2016-06-20 20:55

舛添問題の本質は政治資金規正法


舛添が辞職した。ザマミロだ。昔から書いているが、no-risuは舛添が大嫌いである。セコく卑しい人間性が世間に周知され、人々の怒りがだぎる最中に追い出される形で辞職したことは、舛添を再起不能にする最高のタイミングだった。大変結構。

「東京五輪中の選挙になる」、「イジメだ」等と後出しでご高説垂れる恥ずかしい有識者様がポコポコ湧いているが、アホかと思う。税金を私物化したクズに、私物化された有権者が怒って、それのどこがイジメか。被害者と加害者をすり替えるな。

また、東京五輪中の選挙がそこまで深刻な問題ならば、次の都知事の任期を短縮すれば良いだけの話だ。民進党にいたっては、舛添より自民党バッシングに熱心な有様。百条委員会の設置に反対しておきながらよく言うわ。

だいたい、民主党が前回都知事選で支援した細川は、佐川急便など政治と金の問題でフルボッコにされて、舛添の1/3(約8ヶ月)しか耐えられず総理を辞めた人間ではないか。心底クズだな。

で、これでメデタシメデタシとするわけにはいかない。

メディアを見ていると、最大の関心事項は後任候補に移ったようだ。舛添問題の追及不足も聞かれるが、辞職されたことで若干の諦め気配が漂う。でも、そうじゃないでしょ。確かにそれらも大事な話だけど、舛添問題はもっと本質に目を向けるべきだ。

東京都議会は舛添を追放したが、その都議らは清廉潔白なのだろうか。そう信じる有権者は一人も居ないだろう。厳しい第三者が精査すれば、おそらくほとんど全員から何かしらの「不適切だが違法ではない使途」が見つかるに違いない。

そして、東京都議だけでなく、全国の地方議員及び国会議員らも、同様にいかがわしい金遣いをしているに決まっている。違法ではないのだから、好き勝手使うためのザル法(政治資金規正法)なのだから、まともな使途であるはずがない。

舛添問題の本質は政治資金規正法だ。東京都知事が辞職するほど「不適切」なのに「違法にならない」なんて、こんな馬鹿な話があるか。政党交付金における使途の厳格化と監査の強化、これこそが問題解決の本丸である。

ザル法のまま放置したければ、税金を原資とした政党交付金は直ちに廃止するべきだ。そもそも、政党交付金は献金禁止の代わりとして導入された。ところが、実際には献金を温存したまま政党交付金も受け取っている(共産党除く)。

ただ、やはりまずは政治資金規正法の改正だ。ザル法の放置は弊害が大きすぎる。参院選も近いことだし、マスコミは政治資金規正法について各党に厳しく見解を求めてはいかがか。甘利や山尾の問題も残っているし、聞かない手は無いだろう?。

余談。

舛添辞職のせいで、都知事選に46億円かかるらしい。ちと高過ぎるのではないか。突然だから割り増し特急料金になるのも分かるが、例えば橋下市長の大阪市長選は6億3千万円だった。人口当たりコストは大阪の1.5倍かかる計算になる。

単純比較できない理由はあるのだろうけど、それは何だ?。知事選のコストも、一度「厳しい第三者の目で精査」してはどうだろう。まあ、今回はさすがに間に合わないだろうけど。




