2018-04-29 10:49

パワハラでセクハラを追及する野党


テレビのニュースなどで見るたびに思うが、立憲・自由・共産・民進党らによる官僚ヒアリングは非常に不愉快なものだ。極めて威圧的で、攻撃的で、野蛮で、ゴロツキによる吊し上げも同然で、およそ先進国の国会議員による対話ではない。本ブログでも何度か指摘してきた。

はっきり言って、パヨ野党の官僚ヒアリングは限りなく暴力に近い悪質なパワハラだと思う。いや、断言して問題無かろう。あれは誰がどう見ても間違いなくパワハラだ。これは単なる主観ではない。厚生労働省は、パワハラの具体例を次のとおり示している。

1.暴行・傷害(身体的な攻撃)
2.脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言(精神的な攻撃)
3.隔離・仲間外し・無視(人間関係からの切り離し)
4.業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害(過大な要求)
5.業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと(過小な要求)
6.私的なことに過度に立ち入ること(個の侵害)

野党の威圧的物言いや、無の証明の要求や、回答困難な質問事項について異常な早さで回答を強要する姿勢は、明らかに「2」と「4」に当てはまる。

また、厚生労働省指定法人21世紀職業財団は、パワハラについて次のように示している。

1.「公開叱責(多数の面前での叱責)、人格否定」
2.「感情を丸出しにするモンスター上司、給料泥棒呼ばわりする」
3.「退職勧奨や脅し」
4.「無視の命令」
5.「困難な仕事を与えて低評価にする、過剰なノルマ」
6.「パワハラの訴えを聞き流す」

同様に、「1」「2」「5」に該当している。完全にパワハラだ。

パワハラやセクハラは、往々にしてやっている本人にその自覚が無い。アホの野党議員に自覚しろというのはどだい無理な話だと思うが、ヒアリングの様子を伝えるメディアが無反応なのはいかがなものか。鈍感すぎるだろ。

鈍感どころか、多くの場合はコメンテーターらが官僚側を批判する。官僚がパヨクの期待にそわない回答をするから(期待どおりの回答なんてできるわけないけど)、「不誠実」だの「ゼロ回答」だのと批判し、「これが安倍政権の体質だ」と政権批判にこじつける。

しかも、今野党がヒアリングしているのは福田セクハラ問題で、セクハラのヒアリングでパワハラまるけとか、ブラックジョークにもなりゃしない。愚劣の極みだ。

先日、ようやく夕刊フジがこの問題を記事にした。「野党合同ヒアリングは官僚イジメ、まるで中国・文革期にあった紅衛兵のつるし上げ」、とのこと。よく言った。だが、夕刊フジではまだ弱い。これに続く良心的メディアの出現を期待したい。

