2012-08-24 22:14

国民の半数以上は原発を容認している

no-risuが放射脳と揶揄する反原発派は、基本的に全ての原発を無くそうと考える人々だ。「中長期的にに減らしていく」とか、「安全性が確保できた原発以外は廃炉する」とか、少なくても一定程度その存在を容認する人々を放射脳とは呼ばない。

 

国のエネルギー戦略について、政府は原子力割合「0%・15%・20~25%」の3つのシナリオを作成した。政府はシナリオについて全国で意見聴取会を開催したが、放射脳は必ず0%を選択する。15%や20~25%を選択した人に放射脳はいない。

 

もっと言うと、意見聴取会では政府の0%に納得せず、「即時全廃」とする第4のシナリオを主張する人が結構いた。彼らは完全な放射脳である。逆に言うと、0%以外は放射能でなく、多かれ少なかれ原発の存在を容認する人々と言える。

 

つまり、15%と20~25%を選択する人々は、広義の原発容認派と考えて問題ないだろう。政府は22日、国家戦略室HPに意見聴取会に関する会議資料を掲載した。その中に、3つのシナリオに関するマスコミの世論調査が取りまとめられていた。

 

マスコミ等の世論調査の結果について(国家戦略室HP)

http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120822/shiryo5-5.pdf
世論調査から原発容認派(15%~25%選択)割合を抜き出すと、以下のようになる。

 

  調査機関  調査時期 15%~25%選択割合

  朝日新聞  7月7~8日     44%
  読売新聞  7月13~15日     63%
  日本テレビ  7月20~22日     51%
  朝日新聞  8月4~5日     42%
  NHK  8月10~12日     54%
  共同通信  8月11~12日     51%
  毎日新聞  8月11~12日     64%
  読売新聞  8月11~12日     55%
  日本テレビ  8月17~19日     52%
  平均    ー     53%

国家戦略室資料よりno-risu作成

 

ご覧の通り、国民の半数以上は原子力発電所の存在を許している。脱原発派マスコミは、あたかも世論が全ての原発を無くすことを望んでいるように報じ、官邸デモを「普通の人達が集まった」だの「福島の声は届くか」だのさんざ煽ったが、それでもこの結果だ。

 

今マスコミの中で、明確な原発容認を主張するのは産経新聞しかない。テレビは全滅だ。容認派の科学者は、「原子力ムラ」のレッテルを貼られとっくに干された。TPPの時はあれほど露出させた経済界も、原発容認のスタンスであることはほとんど報じられない。

 

産経新聞以外のテレビや新聞で情報を得ていると、あたかも日本全国が原発全廃を望んでいるかのように錯覚させられてしまう。しかし、そんなものは脱原発派が作りだした幻影だ。現実には、まだ半数以上の国民が放射脳に感染していない。

 

世論の多数派は原発容認、これが真実だ。

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

私の周囲の人たちの意見を聞いていても(近所と職場と居酒屋の離れたコミュニティでの声ですが)原発絶対反対の0%だという人は誰もおりません。
立てば崖っぷちに家を建てるのに地盤が弱く台風で崖崩れするような場所は
お断りですが(絶対反対の0%)風光明媚で岩盤がしかりした場所ならOKと
言う人が殆どです。
原発=悪魔=絶対反対・・・という論理は極端すぎるし異常ではと思います。

原発絶対反対と主張する人たちの脳内にはなにか他の本音の主義主張があるのかなと思う面があります。

それから原発の技術力には核兵器の技術力が重なってますので原発を未来永劫
捨て去って技術の成長を止めたら核兵器の開発力を捨てることになります。
勿論ほとんどの一般人は核兵器を作って戦力増強と言う意味の危険な考えは無いですし、国際社会への抑止力の一つとしての核兵器の技術力は持つ必要はあると思います。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258C%2597%25E6%259C%259D%25E9%25AE%25AE/" class="keyword">北朝鮮みたいに明らかに不純な目的は論外ですが。

今問われないといけないのは起きた詐害、被害をどのように解決してどのように以前の環境に戻すのかという対策の力だと思います。行政的に、政治的に、技術的に。

物事にはいわゆるメリットデメリットが必ず付いて回ります。
文化的な幸福に繋がるのならデメリットをどのように対策するかをしっかりと構築する方向で原発を推進するのは問題ないと思います。

私は安全と言う裏付けの上での原発容認派です。
  1. 2012-08-25 06:38
  2. URL
  3. tomo3753 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちはno-risuさん。