珍しく意見が一致した琉球新報:<社説>舛添都知事辞職 真相究明、ザル法改正を
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-298722.html
" 舛添要一東京都知事が辞職した。甚だしい公私混同に関する釈明はどれも苦しく、信頼回復はもはや不可能だった。辞職は当然だ。
 だがこれで幕引きにしてはならない。金の使途はあいまいなままである。真相を徹底究明すべきだ。
 家族と泊まったホテルで面談した相手は明らかになっていない。本当に誰かと面会したのか。架空の話なら虚偽記載となり、政治資金規正法違反が疑われる。他の飲食費も同様だ。うやむやにしてはならない。
 舛添氏に調査を依頼された弁護士は違法性なしと結論づけた。だが彼らは舛添氏から依頼されたのであり、「第三者」ではあり得ない。真の第三者に都議会が委嘱し、使途をきちんと解明して、必要なら刑事訴追すべきである。
 再調査でも違法性がないと判断されるかもしれない。それならそれで、ザル法を改正すべきだ。
 政治資金規正法では虚偽記載や不記載は違法だが、支出の中身についてはほとんど制限がない。だから違法性がないという理屈である。しかし高級美術品を買い、家族旅行の宿泊や飲食を賄って、全て「政治資金だ」と言われても、納得できる有権者はいるまい。
 ザル法は政治資金規正法だけではない。甘利明衆院議員もおとがめなしだ。現職の大臣とその秘書が道路整備の補償交渉に口利きし、国の所管する都市再生機構に「もっと色を付けて」と求め、600万円を受け取ったのに、である。道路整備は経済再生担当相の所管ではないから、あっせん利得処罰法違反の構成要件には当たらないという理屈なのだ。
 これでは民主国家とは言えない。これほどの欠陥法を放置するなら国会の自浄能力が疑われる。
 舛添氏は公私混同、放漫支出を厳しく指弾されたが、問題は2代前の石原慎太郎氏も同様だった。
 石原氏も15回の海外出張で2億4千万円かけたと指摘された。ガラパゴス諸島で高級宿泊船航海をしたこともある。同氏肝いりの美術館事業では自身の四男延啓氏を外部役員に登用し、公費で欧州に出張させた。他の都立文化施設の予算は削る一方、この事業の予算は増え続けた。
 議会で公私混同を指摘されても、石原氏は「余人に代え難い」と主張した。こうした在り方を追及し切れず、許したからこそ、現在の問題があるのではないか。都議会の検証能力も問うべきだろう。

"




スポンサーサイト

テーマ:地方自治
ジャンル:政治・経済

  1. 舛添要一
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2016-05-20 20:58

すっかり嫌われた舛添に学ぼう


政治と金の問題を起こす政治家は数え切れないが、舛添要一都知事ほど露骨に批判一色で大騒ぎされた人物は記憶に無い。猪瀬前知事や甘利大臣や山尾政調会長らの事例と比較しても、舛添都知事に対する批判の声は突出している。

ネットの批判を見ていて思った。「ああ、嫌われているのだな」、と。

上では批判と書いたが、そのほとんどは悪口だ。批判や説教と悪口は違う。似て非なるものだ。「叱られているうちが花」、と言う。批判や説教には、少なからず相手に対する信用や期待や愛が含まれている。悪口にはそれがない。

舛添批判の内容はほとんど悪口の類いだ。嫌悪感が滲み出ている。東京都民はじめ全国の有権者から完全に見放されている。もはや期待も信用も無く、もちろん愛情など欠片も無く、誰も舛添都政の継続と将来を望んでいない様だ。

もちろん身から出た錆である。舛添都知事が繰り返してきた公金の私物化、明らかに虚偽まみれの人を小馬鹿にした言い逃れ、その前段にあった豪華海外出張及び公用車による湯河原別荘通いとそれに関する傲慢極まりない弁明。

「真摯」と「精査」を連呼したくせに、甚だ不誠実な態度に終始して、ネットオークション美術品購入では「アカウント削除」という最悪の逃亡を図り(削除しても無駄だが)、加えてあの齧歯類妖怪的な容姿も不評だから、まあ嫌われるのは当然だ。

舛添本人は自覚していないらしいが、彼は都知事になる前から相当嫌われていた。最近になって注目されただけで、公金私物化は昔から知られていたし、金にセコいことや女癖の悪さも有名な話だ。子を産ませた愛人だけで二人いる。

政治家としても酷い男で、自民党が下野した一番苦しいときに、舛添は沈没船のネズミのごとく、いの一番に逃げ出した。no-risuが舛添を軽蔑する決定打になった。

その後、愚かにも自民党は都知事選で舛添を支援した。過去の裏切りを水に流したわけでは無いが、他にろくな候補がおらず党利党略で支援した。その自民党はまだ舛添の扱いを決めかねている様子だが、即刻切り捨てろと言いたい。

しかし、ここまで徹底的に嫌われるのは、なかなか容易なことではない。真似しようとして真似られるものでもない(人として)。これはもう、ある種の才能ではないか(笑)。

才能には何かしら学ぶことがある。悪い才能だったとしても、反面教師にして「ああなってはいけない」と学習出来る。舛添も例外では無い。舛添で政治について議論したくはないが、「何故これほど嫌われたか」なら議論する価値がある。

