2012-09-27 23:01

谷垣前総裁、お疲れ様でした!

                 

 

自民党の新総裁に安倍元総理が選出され、方々から喜びの声が聞こえてくる。Izaブログでも多くのエントリーが立てられているし、もちろんno-risuも大喜びしている。しかし、今回はあえて去りゆく男、谷垣前総裁に焦点を当てたい。

 

谷垣総裁は色々と悪く言われることもあったが、個人的には良くやってくれていたと思う。民主党に政権を奪われ、権力も金も失い、離党者が相次ぎ、沈没・分解してもおかしくなかったボロ船を、今日の立派な姿に守り育てた功績は大きい。

 

谷垣総裁は、野党時代の民主党の様な下品な活動家の真似はせず、国会議員としての矜持を保ち、政局より政策で国政に尽くした。保守政党自民党の色を変えず、3年間ブレずに自民党の看板を守ったことも、簡単そうで誰にでも出来ることではない。

 

その安定感は選挙にも影響し、先日は麻生元総理も「谷垣総裁で自民党は一度も選挙に負けていない」と褒め、親の威光にすがる馬鹿息子に総裁選で道を譲らされた谷垣総裁を気遣った。

 

野田総理との党首討論も思い出深い。民主党だからこそ、野田総理も「安定感・重厚感がある」などと評されているが、党首討論で見せた格の違いは一目瞭然だった。自民党の看板を背負う者の迫力は、寄せ集め集団の代表を圧倒した。

 

              

 

 

 百里の道も九十九里をもって半ばとす。この一歩こそ、私どもが乗り越えなければならない一歩だ。安倍新総裁はこの最後の一歩を乗り切れる。私は一兵卒としてこの一歩を乗り越えていく。」(読売新聞:涙声の谷垣氏、挨拶3分に思い3年「陰の男に」、より)

 

安倍新総裁に道を託す、谷垣総裁最後の挨拶だ。放射能に怯え引き籠もっていた、どこぞの豪腕政治家も「一兵卒」などと述べていたが、言葉の重みが全く違うことが分かるだろう。

 

 

谷垣前総裁は3年前、野党に転落した自民党の為「捨て石になる」と覚悟を語った。そして本当に捨て石となり、今後は「陰の男」になって自民党を支える覚悟だという。ありがたい話だ。同時に、谷垣前総裁ほどの人間でも縁の下に回る、自民党の厚みに安心感を覚える。

 

谷垣前総裁には、感謝の念を込めて「3年間本当にお疲れ様でした」と労いたい。そして、これからも日本のために自民党を支えてほしい。

 

             

 

最後に、谷垣総裁がどんな人だったのか、wikipediaからで恐縮だが、3年間の言動を紹介しながら終わりたい。

 

2009年

10月:小泉総理以来3年2ヶ月ぶり、秋季例大祭が行われている靖国神社に参拝。記者団に対し、「『戦死したら靖国神社に祀られる』という思いを持って亡くなった方が大勢いるので、その重みはある」と述べ、靖国神社に代わる国立追悼施設の建設に反対した。

 

11月:民主党公明党などが成立を目指す外国人参政権について「反対だ」と明言。さらに、自民党としても外国人参政権に賛成をしないという意向を示した。

 

11月:天皇特例会見問題では、民主党政権を批判。小沢一郎民主党幹事長の“国事行為発言”についても批判し、「天皇の政治利用」とする認識を示した。また、天皇の訪韓にも慎重な姿勢を示した。

 

2010年

1月:小沢が先日の天皇特例会見を内閣の助言と承認に基づく「国事行為」だとして正当化したことに触れ「小沢幹事長のごときにいたっては、あたかも内閣が判断をすれば天皇陛下に何でもお願いできるかのような表現すら取っている。まったく日本国憲法の構造をはき違えたものだ」と批判した。

 

1月:BSフジで、外国人参政権に反対する意向を改めて表明。賛否では党議拘束をかけるべきだとの考えを示した。

 

2月(建国記念日):神社本庁や日本会議などでつくる「日本の建国を祝う会」主催の中央式典であいさつし、「国の発展には伝統文化の継承と心豊かな人材の育成が必要不可欠」として、道徳教育の必要性などを訴えた。

 

2月:鳩山内閣がまとめた天皇の公的行為に関する見解 について、「象徴天皇のデリケートさに全く何の配慮もない、政治的英知を欠いた見解だ。その都度その都度便宜的に判断すればいいという答えだが、憲法のイロハも心得ない噴飯物の解釈だ」と強く批判した。

 

4月:韓国の与党であるハンナラ党の鄭夢準代表から、日本における永住外国人への地方選挙権付与に協力するよう求められたが、「憲法上の問題もあり自民党は反対の立場だ」ときっぱり断った。

 

4月:(鳩山総理の政治と金の問題について)「鳩山首相は、秘書の疑惑は議員の責任と、過去に誠にあっぱれな発言された経緯があります。ご自身の責任も明らかにすべきであると、申し上げたいと思います」と追及した。

