが異なる者の思想信条は問答無用で削除するとか、どこまで排外主義が好きなのかと。べつに排外主義でも「思想信条」として尊重するけれど、よくも恥ずかしくないもんだな、って話よ。

石嶺市議は今年の補選で当選した新米だ。任期はたっぷり残っている。反基地派のキチったネタの提供係として、今後ますますのご活躍を祈念したい(笑)。




琉球:石嶺市議に辞職勧告 FB投稿受け宮古島市議会 本人は拒否
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000009-ryu-oki
 【宮古島】宮古島市議会(棚原芳樹議長)は21日午前に開かれた3月定例会で、石嶺香織市議に対する辞職勧告決議を賛成多数(賛成20、反対3)で可決した。石嶺市議が9日に自身のフェイスブック上で、米海兵隊の訓練を受けた陸上自衛隊部隊が宮古島に配備されたら「絶対に婦女暴行事件が起こる」などと投稿し、削除した件を受けた。勧告に法的拘束力はない。同市議会で辞職勧告決議が可決されるのは初めて。
"  決議では「投稿は自衛隊員、米海兵隊員に対する職業的差別であり、断じて許すことができない暴言と言わざるを得ず、市議会の品位を著しく傷つけるものだ」などとした。
 議場で弁明の機会が与えられた石嶺市議は、投稿は既に謝罪・撤回しているとした上で「私は市民が選んでくれた議員であると自覚している。決して議会が選んだ議員ではない。辞職勧告を拒否する」と述べた。【琉球新報電子版】"





テーマ:沖縄米軍基地問題
ジャンル:政治・経済

  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(11)

2017-02-07 20:48

反基地県民は翁長らの北米旅行に怒るべき


「過去最高の手応えでした!」、と自画自賛する沖縄県の翁長知事。恒例行事と化した「辺野古反対」を建前にしたアメリカ旅行も3回目、稲嶺名護市長らいつもの仲間を引き連れての慰安旅行は、聞く限り「過去最高の手応え!」どころか成果ゼロだった。

いや、成果ゼロどころか、過去最低に散々な内容だった。

最初に飛び込んできた「成果」は、トランプ大統領が出席した朝食会で「どこぞの何がしに自己紹介できました!」というものだった。たかが自己紹介の何が朗報?、その理屈はさっぱり理解できないが、琉球新報らには理解できているらしい。

訪米は、いつも通りの無計画な突撃旅行だったから、訪米中には入れ違いで訪日したマティス国防長官が安倍総理らと会談し「辺野古が唯一」と再確認されてしまう醜態もさらした。もはや、翁長はこんな重要な情報すら政府から与えられないのだ。

あげく、「マティス訪日と翁長訪の日程が重なったのは政府の嫌がらせ」、「政府は反基地運動に焦っている」などと陰謀論的な妄想で政府を批判するありさま。訪米が政府の眼中にあるかすら疑わしいのに、強がる翁長は実に惨めな野郎である。

国務省の件も酷かった。国務省の日本担当らと会談し、それは数少ない具体的成果と思われたが、何と会談直後に国務省は「辺野古が唯一」と公表してしまった。穴に入りたくなる赤っ恥だが、翁長にとってはこれも「手応え」なのだろうか(笑)。

結局、翁長は、相手も内容も明かせない会話について「柔軟な議論と意見交換ができた」とか、根拠も示せないくせに「多くの方に沖縄の事情を理解してもらえた」とか、ほとんど願望に近い「成果」でしか自画自賛できなかった。

同行したオール沖縄の呉屋共同代表も、「米連邦議会は我々の要請に動きつつある。勝つまで我々は頑張ると伝えてきた」と胸を張った。「動きつつある」の根拠は全くの不明で、「伝えてきた」ことを誇らしげに語るなどガキの使いレベルだ(笑)。

また、稲嶺市長も「(辺野古問題に)関心を示す人もたくさんいた」と「成果」を述べていたが、「たくさん」とは具体的にどれくらいの人数で、どういった人達で、どの様な「関心」なのか。この程度の報告しかできない時点で、「成果無し」を自白したも同然だ。

今回も成果は無く、今後も成果は見込めないが、翁長らはアメリカ旅行を継続する予定らしい。ハワイ含め、安からぬ各種経費が税金で賄われていると思うが、それを反基地名目で行われていること関して、反基地県民こそ北米旅行に怒るべきではないか。