舛添の様な大人にならないよう、親や教師は子供に教え、メディアは社会に警鐘を鳴らし、政治家は自らを厳しく律するべきである。人間、あそこまで嫌われちゃお終いよ。

追記。本日20日の舛添会見、ありゃ酷かったですね。歴史に名を遺すレベルでした。いやはや、本格的に舛添の命運も終焉に向かいそうです。まあ、自業自得ですね。





テーマ:地方自治
ジャンル:政治・経済

  1. 舛添要一
  2. TB(0)
  3. CM(5)

2016-03-25 21:13

舛添の海外視察費用は高すぎる


舛添都知事のロンドン・パリ視察(5泊6日)について、「旅費(5000万円!)が高額過ぎる」と批判を受けて、都は急きょ公式webで内訳を公表した。舛添・都は疑念払拭したくて公表したのだろうが、no-risuが見たところ、疑念はますます深まった。

まず、公表された内訳から、問題のありそうな費目を以下に羅列し理由を示す。



東京都:出張者及び経費の詳細について(パリ市・ロンド出張)
http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/KAIGAI/SHOUSAI/DATA/151027.pdf

kaigaisisatukeihi.png


(1)出張者 (20名)
<全行程14名、パリのみ3名、ロンドンのみ3名>
知事、政務担当特別秘書、外務長
政策企画局 13名(外務部 8名、秘書・報 道海外広担当 5名)
生活文化局 1名 、オリンピック・パラ準備局 2名 、環境局 1名


・宿泊料:922万円
 知事=スイート(1泊20万円)


「東京都知事等の給料等に関する条例」に、都知事の宿泊費上限は1泊4万円と定められている。スイート三昧など言語道断であろう。さらに、舛添以外の同行者の旅費も不適切だ。総宿泊費から舛添分を引くと、残りは822万円になる。

同行者19人の述べ宿泊数は、16人(3人は一都市しか同行してない)×5泊=80泊。822万円÷80泊≒10万円。したがって、同行者の宿泊費は一人一泊10万円なのだ。旅費条例・規程を無視した豪遊と断罪されて然るべきである。

参考:東京都知事等の給料等に関する条例(別表)
http://www.reiki.metro.tokyo.jp/reiki_honbun/g1010383001.html#b2

・日当等:123万円
 知事含め20人分(85日分)


知事の日当上限は1日1万3千円なので、日当だけなら明らかに貰いすぎ。ただ、日当「等」となっているので、他の経費が含まれている可能性大。税金で海外旅行して、日当まで貰うのはどうなのよ?と思うが、法的には問題無しか。

・車両借上げ:624万円
 パリ・ロンドン 各1~4台/日


明らかに高過ぎる。借り上げた車の車種及び、パリ・ロンドン市からの協力の有無について説明・公表するべき。

・現地案内人:532万円
 パリ・ロンドン 各1~4名/日


これも高額だ。6日間の延べ現地ガイド人数は9人~21人になる。金額換算すると、現地ガイド一人の料金は59万~21万円だ。異常に高過ぎる。そもそも、どうしてガイドなど必要なのか。視察内容とルートを見る限り、全く必要性を感じない。

・通訳雇上げ:122万円
 パリ・ロンドン 各1名


パリやロンドンの通訳は高いのか?。延べ雇用日数は6日、1日20万円の通訳。日本の通訳の日当は、年収1000万円を超すトップクラスで5万~10万円が相場だ。それの倍以上とか、いったいどんな通訳を雇ったのか説明するべきだ。

・ラグビーW杯チケット:127万円

完全に遊び。都民に土下座して詫びるべき。


さて、上記問題点だけでも十分に腹立たしいが、視察(笑)の成果など無いに等しいくせに、舛添が自画自賛する様は醜悪極まりない。韓国学校問題含め、外相気取りの舛添について、マスコミ及び都議、そして都民はもっと怒るべし。

(参考)パリ市・ロンドン市出張の概要・成果(笑)
http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/KAIGAI/SHOUSAI/151027k.htm









