2012-06-01 23:33

マスコミによって創られる「行政の怠慢」にうんざり

社会で何か大きな事件が起きたとき、マスコミや自称有識者らは馬鹿の一つ覚えのように「行政の怠慢」を口にする。例えば、島田米穀らの汚染米事件では農林水産省、焼き肉やえびすの食中毒事件では厚生労働省がやり玉に挙げられた。

 

そして、関越道で乗客7人が死亡した陸援隊の高速ツアーバス事故では、国土交通省が批判を浴びている。「責任を問いたい」、被害者らからすれば当然の感情だろう。しかし、被害者の代弁者を装い、行政を悪役に仕立て、無責任に憎悪を煽るマスコミは万死に値する。

 

上記のケースに行政の瑕疵は無い。いずれも業者のモラルが問われる事件・事故であり、行政に監視や規制強化を求めるなどお門違いも甚だしい。権限や規制を強化しても、事業者は商売をやりにくくなるだけだし、消費者の求める利便性が損なわれるだけだ。

 

 

高速ツアーバス事故は、運転手の居眠りが直接の原因だった。居眠りの要因には、運転手が前日含め常日頃から働き過ぎで、疲れた体で長距離運転に臨んだことが上げられる。陸援隊は多くの法令違反を犯していたが、それと事故は関係無い。

 

国交省を批判する連中は、国が何をすれば事故を防げたと言うのか。「運転の前日はゆっくり休みましょう」「運転中は眠らないようにしましょう」といった規制を法律で義務づけるか?(笑)。アホか。法で禁じられたって眠気は襲ってくるし、仕事前日の行動まで国に関与されてはたまらない。

 

 

走行距離の規制を670kmから500kmに短縮しろとする意見もあるが、数値の根拠は聞いたことが無い。運転する人なら分かるだろうが、500kmだろうと50kmだろうと眠くなるときは眠くなる。「500kmにすれば安全」かの様に語る連中は、何がどう改善されるのか根拠を示せ。

 

確かに距離が短くなれば確率の問題で事故も減るだろうが、規制強化を主張するマスコミや知識人にその様な意図がある思えない。国への責任転嫁が前提となり、批判のための批判をしているようにしか見えず、実際その通りだろう。

 

 

ガードレールの不備を主張する意見もある。しかし、ガードレールを完備するには莫大な費用と時間が掛かる。道路にかかる公共事業を無駄と決めつけ、関係議員を「道路族」と揶揄してきたのは他ならぬマスコミではないか。

 

それに世界各国の道路事情を見たとき、日本ほどガードレールが整備された国は他に無い。いくら凄惨な事故が発生したとしても、その事実は変わらない。一体あとどれだけ整備すれば納得するのか。第一、高速道路の管理は国ではなく公団だろうに。

 

 

うんざりだ。

 

マスコミの偏向報道は、何から何までno-risuの神経を逆なでする。偏向報道は誰も幸せにしないし、むしろ不幸な人間を生み出す。得をするのは報道で金を稼ぐマスゴミと、人の不幸でメシウマする低俗な愚民だけだ。

 

そんなゴミ共のために、何で善良なno-risuが不快な思いをしなけりゃならんのか。

 

 

琉球新報:陸援隊社長逮捕 事故招いたのは行政の怠慢

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-191854-storytopic-11.html
 事故は起こるべくして起きた。発生から1カ月後の現時点で明るみになっている多くの事実を知れば、こう断言せざるを得ない。
 乗客7人が死亡した高速ツアーバス事故のことだ。道路運送法違反(名義貸し)の疑いで社長が逮捕されたバス会社「陸援隊」は事故後、36項目の法令違反が見つかった。他人に営業許可を貸す「名義貸し」を行い、運行指示書を作成せずに運行し、日雇いなどで運転手を短期雇用し、シートベルトの整備不良などの違反行為のまま乗客を乗せ続けていた。社長は指摘された違反のうち約20項目は認識していたと話している。極めて悪質だ。・・・