 

4月:舛添参議院議員より離党届が提出された問題では、「比例代表から選出されており、議員辞職をするのが筋」と離党届を受理しない旨を示唆した。結果、舛添は除名処分となった。

 

4月:宮崎県で口蹄疫発生。何もしない民主党をよそに、谷垣総裁はいち早く視察し、二日後には口蹄疫対策本部を設置。

 

7月:第22回参議院議員通常選挙で51議席を獲得し、改選第一党となる。

 

 

その他

党首討論で、ルーピー鳩山から「腹案」を引き出す。

 

民主党が停止させていた、インド洋の補給活動を再開するための法案を参院に提出。

 

米国に安倍元総理を送り、「尖閣諸島は安保の適用内」の言質を得た。

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

No title

こんにちは。

谷垣前総裁には賛否両論あると思います。
私もイラッとした時には、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%2587%25AA%25E6%25B0%2591%25E5%2585%259A/" class="keyword">自民党のサイトへ執行部を変えろとメールしたりしてましたね(笑)。
しかし、結果としては良くhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%2587%25AA%25E6%25B0%2591%25E5%2585%259A/" class="keyword">自民党を纏めてきたと思います。
途中からは自身が首相になる事は無いと予感出来ていたはずですが、正に「捨て石」となりhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%2587%25AA%25E6%25B0%2591%25E5%2585%259A/" class="keyword">自民党を守ってきました。本当にお疲れ様でした。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%2587%25AA%25E6%25B0%2591%25E5%2585%259A/" class="keyword">自民党にはまだまだ注文はありますが、安倍新総裁に素直に期待しています。
  1. 2012-09-28 15:08
  2. URL
  3. rikipep #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんばんは。

谷垣さんには素直に「お疲れ様」と言いたいですね。

世間的には関西の某党首のように、強烈な個性の持ち主がもてはやされがちです。地味キャラはどんなに実績を積んでも、最後には隅っこに追いやられてしまいます。
なんとも理不尽な事ですが、no-risuさんのように評価してくれる人がいるように、谷垣さんのやったことは全く無駄ではなかったわけです。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%2587%25AA%25E6%25B0%2591%25E5%2585%259A/" class="keyword">自民党もまだまだ一枚岩とは言えない状況なので、是非谷垣さんには安倍新総裁を支える太い柱になっていただきたいものです。
  1. 2012-09-28 17:13
  2. URL
  3. cn2100 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To rikipepさん
こんばんは。

3年前にhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%2587%25AA%25E6%25B0%2591%25E5%2585%259A/" class="keyword">自民党が下野したとき、舛添等離党者が相次いだことは本当にショックを受けました。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%2587%25AA%25E6%25B0%2591%25E5%2585%259A/" class="keyword">自民党終焉の可能性も考慮せざるをえず、「なんてこった…」、と暗い気持ちになったもんです。

谷垣総裁は決して満点を与えられる総裁ではありませんでしたが、それでも結果的には十分合格点だと思います。

安倍新総裁、期待しちゃいますよね。早く総理にならないかと、今から楽しみで楽しみで。

  1. 2012-09-28 20:09
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To cn2100さん
こんばんは。

最初は、私も安部新総裁誕生を喜ぶエントリーを書こうと思ったんですよね。でも、見渡してみると誰も谷垣総裁のことを書いてなくて、急遽内容を変更しました。

エントリーに書いたとおりですが、谷垣総裁はもっと評価されるべきだと思います。もちろん、批判すべき点は受け止めるべきですが、それだけではなかったという事実が、知られないまま過ぎ去っていくのでは寂しい気持ちになります。

  1. 2012-09-28 20:14
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 ワタシも谷垣さんは立派だったと思います。
 色々言われるけれど、彼はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%2587%25AA%25E6%25B0%2591%25E5%2585%259A/" class="keyword">自民党が最も苦しい時に、最も苦しい役割を進んで引き受けたのです。

 あの時、石破さんを党首にと言う人達も居ましたが、でも石破さんは逃げました。
 あの時党首になっていれば、今頃間違いなく次期首相なのですが、苦しい時に逃げたのだから人望が無くても仕方ないです。
  1. 2012-09-29 08:03
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎねこ♪さん
こんばんは。

3年前、下野したhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%2587%25AA%25E6%25B0%2591%25E5%2585%259A/" class="keyword">自民党の総裁を決めるとき、石破だけでなく誰もやりたがりませんでしたね。人間、困難に直面したときにその人の本当の正確が現れると言います。裏にどんな計算があろうとも、引き受けた谷垣氏は本当に立派でした。

阿比留記者は、谷垣氏に「人柄の良さ」を感じたそうです。ルーピー鳩山も、プライベートで付き合うには人の良い人物だと言われます。同じ「人の良さ」でも、まるで違いますね(笑)。

  1. 2012-09-29 20:13
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する