2012-10-16 22:16

日中関係悪化は全て民主党の責任

尖閣諸島問題で日中関係が険悪になったことについて、しばしば売国メディアは「石原都知事が購入を言い出したからだ」と主張する。2chでも同様の意見は珍しくない。しかし、尖閣問題の責任を石原都知事に求めるのは間違っている。

 

何故ならば、先にちょっかいを出してきたのは中国であり、石原都知事の購入計画は中国の動向を受けての対処だからだ。日中関係と尖閣諸島を巡る事実関係は、少なくとも2009年まで遡った一連の流れで考えねばならない。

 

 

2009年時点で、ネットでは中国による尖閣諸島侵略は現実的な可能性として議論されていた。当時、すでに中国は東シナ海油田問題で海洋覇権の動きを見せていたからだ。そして民主党が政権を盗り、鳩山政権が樹立したことで危機感はさらに高まった。

 

中国はすぐに民主党の稚拙な外交能力と領土認識を察知し、タイミングを見て具体的な行動を起こすと予想された。行動のタイミングについて、北京五輪上海万博が終了し、世界の目が遠ざかる時期だろうというのが大方の一致した見解だった。

 

当時、no-risuは知り合いの共産党員に危険性を訴えたが、「ありえない」と鼻で笑われたものだ。しかし、中国上海万博終了を待たずして尖閣諸島に漁業監視船を送り込み始めた。中国は予測を上回る速さで民主党を理解し、そして舐めきったのだ。

 

しかし、この事実は国民に広まらなかった。積極的に報じたのは産経新聞くらいで、その他メディアはほとんど無視していたし、民主党中国様への御機嫌取りで事態の収拾を目論み、本来とるべき具体策は一切示さなかった。

 

民主党と売国マスゴミは、尖閣諸島の状況をひた隠した。そこに大事件が発生する。2010年9月、中国漁船と海上保安庁の巡視船が衝突したのだ。民主党は仙谷官房長官らが情報を隠蔽したが、海保職員の一色氏が事故映像をネットに暴露した。

 

こうして、ようやく国民は尖閣諸島で何が起こっているのかを知った。一人の国を愛する国家公務員が、民主党やマスゴミが隠し続けた中国の正体を国民に知らせてくれた。

 

 

で、その後どうなったか。何も変わらなかった。民主党は相変わらず土下座外交を続け、中国は漁業監視船を送り込み続けた。そして東日本大震災が発生し、何も解決しないまま多くの国民は尖閣諸島問題を忘却した。

 

つまり、石原都知事が動く前から、尖閣を巡る日中関係は悪化していたのだ。そして、石原都知事は忘れていなかった。尖閣諸島の状況を見つめ続け、領土を守る気概も能力も無い民主党に見切りをつけ、領土防衛のため購入計画を立ち上げた。

 

「石原都知事が日中関係を悪化させた」との指摘は事実に反し、元々有った問題を表面化させたに過ぎない。また、日本が日本領土を売買することに何の問題も無い。激高する中国様にびびり、右往左往するヘタレや売国奴は引っ込んでろ。

 

 

そもそも、全ては中国に舐められた民主党に責任がある。最初から毅然とした態度示していれば、中国もここまであからさまな侵略行為は起こせなかったはずだ。「遺憾の意ィ!」だけで中国が押さえつけられるわけがない。

 

自民党の安倍総裁は15日、日中関係改善のため妥協を提案したバーンズ国務副長官に対し、「尖閣は1ミリも譲る気無し、中国に誤ったメッセージを与えるな」と釘を刺した。毅然とした対応とは、まさに安倍総裁のとった言動を指す。

 

民主党にうんざりしていた米国、日本を舐めきっていた中国も、安倍総裁の一言で目が覚めたに違いない。これが主権国家として正しい姿勢であり、正しい姿勢を示して初めて正常な国交が生まれる。コメつきバッタみたく、ぺこぺこすりゃ仲良く出来ると思ったら大間違いだ。

 

アンポンタンの前原によると、民主党中国に「石原都知事の横暴を阻止するため」と国有化の理由を説明したらしい。「へへ、石原の野郎マジ狂ってるんスよぉ、国が買うのは中国様のためなんスよぉ」、なんて媚びを売る姿が目に浮かぶようだ。

 

石原都知事など関係無い。日中関係に限らず、外交の失敗は全て民主党に責任がある。民主党は諸悪の根源と呼ぶに相応しい売国無能政党であり、奴らを国政から追放することこそが、日本における最優先事項である。

 

 

産経:自民・安倍総裁「1ミリも譲る気はない」 米国務副長官と会談

http://news.livedoor.com/article/detail/7046247/
 自民党安倍晋三総裁は15日、米国のバーンズ国務副長官と党本部で会談し、沖縄県・尖閣諸島について「(中国と)話し合う余地はない。領土問題はないのだから、1ミリも譲る気はない」と述べ、日中間に領土問題が存在しないことを明確に主張した。「こちらの考え方を見誤らないように(中国側に)伝えてほしい」とも付け加えた。
 安倍氏は、米政府が対日防衛義務を定めた日米安保条約第5条の適用範囲であると明言する一方で領有権については中立としていることに対し、「(日本と米国は)同盟国なのだから、日本に寄ってほしいというのが日本の考えだ」と述べた。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

日米関係悪化の元凶のハトヤマおぼっちゃまが民主の最高顧問に返り咲くようですね、しかも外交担当を希望しているとか
  1. 2012-10-17 07:46
  2. URL
  3. ibohatago #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ibohatagoさん
こんばんは。

金の力でしょうね。

先の選挙では、親から数十億の資金援助があったと言われています。次期選挙の金策を考えれば、ルーピーでもぞんざいな扱いは出来ないのでしょう。所詮、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25B0%2591%25E4%25B8%25BB%25E5%2585%259A/" class="keyword">民主党は国益より政局優先ですね。

  1. 2012-10-17 19:35
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する