今朝の朝日新聞ですが見出しに大きく
脱原発「10年以内に」6割
本社世論調査負担増容認55%
と書いてありました、しかしよく読むと設問は
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258E%259F%25E5%25AD%2590%25E5%258A%259B%25E7%2599%25BA%25E9%259B%25BB/" class="keyword">原子力発電を全面的にやめるとしたらいつ頃が適当か?」ですから原発廃止を考えている人の中では「10年以内に」6割というのが正しいようです。

30年での原発比率のグラフもありましたが
政府3案で尋ねると0%の回答が49%(その他答えないは省略)
政府3案とは別にと尋ねると0%の回答が42%(その他答えないは省略)
その他答えないは省略ですから純粋に原発容認は51%~58%となります。

また、負担増に云々については
「30年の原発の割合を0%にするため電気料金の追加負担が必要になるとしたら」を4択でたずねると
・大きくなってもよい 7%
・少しくらいなら  48%
この2項目で55%だそうです ※残り2項目は記述なし。
試算表では電力料金は現行を1万円とすると最悪の2万円と倍になるとしています、回答した人はその内容を知らずに少しくらいならと容認しているにすぎません、もし設問が
30年の原発の割合を0%にするため電気料金の追加負担が最悪2倍になった場合」であれば結果は大きく変わると思います。

仮に家庭で月1万円の負担の覚悟があったとしても産業界で電力料金が2倍になったら日本での生産はあり得ません。どうして産業界の意見を排除するのでしょうか?

いずれにしろマスコミによる偏向世論調査、偏向報道により大きく民意は捻じ曲げられております、このまま代替エネルギーないまま原発を廃止すれば日本は亡国の道をたどり、いずれはhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国に経済支援を頼らなくてはならなくなります。
脱原発はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25B0%2591%25E4%25B8%25BB%25E5%2585%259A/" class="keyword">民主党のマニフェストと同じようなものです、国民は同じ過ちを再度犯すのでしょうか?http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25B0%2591%25E4%25B8%25BB%25E5%2585%259A/" class="keyword">民主党http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%259E%25E3%2583%258B%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A7%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588/" class="keyword">マニフェストは政権を変えればまだ取り返しがつきます
が原発http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%259E%25E3%2583%258B%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A7%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588/" class="keyword">マニフェストはエネルギー方針が決まってからでは間に合いません。 
  1. 2012-08-25 18:32
  2. URL
  3. kanon11 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To tomo3753さん
こんばんは。

放射脳には2種類いて、反戦すなわち核兵器と同一視する昔ながらのプロ市民と、それに最近増えてきた感情論で「キケン!」と主張する人々です。橋下市長やDQN親なんかは後者ですね。

このことはしっかり分けて考えないと、誤った推察になりかねないので注意が必要です。

ただ、いずれもメリットとデメリット、利便性と危険性、リスク管理という論理的な考え方の出来ない人々ということでは共通しています。

私も原発容認派ですが、別に反対派を無条件に批判する気はありません。ただ、彼らは論理的説明をしないんですよね。だから永久に平行線です。

居酒屋でこの話題を出す勇気は私にはありませんねぇ。もしも放射脳が混じっていた場合、その人との関係がもの凄く悪化しそうです(笑)。

  1. 2012-08-25 20:53
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kanon11さん
こんばんは。

エントリーに載せた表でも分かりますが、朝日新聞の世論調査では脱原発割合が高いですよね。マスコミの世論調査は、テーマによって新聞社の主張が色濃く反映されるケースが多いので、そのあたりは勝手に脳内補正しましょう。産経なんかも露骨ですからね(笑)。

脱原発に伴う電気料金値上げについて、これは結構前から似たような世論調査は行われていて、やはり「値上げを受け入れる」とする人々がほとんどでした。

ところが、東京電力が値上げ予告したら政治家もマスコミも大々的にバッシングを始め、改めて行った世論調査では「値上げは納得できない」と言う人々が多数派になり、それをネタにマスコミはさらに東電をバッシングしました。

マスコミは腐っていて偏向報道を繰り返していますが、民意も馬鹿なんです。浅はかな理想論に賛成しておいて、いざ自分に少々の不利益が及ぶととたんに牙をむく。民衆なんてそんなもんです。

原発http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%259E%25E3%2583%258B%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A7%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588/" class="keyword">マニフェストについて、原発はいつでも復活できますよ。そうそう簡単に代替エネルギー施設は設置できませんし、原子炉の廃炉には長い年月がかかります。

時の政権がエイヤっと再稼動すればそれで終わりです。最初はマスコミやプロ市民が騒ぐでしょうけど、すぐに沈静化してそれが普通の生活になります。まあ、ポピュリズムを重視する民主党では無理でしょうねぇ。

  1. 2012-08-25 21:10
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する