まあ、期待するだけ無駄だろうけど。




夕刊フジ:野党合同ヒアリングは官僚イジメ、まるで中国・文革期にあった紅衛兵のつるし上げ ジャーナリスト・安積氏指摘
http://news.livedoor.com/article/detail/14635038/
" 立憲民主党や希望の党など野党6党は23日も、与党が麻生太郎副総理兼財務相の辞任要求に応じないことなどに反発し、国会審議を欠席した。ただ、財務省の担当者を呼んで野党合同ヒアリングは開催した。最近、頻繁に開催される合同ヒアリングへの疑問について、ジャーナリストの安積明子氏が寄稿した。
 本当に不憫(ふびん)で仕方がない。森友・加計学園問題や、財務省の福田淳一事務次官(58)のセクハラ発言疑惑について、各省庁から説明のために野党6党のヒアリングにやってくる官僚たちだ。
 局次長から係長まで、そのポストはさまざまだが、各分野でトップクラスの能力を持つ人々だ。
 そんな官僚らを大声で怒鳴り、罵(ののし)る野党の議員たち。まるで大きな声を出せば、何らかのお宝が出てくるかのようにやるからたまらない。官僚らは、すっかり萎縮している。
 一例が、内閣府地方創生推進事務局のA参事官だ。加計問題が発覚した昨年から、当時の民進党のヒアリングに来ていた。そこでA氏はまず、同党のB参院議員の強烈な洗礼を受ける。
 「どうして、そんなこと言うんだよ!」
 「誰がそんなことしろって、言ったんだよ!」
 毎回、すさまじい雷を落とされ、A氏はそのうちにヒアリングに来ても、目を伏せたままとなった。何を言われても、怒鳴られても、まるで全く耳に入っていないような様子になった。そして、B氏以外の議員が比較的穏やかに質問したときだけ、チラリと少しだけ視線を上げていた。
 福田氏のセクハラ疑惑では、C参事官がそうした洗礼を受けた。
 C氏は国際局や金融庁監督局など、国際金融畑勤務歴が長いが、このような「尻拭い」の仕事は初めてなのだろう。慣れない様子で、あらかじめ準備したペーパーを読んで報告した。
 そして、C氏が「福田は(週刊新潮が公開したテープの声は)『自分の声ではない』と言っている」と省内ヒアリングの結果を報告すると、間髪入れず「ウソだ!」「そんなことはない!」などと激しい抗議の声の雨あられ。絶句したC氏が思わず目をつぶり、息をのむシーンも見られた。
 中国・文革期、熱狂した紅衛兵が、官僚や知識人らをつるし上げた。きっと、このような情景だったのではないか。
 社民党の福島瑞穂参院議員は17日のヒアリング終了後、「私たちは別にCさんを責めているわけじゃないのよ」と語った。だが、耳たぶを真っ赤にしながら野党議員の罵声に耐えている官僚らを見る限り、つるし上げて、イジメているとしか思えない。
 人権無視の合同ヒアリングは止めた方がいい。"





スポンサーサイト

テーマ:立憲民主党
ジャンル:政治・経済

  1. 野党
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2018-04-07 21:32

森友問題で江田憲司が爆弾発言


何から何まで胡散臭い話だ。

4月4日、NHKが森友問題に関するスクープ(?)を放った。「(2017年2月頃)財務省が森友学園側に口裏合わせ求めた疑い」というもので、「数千台のトラックでゴミを運び出したことにするよう、本省理財局の職員が森友学園に要請した」とされる。

しかし、財務省側に口裏合わせを要請する動機が無い。NHKらは、「8億円の不適切値引を正当化するため口裏合わせを目論んだ」と言いたいのだろうが、佐川は「適正価格」としているし、瑕疵担保契約だからゴミ処理実績を偽装する必要性も無い。

また、「数千台のトラックで運び出した」なんて、即座にウソとバレるような偽装工作を、お利口な財務省側から提案するなど全く信じ難い。

それに、決裁文書の交渉経緯から、財務局は森友学園を要注意団体と警戒していた様子がうかがえる。信用のおけない森友学園に対して、すぐバレそうな口裏合わせなんて要請するとは思えない。

・・・ガセネタではなかろうか。ちなみに、このネタはあの大串(希望・元民進)ですら、「信じられない」とぼやいている。週刊誌程度ならまだしも、NHKがこのような怪しい情報を垂れ流すとは言語道断だ。

さて、このいかにも胡散臭いネタに飛びついた民進党の江田憲司。こいつが爆弾発言をかました。何と、NHKのスクープは「大阪地検の女性特捜部長(山本真千子)のリーク」と明言したのだ。これは聞き捨てならない。

前々から、ネット界隈では「大阪地検が情報をリークしている」と囁かれていた。所詮は根拠不確かな噂の類いにすぎなかったが、江田の発言により俄然信憑性が高まったと言える。「リークはメールで行われた」とまで明かしていた。

つまり、「地検特捜部長が捜査情報をメディアに漏洩していた」、ということになる。普通に考えて、山本は直ちに捜査から外され、最終的には懲戒免職となるか、少なくとも依願退職は免れまい。検察組織を揺るがす特大の不祥事だ。

アホの江田が、そこまで考えて発言したとは思えないが、そういうことなのである。いかにも胡散臭い口裏合わせなんぞより、メディアには江田爆弾発言に焦点を当てた報道を期待したい。まあ、どうせやらないとは思うけどさ(嘲)。