琉球:「手応え、今回が最高」 翁長知事帰沖、訪米成果を強調
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-439569.html
 辺野古新基地建設阻止などを訴えるため訪米していた翁長雄志知事と稲嶺進名護市長、辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議の訪米団が5日夜、帰沖した。翁長知事は記者団に対し「(訪米は)3回目になるが、手応えは今回が最高。今回は相当議論を交わしたので大変大きな成果があった。県民と向かい合い、心を一つに頑張っていきたい」と成果を語った。
 空港で市民らの出迎えを受けた翁長知事は、訪米中にマティス米国防長官と安倍晋三首相が「辺野古が唯一」と確認したことに「訪米行動にぶつけてやるような中に日本政府の焦りがある。それを見据えて私ももっと決意を固めた」と辺野古新基地建設阻止への決意を述べた。その上で「これから厳しい長いものがある。私もぶれずに前に前に向けて頑張る」と改めて意気込みを示した。
" 独自の要請行動も展開した稲嶺市長は「(辺野古問題に)関心を示す人もたくさんいた。これからで、絶対に諦めるわけにはいかない」と決意を示した。
 訪米団団長でオール沖縄の呉屋守将共同代表は「キャピタルヒル(米連邦議会)はたび重なる要請に動きつつある。3年前と同じではない。勝つまでわれわれは頑張ると伝えてきた。道半ばだが相手も道半ばだ。頑張ろう」と声を上げた。"





テーマ:沖縄米軍基地問題
ジャンル:政治・経済

  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2017-01-27 21:16

安慶田光男沖縄前副知事は菅直人の同類か


教員採用試験への口利きと教育庁幹部人事への介入を暴露され、わずか数日で副知事職を投げ出しとんズラした翁長の腹心・安慶田光男前副知事。

「26日に話す」と取材から逃げ回り、いざ26日になって何を言うかと思ったら、誠意と責任ある説明や謝罪などでなく、なんと「ホラ話で名誉を侵害され耐え難い苦痛を与えられた。諸見里前教育長を名誉毀損罪で刑事告発したった!」等とのたまった。

以前のエントリで、「あんな馬鹿で無能な男が排除できたのだから基地反対派は大いに喜ぶべき」と書いたが、予想以上のアホでかつ傲慢極まりない男だったらしい。

口利き問題が発覚してから、安慶田の人物像について盛んに報じられるようになった。かなりの嫌われ者だったそうだ。沖縄タイムスらによると、安慶田は翁長知事や政府とのパイプを背景に、県職員や市町の首長らに威張り散らしていた。

目下の者に対する恫喝は日常茶飯事、「虎(知事や政府のパイプ)の威を借る狐」から裏で「キツネ」と呼ばれ嫌われていた。多くの自治体首長が県の反基地活動に非協力的なのも、ほとんどは安慶田に対する反感が原因という(マジかよw)。

報道を見る限り、口利き疑惑も人事介入疑惑も限りなく黒だ。証言は具体的で、教育庁関係者だけでもかなりの人数が事実と認めている。安慶田が潔白なら、教育庁が組織的に濡れ衣を着せて副知事を失脚させたことになるが、常識的にありえまい。

自覚が無い可能性は十分あると思う。刑事告訴したからには、諸見里前教育長だけでなく、多くの関係者が証言することになる。安慶田に不利な証言をだ。自滅に等しい刑事告訴に踏み切ったのは、奴に自覚が無いから、と考えれば説明がつく。

真に傲慢な人間は、自分が傲慢な人間だと自覚していない。恫喝したことに気がつかない。いじめをいじめと認識しない。で、客観的事実を指摘すると激高する。菅直人がまさしくそういう人間だが、安慶田も同類なのかもしれない。いや、そうに違いない。




