2012-07-20 21:41

同僚すら見殺しにする教育界

大津市皇子山中学のイジメ自殺問題が大々的に報じられ、イジメに向き合わない学校や教育委員会の闇が知られ始めている。歪んだ人権思想と保身しか頭に無い腐れ教師と教委、自殺しても届かない生徒の悲鳴、踏みにじられる遺族の心、本当に日本の教育界は腐っている。

 

しかし、一方でほとんどの教師は真面目に教師としての務めを果たし、あるいは務めを果たそうと心血を注いでいる。それでも大津市の様な問題が発生するのは、言うまでも無く日教組の存在が大きい。教育界において、幹部職員になるには日教組の力がモノを言うからだ。

 

現場の教師がいくらイジメ改善に取り組もうとしても、生徒に向き合おうとしても、その努力は日教組あがりのキチガイ幹部には認められない。生徒を指導しようとしても、加害者の人権を重視する日教組によってその術を奪われている。

 

 

さて、ここで少し目線を変えて欲しい。イジメに苦しむ生徒を救わない教育界において、先生達だけは守られている、なんてことがありえるだろうか。答えはNOだ。生徒が自殺しても責任を認めないように、教師が仕事に苦しんでも、自殺しても、同じように救わない。

 

 

2004年、静岡県磐田市の小学校に新人教員として赴任した木村百合子さんが、着任からわずか半年後の9月に自殺した。焼身自殺だった。木村さんはいきなり問題児ばかりのクラスを押し付けられ、イジメに苦しむ生徒を目の当たりにして心を痛めた。

 

イジメに苦しむ生徒を救えないばかりか、問題児が多過ぎてクラス学級崩壊の様相を呈していく。先輩教師に相談しても、「給料貰ってんだろ、バイトじゃねーんだから働け!」と突き放された。痛めた心はやがて壊れ、灯油をかぶって火をつけた。死んだ。

 

     

  画像:朝日新聞http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000001207200004

 

ところが、学校や磐田市教委や地方公務員災害補償基金県支部は、自殺と業務の因果関係を認めなかった。学校は遺族の公務災害申請受理を5ヶ月も拒否し、結局半年もかかった公務災害申請は公務員災害補償基金県支部によって却下された。

 

自殺したのは学校の中ではないから公務災害ではない。

学校は木村さんに十分な支援をしていた。
この程度で自殺する木村さんの精神力が弱過ぎる。

 

それが市・県の言い分だった。木村さんの遺族は公務災害の認定を求めて提訴し、地裁で勝訴したものの地方公務員災害補償基金は控訴した。そして7月19日高裁判決が出て、判決は当然ながら地裁判決を支持し遺族側が勝訴した。

 

控訴されるかはまだ不明だが、少なくとも基金や市教委らは判決を受け入れるとは言っていない。このご時勢、滅多なことは口に出来ないだろうが、しれっと控訴する可能性は十分あるだろう。

 

 

今、日教組ら似非人権派が推進してきた歪な戦後教育により、声の上げられない生徒がイジメに苦しみ、そして命を絶っている。大津市の事件でそれを知った世論は、市教委や学校に批判の矛先を向けている。

 

それは正しいのだけれど、現場教師も生徒と同じく苦しんでいることを知る必要がある。同僚すら救えない学校や市教委ら教育界に、子供のイジメ問題を改善出来るわけがないのだ。

 

 

FNN:東京高裁、女性新人教師の自殺は公務災害と認める判決

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00227805.html
焼身自殺を図った女性新人教師の自殺は公務災害だとして、両親が災害補償基金を訴えていた裁判で、東京高裁は両親の言い分を認める1審判決を支持、基金側の控訴を棄却した。
2004年9月の午前5時、静岡県内の小学校に新人教員として赴任した木村 百合子さん(当時24)は、受け持っていたクラスについての悩みを抱えたまま、灯油をかぶり、自ら火を放った。・・・

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(7)

コメント

No title

そういえば日教祖のドン、輿石東は「犯人探しより再発防止策が大事だ」などと事件の責任の所在をうやむやにしようとするかのような発言をしたらしいですよ。全く・・・原因究明もしないでどうやって再発防止を考えるんだか・・・・まあ日教祖の立花からすれば、原因究明をされると教師の責任が明らかにされるのでなんとしても避けたいんですかね。教育委員会が隠蔽体質だとずいぶん批判されてますが、大阪府のように教育行政のシステムをかえて競争原理を導入したりすると、教師は自分個人のために働くようになるわけで、都合の悪い情報は隠して責任追求をのがれようとする教師はますます増えるんじゃないかなあ
  1. 2012-07-23 08:15
  2. URL
  3. ibohatago #79D/WHSg
  4. 編集

No title

さっきのコメント、読み返してみると教育委員会を擁護するかのようなタッチになってしまいましたが擁護など全くしていませんので念のため再コメントです。私がいいたかったのは維新の会の政策でもある部分の改善には効果があるかもしれないけど、また別の新たな問題が必ずおきるってことです。オールハッピーな政策なんてないですからね。
  1. 2012-07-23 08:34
  2. URL
  3. ibohatago #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ibohatagoさん
こんばんは。

大丈夫です、仰りたい事は十分伝わっていましたよ。

輿石はまったくろくでもないですね。再発防止は重要ですけど、再発も何も現在全国にイジメで苦しんでいる生徒がいることを理解しているんでしょうかね。

また、再発防止と犯人探しはバーターではなく、どちらも取り組まねばならないのに、やはり生徒よりお仲間だけが大切なんでしょうね。

教育委員会のシステムは、それ自体は別にどうということはないと思うんですよね。しかし、それに胡坐をかいて空き放題されている現状では、橋下市長に切り込まれても文句は言えないです。

どうせ自浄作用も無いのですから、力づくで分からせてやるのも手段ですよね。

  1. 2012-07-23 19:32
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

誰?

上原って教員が追込みかけたんやないの?
  1. 2015-12-12 17:17
  2. URL
  3. 敏修 #-
  4. 編集

To 名無しさん

何の話でしょう?。

  1. 2015-12-12 19:12
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

木村自殺の処理

磐田市教育委員会に限らんのやけど、歯折ったり鼓膜破いたり、教師同士の痴情など表に出て、あかん流れになったら、学校から教育委員会関連施設にそいつを移動するんや。青年の森合宿所とか、市民プールとか図書館とか。要は、木村が死んで移動した奴は誰と誰か見れば、誰が関与したか如実にわかるんや。小学校から中学校、体育系強化なんちゃらとか、地震関連施設とかな、まぁほとぼり冷めるまでっちゅうこっちゃ。幹部の退職金査定でかなり影響出るからそら必死や。
  1. 2016-03-21 18:14
  2. URL
  3. 敏修 #aIcUnOeo
  4. 編集

To 敏修さん

こんばんは。

いかにもありそうと言うか、実際にそういう動きはよく聞きますね。マスコミもそこまでは報じるのですが、それ以上は追及しないから、結局はそれがまかり通って事件は風化して、何事も無かったかのようにおさまってしまう。これでは自浄作用は働きませんよね、どうにかならないものか。

  1. 2016-03-21 20:56
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する