2012-07-09 22:35

間違った優しさが人を不幸にする

7月9日、60年間続いた在留管理制度が終わり、改正入国管理法が施行された。在留資格の無い不法滞在者は行政登録から抹消されることから、似非人権メディアらは「人道上の見地から提供してきた行政サービスが行えなくなる」と批判の声を上げている。

 

朝日:外国人の在留管理、国に一元化 新カードの交付始まる

http://www.asahi.com/national/update/0709/TKY201207090106.html

 

人道的配慮は大切だろうが、「不法」滞在者は法に則って対処するのは法治国家としての責務だ。温情ばかりが優先され、不法滞在する外国人を国民の税金で養い続けるなど許されてはならない。法改正は当然だ。

 

それにしても、「外国人の生活が第一!」の民主党にしては、随分と気の利いた政策を実施したものだ。友愛の精神に反し、外国人を締め上げるとは見直した。さすが民主党、何だかんだ言って、ちゃんと国政もやっていたのか。

 

・・・なんて言うのはもちろんウソだ(笑)。

 

改正入管法は、3年の周知期間をもって施行に至った。つまり、法改正されたのは自民党政権時代(2009年7月)だ。本法改正について、民主党の手柄は一切無い。もし勘違いしている人がいたら、速やかに認識を改めよう。

 

 

さて、法改正の方向性は間違っていないが、気がかりが無いわけではない。似非人権派の主張するように、不法滞在とはいえ長期に渡り日本で生活している人がいて、普通に働き納税し、子供を日本の学校に通わせ、日本に根付いている人々がいる。

 

特に、子供は自分の意思で来日したわけではなく何の罪も無い。彼らの多くは日本語しか話すことが出来ず、もはや祖国に帰る意思もない。しばらくは変らぬ行政サービスが保証されるというが、将来的には不利益を被ることは明白だ。

 

不法滞在とはいえ、今では真面目に生活している人々、そして罪も無い子供達が苦しむことを考えると、no-risuの良心はチクチクと痛む。何とかしてやれないかと思ってしまう。

 

 

しかし、この優しさや同情は間違っている。そして、間違った優しさは決して人を幸せにはしない。間違いに目を瞑った歪んだ同情は、いずれ彼らに不幸をもたらす。所詮はその場しのぎで、法を無視した優しさに支えられた現実など砂上の楼閣だ。

 

不法滞在者を速やかに帰国させていれば、日本でしか生活できない不法滞在者の子供が生まれることは無かった。根拠の無い善意に支えられ、いたずらに月日を浪費することも無かった。改正入管法に見られる不幸は、過ちを正さなかったツケだ。

 

「不法滞在者が可愛そう」などと改正入管法を批判する似非人権派は、また同じ過ちを繰り返そうとしている。人道的な配慮をしているように見えるが、不幸の連鎖を生み出しているだけだ。そして、負の連鎖はどこかで断ち切らねばならない。

 

優しさや同情は、常に正しいとは限らない。そして、誤った判断を正そうとしたとき、どこかにしわ寄せが発生することは避けられない。先送りは解決にならない。真に大切なことは、次に同じ過ちを繰り返さないよう過去に学ぶことだ。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

>子供は自分の意思で来日したわけではなく何の罪も無い。彼らの多くは日本語しか話すことが出来ず、もはや祖国に帰る意思もない。

 ワタシはこれ不思議なのです。

 言葉もわからないで来日した親が日本での生活に適応できたのに、子供が祖国に帰って適応できないわけがないでしょう?

 子供を言葉のわからない国へ行かせるのは、非人道的と言うなら、日本人が子供を連れて外国へ行ってで働くのは禁止しなければなりません。

 また外国人が子供を連れて来日して働くのも禁止しなければなりません。

 父上の仕事で、少女時代をソ連やhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカで過ごした雅子妃殿下はノリコ・カルデロンなどより遥かに非人道的な扱いを受けて来られたことになります。

 こんな馬鹿な話がありますか?

 カルデロン一家の話など典型ですが、これは子供を親の不法滞在の出汁にしているだけでしょう?

 最低ですよ。
 
  
  1. 2012-07-09 23:55
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎねこ♪さん
こんばんは。

最初は言葉が分からなくても、済んでいるうちにいずれ適応するとは思いますよ。簡単ではないでしょうし、辛いこともあるだろうとは思いますけど。

あと、子供は連れて来た以外にも、不法滞在中に出産したケースも考えられますよね。

で、不法滞在に対しては断固たる措置を即座に講じるべき、これが正論です。

一方で、思わず同情したくなる気持ちも分かる、と。しかし、その同情は間違っている、というのが本エントリーの趣旨ですね。

カルデロン一家のケースは、まさに間違った優しさばかりが前面に出た胸糞悪い事件でした。

  1. 2012-07-10 00:19
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんばんは
 
確かカルデロンは在特会が抗議してましたな
祖国に子供と一緒に送り返せと
 
で、どうやら本当に馬鹿が「不法滞在者にも」って言ってるらしい

新在留管理制度7月9日導入、「非正規滞在者へ許可を」 研究者らが訴え
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1207080004/
  1. 2012-07-10 18:03
  2. URL
  3. 黄昏の森 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 黄昏の森さん
こんばんは。

さすがカナコロ、期待を裏切りませんね(笑)。

カルデロンのり子の事件は、両親らよりその支援団体が本当にトチ狂っていましたね。問題を知ったhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25AA%25E3%2583%2594%25E3%2583%25B3/" class="keyword">フィリピン政府も協力を申し出てくれていたのに、ひたすら人権を理由に不法を押し通そうとする姿は本当に異様でした。

  1. 2012-07-10 20:23
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する