2012-07-04 20:28

死刑存廃と抑止力は無関係

7月3日、世界から死刑廃止を目指す国際会議が国連本部で開かれた。日本から参加したNPO法人「監獄人権センター」事務局長の田鎖麻衣子(弁護士)は、「日本は殺人率が世界で最低レベルなのに、死刑を執行している」と日本を批判したそうだ。

 

産経:「殺すことやめるべきだ」 冤罪の米男性、冤罪死刑の危険訴え 国連、より抜粋

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120704/erp12070413030006-n1.htm

 

犯罪者の救済に人生欠けたキチガイだけあって、弁護士のくせに言っていることが非論理的だ。殺人率と死刑の法制度、一体なんの関係があるというのか。殺人件数が増えたら死刑を容認すると言っているようなものだが、容認する気など無いくせによく言う(笑)。

 

この手の似非人権派は、「死刑を無くしても殺人件数は増えない」「死刑は抑止力にならない」と死刑廃止の理由を語る。馬鹿では無いのか。死刑による抑止力なんて、一々調べるまでも無く「有る」に決まっている。死を恐れるのは動物の本能だ。

 

死刑が有ろうと無かろうと殺す奴もいるだろうが、自分が死にたくないから思いとどまる人もいるはずだ。少なくとも、死刑廃止で抑止力が強化されることはあり得ない。逆に、「どうせ死刑にならない」と虐殺にはしるケースは容易に推察できる。

 

実際、未成年のDQNは青少年保護を逆手に取り、罰せられないことを知って犯罪を楽しむケースが後を絶たない。自分の国では死刑になるからと、日本に来て犯罪を犯す中国人もいる。死刑を廃止すれば、似たような思考で殺人に手を染める人間が必ず出てくるはずだ。

 

 

そもそも、抑止力云々は刑罰の本質と関係無い。盗ったモノは返し、犯した罪は償なわねばならない。当然、他人や社会に与えた迷惑を加味し、制裁を上乗せして償わせねばならない。他人の命を奪ったら、自分の命で償う以外ないじゃないか。

 

本当なら利子をつけて返済させるべきなのに、日本の司法は一人までなら返済すら求めない。犯罪者は「二人殺したら死刑」の悪しき慣習で守られ、被害者及び遺族は泣き寝入りを強いられている。これを疑問に思わない人間には、もう何を言っても無駄だ。

 

田鎖の様に他人の心の痛みを理解出来ない死刑反対論者は、家族や親友が惨殺されるまで死刑の重要性を理解しない。何人か惨殺されれば、二度と「抑止力」なんて言葉は出てこなくなる。試しに、死刑廃止論者の仲間あたりが殺されてみれば良いのだ。

 

死刑廃止論者が何人殺されようと、no-risuの心は微塵も痛まない。いつかそんな事件が発生したら、犯人の人権を尊重し死刑回避を願う、そんな友愛溢れるエントリーを書いてみたいものだ。

 

 

余談だが、監獄人権センターHPを覗いてみたら、田鎖事務局長のメッセージが掲載されていた。

 

田鎖事務局長のメッセージ

http://www.cpr.jca.apc.org/about/message

 

田鎖事務局長によれば、私達が社会で暮らせるのは「恵まれた環境や、周りの人たちの支えのおかげ」で、犯罪は「ほんのちょっとした周囲の支えや理解がなかったり、不運な出来事が重なったりした結果」なのだそうだ。

 

おそらく田鎖事務局長は、殺人犯に対して「あなたも辛かったんだよね」「助けてあげられなくてゴメンね」などと語りかけるクチだろう。反吐が出る。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

No title

こんばんは
 
むしろ死刑があるほうが犯罪抑止力があるって結果が出てたはず
 
しかし本当に被害者軽視の連中だわなぁ
この馬鹿共が被害者(もしくは親類が被害者)になった時
どんな顔するか大変楽しみだわ
  1. 2012-07-04 21:41
  2. URL
  3. 黄昏の森 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 黄昏の森さん
こんばんは
 
>むしろ死刑があるほうが犯罪抑止力があるって結果が出てたはず

それが、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25A8%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2583%2591/" class="keyword">ヨーロッパ諸国の例を見ると、必ずしもそうではない国もあるんですよね。ただ、死刑以外の政策を加味していないので、そのまま信用するわけにはいきませんけど。

>この馬鹿共が被害者(もしくは親類が被害者)になった時
>どんな顔するか大変楽しみ

以前にも書いたような気がしますが、小野ヨーコは旦那が暗殺されて死刑賛成に鞍替えしたそうです。どんな気持ちだったか聞いてみたいですね。

  1. 2012-07-04 21:49
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

ある刑法の教科書にこう書いてあったことを思い出しました。

すべてを理解することはすべてを許すことである。
とするならば、それを死刑に限定することはおかしいであろう。
しかしそれを認めることは刑法の自殺にほかならない。

このような世界の行き着く先は犯罪者の天国でありましょう。

死刑が問題があるとすればその事実認定が困難なときのみでしょう。
現行犯にそれを認める必要などはないでしょう。

刑事政策の世界では一事もてはやされた教育刑などは不可能であるということが承認されてます。とすれば昔ながらの応報刑と考えるしかありません。このような基地外弁護士は刑法の根幹目的たる社会防衛という点をどう考えてるんでしょうか。

やはり左巻きなのでしょうか。革命が成功したら社会防衛の観点から死刑復活でしょうか。
  1. 2012-07-05 01:34
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちは。

>盗ったhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25A2%25E3%2583%258E/" class="keyword">モノは返し、犯した罪は償なわねばならない。

その通りです。
例えば死刑判決を受けた犯罪者でも、真摯に反省し市井の一般人よりも良い人格となった人間もいるのかもしれません。
しかし、犯した罪は罪、その事実が覆る事はないのですから、死刑判決を受けたのならば死を持って償わなければなりません。

勿論、免罪は防がなければなりませんが、それと死刑制度廃止とは別次元の話であり、結びつける事はできません。
免罪と云う切り口で考えるのならば、死刑だけでなく全ての罰則を廃止する必要があるのではと思いますよ。

まあ、キチhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AC%25E3%2582%25A4/" class="keyword">ガイ達には何を言っても無駄ですけどね。
彼等は、経験する以外に学習する事は出来ないでしょうね。
  1. 2012-07-05 14:53
  2. URL
  3. rikipep #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
こんばんは。

刑法の教科書なんて読んだことはありませんが、そんなことが書いてあるんですねぇ。刑法の自殺、上手いこと言うものです。貿易の自殺、文明の自殺、政治の自殺、色々な場面でも使えそうです。

教育刑(笑)。

ありましたね、そんなのも。どう考えても刑罰ではなくサービスもしくは洗脳で、まともに運用できるとは思えません。

冤罪には細心の配慮をして、応報刑でいいと思いますよ。一番自然です。仰るとおり、現行犯の死刑まで反対するのは理解不能ですね。

  1. 2012-07-05 19:35
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To rikipepさん
こんばんは。

死刑でしか償えない、そんな凶悪犯罪もあるんですよね。「生きて償う」なんて、被害者感情を無視した部外者の妄想に過ぎません。

日本のヌルイ死刑制度ですら死刑を宣告されたなら、もう一刻も早く処刑するべきだと思います。

>免罪と云う切り口で考えるのならば、死刑だけでなく全ての罰則を廃止する必要があるのではと思いますよ。

おそらく、死刑が廃止されたら順次最高刑に対して反対するのだと思いますよ。奴らの優しさは底なしですからね(笑)。

  1. 2012-07-05 19:39
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する