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

No title

マスゴミの低俗さは日本人の品位をそのまま反映していると思いますよ。規制を厳しくすると文句を言うし、緩くして問題がおきるとまた文句を言う。権利は最大限主張するが義務からは極力逃れたい。焼肉エビスの事件でもサンデーフロントラインでhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25B0%258F%25E5%25AE%25AE%25E6%2582%25A6%25E5%25AD%2590/" class="keyword">小宮悦子がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258E%259A%25E5%258A%25B4%25E7%259C%2581/" class="keyword">厚労省の責任としつこいくらいに喚いてました。肉の生食の危険性なんて食品の衛生管理では最重要事項で、日本中どこにいっても以前から保健所が管内の焼肉店や肉屋に肉の生食の危険性を散々啓発して生食メニューの自粛を指導しているので、飲食店の経営者は肉の生食提供の危険性は必ず知っています。なのに、客の強い要望があるし出さんと客が減る、他の店も出してるし別に禁止されてるわけでもないんやろ、といって店は出し続ける。市民向けの啓発だって広報紙や新聞に食中毒予防の記事をのせて散々やってきて、その中には肉の生食の危険性については必ず書いてます。でもどうせろくに読みもしないしよんでも理解しようともしない。それどころか店で身体の抵抗力の弱い幼児にまで平気で肉の刺身を食わせる。そのくせ事故がおきると出した方は罰則つきの規制がないから悪いと開き直り、望んで食った方は安全なものと思って子供に食べさせたのにこんなことになるなんて、法整備を怠った国を訴えようかと思っただのと悪態をつく。それにマスゴミがとびつく。まったくもってゲスのトリオって感じですよ。あ、ノリスさんはマスゴミに怒ってたんでしたか。つい業者と市民にも怒ってしまいました。
  1. 2012-06-04 17:36
  2. URL
  3. ibohatago #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ibohatagoさん
こんばんは。

品位の劣化はマスコミが先か愚民が先か、コロンブスのタマゴの様なイメージでどちらが先かは判断に迷うところですが、どちらかと言えばマスコミに大きな責任があるように思います。

被害者が何かに責任を求めるのは心情的に仕方の無いことで、その対象に国が含まれるのもある意味必然なのですが、マスコミがそれに迎合して「国が国が」とバッシングするから大事に発展し、定着してしまうんですよね。

もちろん、食中毒を起こした焼肉屋には責任がありますし、非常識と言われても仕方の無いような消費者にもうんざりです。でもまあ、今回はそれはそれ、ということで。

  1. 2012-06-04 20:11
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

子供を失った親の悲しみはもっともですが、生肉の危険性を考えずに子供に食べさせた親をはたして「被害者」と言うのは私にはどうにも受け入れられないのです。もちろん子供は100%被害者であり、提供者である店の経営者も100%加害者ですが。食品衛生法第6条で提供禁止食品が列挙されています。腐敗、変敗したもの、人の健康を損なう恐れのある毒物、病原微生物、異物等を含むおそれのあるものです。生肉の提供で腸管出血性大腸菌やhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B5%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25A2%25E3%2583%258D%25E3%2583%25A9/" class="keyword">サルモネラ、カンピロバクターの食中毒になった場合は6条第3号違反(人の健康をそこなうおそれのある病原微生物を含む)ということで数日間の営業停止処分を受けることになります。しかし、生肉に必ずしもこれらの病原微生物が付着しているとは限りません。さらに食べると必ず発症というわけでもありません。フグの肝のようにほぼ100%http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%258C%259B%25E6%25AF%2592/" class="keyword">猛毒をもち(養殖物は例外ですが)食べれば高率で発症するわけではく、その程度のものでは禁止まではできません。また日本では古来より肉をナマで食べる食文化が根強く、さらに食肉業界は政治的にも強大な力をもっています。規制は政治的にも簡単ではないのです。そのような中で食品衛生監視員は毎年焼肉屋をまわり生肉提供自粛を指導しても一向に減らない肉の生食による食中毒。結局今回のような死亡者が出ないことにはなかなか禁止まではできないんですよね。もちろん食べる人間が自己責任で食べるという姿勢を貫く覚悟があれば禁止する必要もないんですけどね。
  1. 2012-06-04 23:42
  2. URL
  3. ibohatago #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ibohatagoさん
こんばんは。

正論だとは思いますが、厳しいですねぇ。

あくまで私の主観ですが、生肉の危険性はそれほど一般常識として定着していないと思います。

言われる様に日本人は生食を好みますし、外食店が提供していれば「安全」と認識する人が多数いても責められないような気がします。食品衛生法第6条なんて、誰も知りませんよ。

無知はそれだけで害悪ですが、それは身をもって思い知ったはずで、食べること自体に他人が強く批判するのは抵抗を感じます。

ただ、その結果を国等第3者に転嫁して喚くなら話は別で、その場合は「己の無知を棚に上げて何を言うか!」と批判したいと思います。

消費者は人のせいにしない教養とモラル、提供側は安全管理の徹底、それだけの話だと思うんですよね。

  1. 2012-06-05 22:04
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

同感ですよ。
自分の無知を行政のせいにするのが気にくわないんです。日本は無知な人間、自称弱者が威張ってる国なんですよね。
  1. 2012-06-07 00:13
  2. URL
  3. ibohatago #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ibohatagoさん
こんばんは。

>自分の無知を行政のせいにするのが気にくわないんです。

私もです。

それを助長するマスコミは断罪するべきです。また、やたらと「人権」だの「権利」だのと弱者ばかりを擁護する売国サヨク団体も駆除するべきですね。

  1. 2012-06-07 20:51
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する