J-cast:江田憲司氏ツイッター発言が物議 NHK森友報道「リーク元」言及で
https://www.j-cast.com/2018/04/05325494.html?p=all
" 旧維新の党代表、民進党代表代行などを務めた、無所属の会・江田憲司衆院議員のツイートが、一部で物議を醸している。
NHKが2018年4月4日報じた、財務省による学校法人・森友学園への「口裏合わせ」について、その情報源に言及したのだ。"
"「大阪地検の女性特捜部長のリークがどんどん」
「財務省が森友学園側に口裏合わせ求めた疑い」――NHKは4日夜、「ニュース7」およびNHK NEWS WEBで、一連の森友問題をめぐる新情報を報道した。国会で野党の攻勢が続いていた2017年2月、財務省の職員が学園側に、ごみの撤去について「口裏合わせ」を求めたというものだ。
この「スクープ」は大きな反響を呼び、希望の党・玉木雄一郎代表や共産党・小池晃書記局長、さらには維新・足立康史衆院議員など、野党の論客たちもツイッターで相次いで反応した。公文書改ざんに続く「失態」に、今後追及が強まることは必至で、「財務省おわったな」(足立氏)の声も上がる。
江田氏もツイッターで4日夜、第一報の直後に反応した。ところがその内容は、
“「#森友 大阪地検の女性特捜部長のリークがどんどん出てくる。NHK『何千台分のトラックでゴミを撤去したと言ってほしい』と本省理財局の職員が森友学園に要請と。ネタ元はメールらしい。今のところ、特捜部は『やる気』みたいだが、法務省と財務省の関係からすると、どこまで貫けるか!?頑張れ!」
と、NHK報道のネタ元に、しかも「大阪地検の女性特捜部長」という具体的な名前も挙げて触れたのだ。
森友事件の指揮を執っているとされるのは、「大阪地検の女性特捜部長」山本真千子氏だ。2日発売の「週刊ポスト」では、「異常なほどの執念と覚悟」で捜査に取り組む「官邸が日本で一番『怖い女』」と取り上げられたばかり。"
"「どちらに転んでも江田さんはエラいことに」
朝日新聞の「改ざん」スクープに端を発する一連の報道では、週刊誌などでその「ネタ元」「リーク元」がたびたび論じられ、大阪地検もしばしば名前が挙がる。今回のNHK報道でも、「関係者への取材でわかりました」の直後に「大阪地検特捜部はこうしたやり取りを把握」の一文がある。
しかし、江田氏がNHK外の人間であるとはいえ、「取材源の秘匿」が重視されるこの種のニュースで、現役政治家が、しかも個人にひもづく形でリーク元の「暴露」とも取れる発言をするのは異例だ。発言が単なる憶測なのか、それともなんらかの根拠があるかは不明だが、ツイッターなどでは不用意ではないか、との見方が強い。
“「江田さんのリーク元の件。リーク元が本当ならば情報リークした大阪地検とそれを暴露した江田さんはエラいことになる。リーク元が間違いならば間違った情報流布した江田さんはエラいことになる。どちらに転んでも江田さんはエラいことになるんではないかと」
「ネタ元を明かすのは禁じ手でしょう。情報の扱い方を知らない方が政治家にならないで欲しいです。これを元に地検が動けなくなったらどう責任は取るのでしょうか?」
「マスコミの人たちは『ニュースソースの秘匿』ということに関して、小一時間くらい説教をかましていいと思うよ」
ツイートには5日16時までに560件以上のリプライ(返信)が寄せられているが、左右問わず厳しい声が大多数だ。"





テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. 野党
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2018-03-22 20:39

詐欺師に頼るゴミ野党


立憲民主党など野党6党が3月23日にも籠池と面会するらしい。

面会の目的は、「籠池が昭恵夫人から『いい土地ですから前に進めてください』と言われた」、と改竄前の決裁文書に記載されていたことについて、「安倍総理がこの内容を否定していることから、籠池前理事長に直接確認する必要がある」とのことだ。

「安倍総理の説明は信じられないから詐欺師籠池に真相を語ってもらう」、ということか。アホすぎる。愚劣野党らの面会作戦がいかにろくでもないか、少し考えれば誰にでも分かることだ。相変わらず野党連中の頭はいかれてるな。

まず、籠池がどう証言しようと、野党にはその真正性を確認する術が無い。野党「昭恵夫人は言った?」 籠池「言いました」 野党「証拠は?」 籠池「天地神明に誓って事実!、ワシが証拠や!」、なんて問答になるのは火を見るより明らかだ。