琉球:「つくり話で名誉を侵害」 安慶田前副知事が口利き問題で前教育長を刑事告訴
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-433726.html
" 安慶田光男前副知事による教員採用試験への口利きと教育庁幹部人事への介入があったと諸見里明前教育長が文書で証言したことを受けて、安慶田氏は26日午前、県政記者クラブで会見し「前教育長の文書記載や同様の説明は事実ではなく、このようなつくり話で名誉を侵害され、耐え難い苦痛を与えられたことから、前教育長を名誉毀損罪で刑事告発することとし、昨日(25日)、那覇地検に告訴状を提出した」と諸見里前教育長を名誉棄損(きそん)の容疑で刑事告訴したことを明らかにした。併せて26日に名誉棄損に基づく損害賠償を求めて民事提訴したことも明らかにした。安慶田副知事による口利きを巡る問題は、前副知事が前教育長を告訴する異例の事態に発展し、泥沼化の様相を呈している。
 諸見里前教育長は同日、本紙の取材に対し「残念で仕方がない」としながら「自分はうそ偽りなく全てを話してきた。逃げるわけにはいかないので正面から受けて立つ」と争う姿勢を示した。
 諸見里前教育長は県教育庁に提出した文書で、2015年8月ごろの教員採用試験での口利きや15年1月と16年1月の教育庁幹部人事への介入について、自身が副知事室に呼ばれて依頼を受けたことや、受験者のメモを渡されたことなど詳細を告発している。
 諸見里前教育長の文書を受けて再調査した平敷昭人県教育長は24日、事実関係を認める複数の証言があったとして「働き掛けがあったと考えざるを得ない」と結論づけた。
 諸見里前教育長は、以前の教育庁の調査に、副知事の働き掛けがなかったことに同意していた。翻意の理由について書面で、副知事の「絶対否定」の姿勢に「大きな違和感を覚えた」などとしている。"





テーマ:地方自治
ジャンル:政治・経済

  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2017-01-23 21:10

安慶田光男副知事の引責辞任は反基地派に朗報では?


教員採用試験で県教委に口きき圧力をかけた疑惑で、沖縄県の安慶田光男副知事が引責辞任を表明した。沖縄タイムスの取材に対して完全否定していたくせに、疑惑発生から1週間で逃亡とは、さすが翁長知事の盟友である。ズラかるのがお上手。

沖縄タイムスらによれば、安慶田は依頼を拒否した県教委に激怒し、意趣返しの人事介入までしていたらしい。「やっぱりなw」と今後の展開を楽しみにしていたが、辞任で幕引きされ事実は闇に葬られる線が濃厚になったと思われ、実に残念である。

さて、安慶田の引責辞任について、報道各社は一様に「翁長県政にダメージ」と評している。オール沖縄連中からしてみれば身内の不祥事なので言葉のとおり、産経新聞はおそらく多分に願望をこめて「辺野古反対の翁長氏打撃」と書いていた。

しかし、それはちと違うのではないか。

安慶田の引責辞任は、反基地派にとって朗報だと思う。議会や会見での様子を見る限り、安慶田という男の知性と品性は著しく低い。権力の座にあるせいで思い上がった、馬鹿で下品なオヤジだ。あれが副知事なんて沖縄の恥であろう。

で、実際には、知性と品性だけでなくモラルも低かった。とんだクソオヤジだが、辺野古移設容認派のno-risuにとっては都合の良い存在でもあった。だってそうでしょう?。基地反対派の主攻役がアレなら、政府も余裕綽々でいられるから(笑)。

戦において、馬鹿はそれだけで罪である。安慶田はまさしくそれだった。反対派の足を引っ張っていた人間が、勝手に自滅して居なくなってくれるのだから、これは反対派にとって朗報以外のなにものでもあるまい。基地反対派の諸君、大いに喜ぶべし。




産経:沖縄・安慶田光男副知事の辞任発表、教員採用依頼疑惑で引責 辺野古反対の翁長氏打撃
http://www.sankei.com/west/news/170123/wst1701230048-n1.html
" 沖縄県の翁長雄志知事は23日、県庁で緊急の記者会見を開き、安慶田光男副知事の辞任を同日付で承認したことを明らかにした。平成27年に実施された公立学校教員採用試験で、特定の受験者を合格させるよう県教育委員会側に働き掛けた疑惑を受けた事実上の引責辞任。
 安慶田氏は26年12月の翁長県政発足時から副知事を務めてきた翁長氏の側近で、政府と対立する米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に関する政府との交渉を担当してきた。
 移設を巡る交渉への影響は不可避で、移設阻止を掲げる翁長氏の県政運営には大きな打撃となる。
 元那覇市議会議長の安慶田氏は、普天間飛行場移設を巡る政府との作業部会で県側の代表を務め、杉田和博官房副長官らと交渉を重ねた。沖縄の基地問題で政府側を取り仕切る菅義偉官房長官と翁長氏との間の橋渡し役を担ってきた。
 関係者によると、安慶田氏は、副知事室に県教委の職員らを呼び出したり、職員に電話をかけたりするなどし、複数の受験者について合格を働き掛けたとされる。"





テーマ:沖縄米軍基地問題
ジャンル:政治・経済

  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(6)