テーマ:地方自治
ジャンル:政治・経済

  1. 舛添要一
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2014-12-02 21:37

小笠原視察中止、都民を愚弄した舛添


舛添都知事は1日、中国漁船の珊瑚密漁に係る小笠原視察を中止した。視察の発表は先月25日、200隻いた中国漁船が8隻にまで減少しており、このブログでは「今頃遅いんじゃボケ!」と批判し、「12月1日には密漁漁船がゼロになる可能性」も指摘した。

迎えた12月1日、本当に中国密漁船はゼロになった。舛添は父島の展望台から現場海域を視察する予定だが、遅すぎた視察のせいで見るべき密漁船は居なくなってしまった。これじゃ単なる観光旅行だ。舛添の吊し上げ待った無しである。

ところが、当日になって舛添は「視察中止」を発表した。中止の理由は、「密漁船がいなくなり視察の意味を失ったから」、ではなく!、「自衛隊機の機材故障のため」と言うから驚きだ。なお、故障した機材が何なのかは説明されていない。

この中止理由は到底信じられない。小笠原視察では、父島展望台からの現場海域見学と、小笠原村長らとの面会が予定されていた。特別な装備は不要に思えるが、中止させるほど重要な「自衛隊機の機材」など本当に存在するのだろうか。

そんな機材が存在するわけあるか(笑)。ウソウソ、ウソに決まっている。こんな見え透いたウソで誤魔化せると考えるあたり、いかに舛添が都民を見下しているのか分かると言うものだ。

要は怖じ気づいたのである。

ただでさえ視察日程が遅く、村長らとの面会では相当厳しい苦言が予想されていた。舛添は平謝りするしかなく、自らが招いた結果とは言え、舛添の気持ちはどんより重かったに違いない。そこにきて中国密漁船の完全撤退だ。

視察にはマスコミも随行し、父島展望台から現場視察する様子もテレビや新聞で報道されただろう。「密漁船が去った穏やかで美しい小笠原の海を眺める舛添都知事の図」、といったシュールで空しい絵面に、国民は激怒したに違いない。

まあ、舛添も何もしてこなかったわけではない。都市外交で中国に行き、「ガツンと言ってきてやったぜ!」と自己申告しているし、関係者を集めた会合は2回目が終わっている。ちなみに、会合の目的は「連絡体制の強化」だ。アホか。

連絡体制の強化とか、「対策してますよアピール」が目的としか思えない。「機材故障」のウソと同じ、小笠原を小馬鹿にした目くらましだ。「対策会議でも開きゃ納得するだろ、低学歴漁民なんてチョロいぜ!」、等と考えているのだ。

やはり舛添はダメだ。奴の国民軽視を見ていると、国民目線を唱える民主党が上等に思えてくるから困る。前回の都知事選は消去法で舛添しかないと思ったが、こんな人間なら宇都宮の方がまだマシだったかもしれない。




産経:舛添知事、小笠原諸島視察を中止 自衛隊機の機材故障で
http://www.sankei.com/affairs/news/141201/afr1412010005-n1.html
 東京都の舛添要一知事は11月30日、中国漁船によるとみられる小笠原諸島(東京都小笠原村)の周辺海域でのアカサンゴ密漁問題で、1日に予定していた父島の視察を、自衛隊機の機材故障のため中止すると明らかにした。
 舛添知事は11月21日の記者会見で「領海侵犯と違法操業は由々しき事態」とし、父島の展望台から現場海域を見学し、小笠原村長らと面会する予定だった。






テーマ:地方自治
ジャンル:政治・経済

  1. 舛添要一
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2014-11-25 21:24

政治家の現地視察はタイミングが難しい

大規模な自然災害や事故が起きたとき、議員や首長は現地視察に赴く。実際の被害を自らの目で確認することには意味があるものの、「どのタイミングで行くか」が難しい。早過ぎても遅すぎても、行っても行かなくても、必ず誰かに批判されるからだ。

早ければ、現場が混乱するだの指揮官は対策本部で指示を出せだのと批判される。遅ければ、住民軽視だの責任感の欠如だのと批判される。視察しなければ、当日の行動を調べ上げられ、ちょっと美味い物でも食っていれば吊し上げだ。

もう、こんなくだらない政治家批判は止めにしませんか?。いつ視察に行くかなんて、そんなに重要なことじゃないでしょう。視察批判したところで何かが良くなるとは思えず、単なるポピュリズムじゃありませんか?。批判しても心が荒むだけです。