「証拠は無いけど信じてくれ」と詐欺師に言われ、野党はどうするつもりか。だいたい察しはつく。検証は安倍総理に丸投げするのだ。籠池の証言と安倍総理の説明が食い違い、食い違う理由は安倍総理に説明と検証を求めるに違いない。

で、安倍総理は「言ったか?」と聞かれても「言ってない」としか説明できない。無の証明はできないからだ。そして、野党側は予定通り納得せず、「説明責任が果たされていない」、「疑惑はますます深まった」、「昭恵夫人を証人喚問せよ」と喚くのだ。

本来、疑惑は「ある」と主張する野党側に証拠の提示責任がある。それを徹底的に怠り、悪魔の証明作戦に走るから、森友問題はいつまで経っても進まない。問題を長引かせ、国民の政権に対する心証を悪化させたい狙いもあるのだろう。

それにしても、国家の未来を詐欺師に左右させるとはな。つくづく恥知らずな連中だこと(嘲)。



朝日:野党6党、籠池泰典被告と接見へ 23日にも
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000015-asahi-pol
" 財務省の決裁文書改ざん問題で、大阪地裁は22日までに、立憲民主党など野党6党が申請していた森友学園前理事長の籠池泰典被告=詐欺などの罪で起訴勾留中=への接見を認めた。野党6党は23日にも面会する方向で調整している。
 籠池前理事長は昨年7月31日の逮捕以降、弁護人以外との面会ができない接見禁止が続くなか、政府側は「詐欺を働く人物」(安倍晋三首相)などと籠池前理事長の証言を否定してきた。
 野党側は、改ざん前の決裁文書に記載されていた、首相の妻昭恵氏から「いい土地ですから、前に進めてください」と言われたという前理事長の発言に注目。首相がこの内容を否定していることから、前理事長に確認する必要があるとして接見申請していた。(南彰)"





テーマ:立憲民主党
ジャンル:政治・経済

  1. 野党
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2018-03-06 20:58

森友問題での野党や報道のデタラメにはうんざり


一々指摘するのが面倒になる。「公文書書き換え疑惑」で息を吹き返した森友問題を巡り、反アベ野党やメディアはデタラメのオンパレードだ。お前らいい加減にしろ。

・野党議員による財務局立入捜査

3月5日、「公文書書き換え疑惑」について、野党6党が国会に富山一成理財局次長を呼び出しヒアリングを行った。富山は「明日(6日)に調査結果報告を出す」と言っているのに、バカ野党連中は「今日出せ、今出せ、すぐ出せ」とやっていた。

書き換え問題の発生は昨日の今日で、そんなすぐに報告できるはずはなく、それでも明日(3月6日)という恐るべき早さで報告すると述べているのに、それでも納得せず、ひたすら糾弾する野党はマジキチクレーマーにしか見えない。

同日、福島瑞穂ら4野党の面々が近畿財務局に乗り込み、数時間居座って「書き換え文書」を「調査」した。原本は検察が押収中なのに、ミズポらは「原本は無いの一点張りで話にならない!」「(消えた年金ならぬ)消えた原本!」などとメディアを前にはしゃいでいた。

実に醜悪なパフォーマンスだ。そもそも、国会議員が官庁に立入捜査まがいのことをして許されるのか。彼らにその様な捜査権限は無い。出来ることは、資料提出の要請、参考人招致、証人喚問などで、検察・警察的な捜査権は無いはずだ。

資料提出の要請に出向いただけ、という説明は可能だろうが、やっていることはガサ入れも同然で、ほとんど屁理屈としか思えない。どう考えても越権行為だ。

・公文書改ざんでの処分

反アベ野党連中は、「文書改ざんが事実なら内閣総辞職すべき」と息巻いている。おかしいだろ。処罰されて然るべきだが、内閣総辞職では重すぎて釣り合わない。せいぜい、関わった財務局の職員に何らかの懲戒処分を下して終了する事案だ。

2010年、東北厚生局が公文書258カ所を改ざんする事件が発生した。バレて批判された後、責任から逃れようとさらに改ざんして、それもバレた。けっこう大きく報道されていたので、覚えている人も多いのではないか。

