2012-11-13 22:20

学生時代に遭遇した中核派

no-risuは大学生時代、中核派の「巣」に潜入した経験がある。潜入というと大袈裟かもしれないが、サークルと偽り部室を占拠する売国プロ市民の一団がいて、新入生で世間知らずだったno-risuは、ずかずかと乗り込んだのだった。

 

「巣」に入ると3人だか5人だかの男がいて、いずれも大学生と言うよりはホームレスといった風貌が印象的だった。奴らは新入生であるno-risuを前にして陰鬱な表情を崩さず、質問しても口を開かず、視線すら合わせようとしなかった。

 

後で知ったのだが、奴らは新入生をカモにした詐欺を働いていた。学生生活には必須の情報誌・学生新聞などと称して、架空の年間購読契約を結ばせて金を巻き上げていた。もちろん、契約しても情報誌の類いは送られてこない。

 

大学側も注意喚起していたが、奴らが詐欺を働いていたのは新学期開始前であり、新入生が知ったときにはすでに多数の被害者が出ていた。奴らは強面の生徒が怒鳴り込むと返金に応じたが、大半の学生は無視され泣き寝入りした。

 

詐欺は毎年の恒例行事で、中核派とは知らなくとも「何やら怪しい連中がいる」ことはみんな知っていた。そんな連中の「巣」に足を踏み入れた物好きはno-risuくらいだったので、「入ったことがある」と言うと色々聞かれたものだ。

 

今考えると、「巣」への潜入は危険な冒険だった。当時、no-risuは自覚無き売国サヨクだったからだ。共産党員の親が購読する赤旗と朝日新聞を読み、自虐史観教育を受け、尊敬する文化人は筑紫哲也、一人暮らしと同時に朝日新聞を契約した。

 

もしも暖かく迎え入れられ、熱い眼差しで「共に社会を変えていこう!」なんて勧誘さていたら、コロリと騙されて中核派戦士の仲間入りを果たしていたかもしれない(笑)。

 

 

さて、大学の部室を不法占拠し、詐欺で学生から金を巻き上げる中核派。連中は人間のクズだ。大学に巣くう中核派は関係者以外見に行くことは難しいが、お仲間の様子は誰でも見ることが出来る。何故なら、奴らこそ反原発テントの主要メンバーだからだ。

 

経産省の敷地を不法占拠し、最近は大阪市役所横の遊歩道を不法占拠し、奴らの行動パターンは昔から何も変わっていない。他にも沖縄米軍基地を監視するテント、大飯原発を監視するテント、要は売国サヨクのテントには全て関与している。

 

テントに居座る連中やデモ行進を先導する連中の顔を見ると、学生時代に見た中核派の面々を鮮明に思い出す。表情に精気無く、風貌は小汚く、まさしくあの日見た中核派だ。死んだ魚のような目で、「原発イラナイ」「橋下イラナイ」と連呼している。

 

もう一つ変わらないことがある。在学期間6年間、中核派はずっと大学に居座っていた。学生にとって危険な組織なのに、大学や警察が排除に動いた話は聞いていない。そして現在、経産省前や大阪市役所横などのテントも退去させる気配は無い。

 

反原発テントにはジジイが多い。もしも奴らが中核派とすれば、殺人すらいとわぬ凄惨な内ゲバを繰り広げた、最も危険な世代だろう。そんなのが、多数の一般人が行き交う大阪市役所横の遊歩道や、経産省前の歩道を占拠しているわけだ。

 

反原発運動や中核派そのものを粛正することは不可能だろうけど、学生や一般人の集う公共の場を占拠するテントくらいは撤去できないものだろうか。放置すれば、奴らは4年も6年も延々と居座り続けるに違いない。

 

 

読売:脱原発グループが国会前で集会、7千人以上参加

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121112-OYT1T00541.htm?from=ylist
下野:過去最大規模、「脱原発」に2100人 宇都宮でパレード
http://www.shimotsuke.co.jp/town/region/central/utsunomiya/news/20121113/920553
北海道:「脱原発」全国に響く 抗議デモ、道内11市でも
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/418950.html

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する