政治を見る国民の劣化には辟易します。皆様におかれましては、もっと建設的かつ政治の本質に迫る厳しい目で政治を見て意見していただきたい。少なくとも、自分はそういう人間でありたいと思う。

さて、前置きが長くなりましたが、今回の本題に入ります。

報道によると、小笠原諸島や伊豆諸島周辺海域で宝石珊瑚を密漁する中国漁船団について、東京都の舛添知事が現地視察するそうです。予定日は12月1日とのこと。

THE PAGE:サンゴ密漁、舛添都知事が小笠原を視察へ
http://news.livedoor.com/article/detail/9498191/
 東京都は、小笠原諸島や伊豆諸島周辺海域で中国船とみられる船団によるサンゴの密漁が相次いでいることを受け、舛添都知事が12月1日に現地を視察すると発表した。
 訪問するのは、舛添都知事のほか、都議会議長、副議長ら。ウェザーステーション展望台(海域視察)や、東京都水産センターなどを訪れる予定。小笠原支庁で村長、村議会議長、漁協、観光協会等各団体代表等との面会も予定している。




あ?

12月1日?

さすがに遅過ぎるだろ!!!



マジふざけんな舛添のボケカスが。今さら何を視察するつもりだ。200隻いた中国密漁船は、最近になりどんどん数を減らし、現在では8隻しか残っていない。それも12月1日まで残っているかは不明で、視察に行く頃にはもぬけの殻かもしれない。

この問題では、マスコミ各社が漁業者の苦悩を伝えていた。朝日新聞ですら大きく報じた。目の前で漁場を荒らされながら、恐怖を感じながら何も出来ずに見ているしかなかった。そんな漁師の悲痛な叫び、聞こえなかったとは言わせない。

先日、舛添の政治団体が政治資金で「クレヨンしんちゃん」を購入していたことが発覚し、マスコミに問われた舛添は、「お母さん方の陳情対応だった」、「何の問題もない。政治家は国民の生活に関し、あらゆることに対応しなければならない」、と胸を張った。

奥様方の陳情なら、クレヨンしんちゃんの言葉遣いを調べるために政治資金による漫画購入もやぶさかでないくせに、小笠原の漁師らの訴えは放置か。何故このタイミングで?、と聞くのも馬鹿らしい。

わざとか。わざとだな。大好きな中国様に気を遣って、密漁船が居なくなるのを待っていたとしか思えない。小笠原漁民ごとき下賤の者の陳情なんて、グローバルな都市外交やオリンピックを手がける都知事様には耳障りなノイズなのだ。

クズめ。中国の密漁に目を瞑り、都民の悲痛な訴えに耳をふさぎ、「遺憾の意」すら言わない真性のクズめ。舛添の国民をなめた視察は外遊含め徹底的に糾弾すべし。絶対に許さん。




朝日:クレヨンしんちゃん購入「お母さんの陳情対応」 舛添氏
http://www.asahi.com/articles/ASGCP6FQDGCPUTIL06H.html
 舛添要一・東京都知事の政治団体が、参院議員時代の2011~12年に美術品や漫画本を「調査研究費」で買っていたことについて、舛添氏が21日に都庁での定例会見で説明した内容は次の通り。
" ――政治資金で漫画や掛け軸を買ったと一部報道があった。
 何の問題もない。政治家は国民の生活に関し、あらゆることに対応しなければならない。
 例えば有害図書。クレヨンしんちゃんはお母さん方からの陳情で、「(主人公の)言葉遣いが悪くて子どもがまねをするので政治の力でどうにかならないか」ときた。だから買いにいった。(こうした陳情に)対応するため、資料代が設けられている。これは政治活動の正当な範囲だ。"
 私は後藤新平(元東京市長)を研究していて、ほとんど全部の本を読んでいる。東日本大震災(からの復興を)、帝都復興をやった後藤新平のアイデアを借りて、どうするか。新しい資料を求めていく。
 私はバーとかキャバレーとかに行かない。それなら(東京の古書店街の)神田神保町に行ったり、ネットで国民のための資料を一生懸命に見つけたりして、国民のための勉強してやろうと思っている。一切問題はないと明確に申し上げたい。






テーマ:地方自治
ジャンル:政治・経済

  1. 舛添要一
  2. TB(0)
  3. CM(0)