当時は民主党政権で、総理大臣は菅直人、官房長官は枝野幸男、官房副長官は福山哲郎、厚生労働大臣は長妻昭だった。現在、こいつらはみんな立憲民主党だ。「立憲民主党は菅内閣そのもの」と揶揄される所以である。

で、東北厚生局の公文書改ざん問題で、誰がどんな処分をうけたか。東北厚生局の担当職員数人が減給処分を受けただけだった。担当大臣の長妻は、「再発防止を徹底したい」と述べただけで何のお咎めも無し。まあ、そんなもんでしょ。

それなのに、どうして森友問題では「内閣総辞職せよ!」になるのか。枝野など、「公文書を改竄、とんでもない疑惑。国家や社会がぶっ壊れる」、などと精一杯大袈裟にドヤ顔して勝ち誇っていた。マジ頭おかしいで、あいつら。

・財務省の性格

反アベ野党やメディアらの様子を見るに、公文書の書き換えは「官邸の指示で財務局が改ざんした」、あるいは「官邸に忖度して改ざんした」、つまり「安倍総理が原因で改ざん事件が起きた」、というストーリーに持ち込みたいらしい。

アホかと。お前ら、いつから財務省が官邸の忠実な下僕に成り下がったと勘違いしている?。思い出してみ?、プライドが高く、権力も強く、官邸の言いなりには出来ない、総理大臣にすら楯突く最強の官庁、それが財務省だろう?。

しかも、もともと財務省は安倍総理と仲が悪い。消費税で対立しているからだ。直ちに増税したい財務省と、景気回復するまで延期したい安倍総理の対立は周知の事実だ。

安倍総理と不仲で、保身体質の強い人種の頂点とも言うべき財務省職員が、我が身を犠牲にしてまでホイホイ忖度したり悪事に手を染めるか?。著しく論拠を欠いた不合理な発想で、何の疑いもなく「そうに違いない!」と盲信する反アベ連中の知能を疑う。

普通、「書き換え」が事実だとしても、それは財務局が財務局のために改ざんした、と推察するのが自然だろう。安倍総理に関連づけるなど無理筋にもほどがある。


ああ愚劣。ほんと、とことん愚劣としか言い様がない。いったい、いつまでこんなデタラメな国会や報道を続けるのか。心底ウンザリだ。

余談。反アベ4野党連中は、調子こいて偉そうに財務官僚を吊し上げてるけど、お前ら財務官僚からすっごい軽蔑されてるし、内心で小馬鹿にされてるからな?。自分はそう思われても仕方ない人間のクズだってこと、ちゃんと自覚しとけよ?(嘲)。




毎日:森友の決裁文書「原本は検察に提出」
https://mainichi.jp/articles/20180306/k00/00m/040/101000c
" 森友学園との国有地取引に関する財務省の決裁文書が書き換えられたとされる疑惑で、同省の富山一成理財局次長は5日、国会内で開かれた野党6党の合同ヒアリングで、決裁文書の原本は既に大阪地検に提出していることを認めた。文書を作成した近畿財務局(大阪市)も同日、野党議員らに対し、同局が保管しているのは昨年7月までに原本をコピーしたものだとした。
 富山次長によると、地検に提出したのは近畿財務局が2015~16年、学園への国有地貸し付けや売却を決議した際の決裁文書の原本。提出時期は、朝日新聞が今月2日に書き換え疑惑を報じる前だという。原本が書き換えられたものかどうかは回答しなかった。
 一方、野党議員らは5日に近畿財務局を訪問。同局側は文書のコピーを議員らに配り、「昨年7月までに財務局内でコピーした」と説明した。昨年5月、国会に提出したものと同じとみられ、希望の党の今井雅人氏は「精査して徹底追及したい」と話した。【岡村崇、宮嶋梓帆、杉本修作】"





テーマ:立憲民主党
ジャンル:政治・経済

  1. 野党
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2018-03-02 20:46

野党の追及は公開リンチ?、そのとおりでしょ


3月1日、牧原秀樹厚生労働副大臣が、自民党作業部会で裁量労働制のデータ不備に関する野党の追及を「公開リンチの様」と表現し、部会終了後、記者団に「非常に不適切な表現を用いたことについては撤回し、おわび申し上げる」と謝罪したそうだ。

牧原副大臣によれば、「全面テレビ公開で公開リンチのようにやる。ずっと続けているので、担当職員は心身とも故障してしまうような状況がある」とのこと。そうだろうな、と思う。なぜならば、野党の追及はまさしく公開リンチそのものだからだ。

立憲民主党、希望、自由など民主党の流れをくむパヨク野党、それに共産党(民主党一族よりはやや上品)。こいつらの「質問」は、ほとんどゴロツキの恫喝に等しい。抵抗してこないと分かっている一般人をサンドバッグにする真性のクズ共である。

チン福山とかデマノイとか小川とか小西とかとかとかとか、どういつもこいつもお下劣なチンピラも同然だ。大袈裟でも何でも無く、国会中継を確認すれば誰の目にも明らかだ。連中の暴言に比べたら、維新・足立の「アホ」発言なんて問題ですらない。

裁量制に関するデータ問題は、あんなものは明らかに単純な入力ミスだ。また、パヨク野党やメディアは、やれ100件だのさらに50件だのと、さも「データのほとんどがデタラメ」かのように煽っているが、データ総数は11,000件以上あり、ミスは1%レベルの話だ。

統計学上、1%のミスは誤差の範囲で結論に影響しない。不完全なデータが混じることは当然の前提で、100%正確な集計と99%正確な集計なら、両者の価値にさしたる差は無い。98%でも97%でも同じこと、そのための統計である。

「ミス」とやらもしょうもないのばっか。「1日の労働時間が24時間を超えている」なんて、ただの入力ミスか、時間と分の欄を間違えただけだろう。「日ごとの残業がゼロなのに合計には残業がある」のは、調査先が合計時間しか教えなかったのだ。

こういうレベルの「ミス」をかき集め、「データ捏造が何と200件も!」、「忖度して捏造した!」、「捏造!」、「捏造!」、「捏造」と騒ぎ立て、さらには「誰の指示か?」、「捏造の責任者は誰か?」、「官邸に忖度したと言えやコラ!」とやる。

議論は冷静かつ是々非々であるべきだが、立憲民主党の枝野いわく、野党たるもの感情的かつ非々非々で糾弾せねばならないらしい。少しでも是を混ぜれば、それは与党の補完勢力であり非良心的野党だと。これがゴロツキでなくて何だ(嘲)。

統計の何たるかも知らず、捏造と決めつけ、青筋立てて自白を強要し絶叫し続けるパヨク野党。それに一切の反論や(野党の意に沿わない)説明を許されず、ひたすら延々とフルボッコにされる官僚たち。そりゃ心身共にやられちまうだろうさ。

牧原副大臣は堂々と顔を上げよ。「部下が公開リンチを受けている」と正しく認識し、改善させたいと考えること、それは組織の幹部としても人間としてもまったく正しい。反省して詫びるべきは、公開リンチに勤しむ厚顔無恥な野党連中なのだ。



東京:「野党の追及 公開リンチ」 厚労副大臣 発言後に謝罪
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201803/CK2018030202000153.html
" 牧原秀樹厚生労働副大臣は一日の自民党厚労部会で、裁量労働制の不適切データ問題に関する野党の追及を「公開リンチのようだ」と表現した。部会終了後、牧原氏は、厚労省で記者団に「非常に不適切な表現を用いたことについては撤回し、おわび申し上げる」と謝罪した。
 牧原氏は部会で、データ問題に関する野党の追及姿勢について「全面テレビ公開で公開リンチのようにやる。ずっと続けているので、担当職員は心身とも故障してしまうような状況がある」と述べた。立憲民主党などが合同で実施している厚労省職員へのヒアリングが念頭にあったとみられる。
 さらに、野党議員による資料や情報の要求についても「一部の人が大騒ぎをして大変なことになるので、ほぼ(自宅に)帰っていない職員もいる。ここを変えないと、これからもこうしたミスが起きてしまう」と指摘した。(中根政人)"





テーマ:立憲民主党
ジャンル:政治・経済

  1. 野党
  2. TB(0)
  3. CM(2)