2012-11-26 20:45

公共事業は誰のため?

橋下市長は24日、遊説先の四国で「公共事業でハッピーなのは建設業界だけ」と自民党の国土強靭化計画を批判した。日本ではいつの間にか「公共事業=悪」の図式が定着してしまったが、橋下市長も公共事業バッシングで愚民の賛同を集めたいわけだ。

 

公共事業が批判された理由は大きく二つあって、一つは誰の目にも無駄な箱物を作る「工事のための工事」が地方で乱発されたこと、もう一つは族議員と関連業者の癒着による利権問題だろう。いずれも公共事業の本質ではなく、扱う人間側の問題だ。

 

つまり、公共事業バッシングとは公共事業そのものの是非が問われたわけではない。橋下市長流に言うならば、マネジメント・ガバナンス・コンプライアンスなどの問題だ。構造改革や議員教育で対応すべき課題で、公共事業そのものを否定する理由にはならない。

 

それを言うに事欠いて、「建設業界はハッピーだがそれ以外の人は不幸」とか、橋下市長の政治家としての底が知れる。だいたい、今時の公共事業が建設業者をハッピーに出来ると考えている時点で時代錯誤のアンポンタンだろう。

 

 

現在の公共事業は一般競争入札が進み、通常のコスト削減だけでは落札できず、建設業者は利幅を削って入札金額を下げている。公共事業でぼろ儲け出来たのは昔の話で、現在の公共事業はハッピーところか当座のしのぎに過ぎない。

 

そもそも、公共事業で利益を得るのは建設業者だけではあるまい。工事代金を受け取るから建設業者だけがハッピーとか、あまりにも物事を短絡的に考えすぎだろう。公共事業で作られた施設は、国民に利益が波及するものだ。

 

防災目的の堤防を作れば、それは建設業者だけの利益だろうか。首都高や第2東名は、建設業者が使うために作られたのだろうか。農地集積は、橋は、上下水道は、建設業者のために作られるのか。馬鹿言え、恩恵は国民が受けるのだ。

 

建設業者は多くの国民がやりたがらないきつい現場作業をこなし、国民の生活を支えるインフラを整えている。公共事業が激減し、薄利やむなしの厳しい経営環境の中、必死に重労働を続ける見返りが、橋下市長らによる「公共事業バッシング」だ。

 

 

世界一インフラ整備が進んだ日本に住み、インフラのありがたみを忘れた日本人。インフラの恩恵が水や空気のように、当たり前に存在すると錯覚し、それを支える努力を「税金の無駄」と怒る愚民達。それを煽る橋下市長ら衆愚政治家。

  

公共事業とは何か、誰が誰のために行うものなのか、民主党が大幅削減した効果、自民党が増加させようとする理由。私達は「公共事業=悪」の植えつけられた先入観を捨て、公共事業の本当の意味を考え直すべきだろう。

 

 

朝日:ハッピーなのは建設業界と公務員 橋下氏が自民・民主攻撃

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121124/elc12112419060028-n1.htm
 日本維新の会は24日、九州、中国地方に続く第3弾の全国遊説を四国で実施した。代表代行の橋下徹大阪市長は徳島市で、消費税率引き上げをめぐり「国会議員が無責任に決めた。自民党民主党の枠では駄目だ。どうか日本維新にチャンスをください」と訴えた。衆院解散後、大阪以外の本格遊説は初めて。
 橋下氏は高松市で、自民党が公約に掲げた「国土強靱化」を念頭に「自民は公共事業を拡大する。建設業界はハッピーだが、それ以外の人は全く不幸だ」と批判。・・・

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

こんにちは。

橋下市長では、日本はハッピーになりませんね。

結局、彼に確たる理念はなく、ただただポピュリズムでしかない。
お山の大将を気取っていても所詮は衆愚政治でしかないのです。
政策もそうですが、本当に彼の発言内容は程度が低くて、発言を重ねる度に期待を裏切ると云うか裏切らないと云うか(笑)。

また愚痴ってしまいますが・・・、晩節を汚してまでhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%259F%25B3%25E5%258E%259F%25E6%2585%258E%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E/" class="keyword">石原慎太郎は彼に何を望んだのでしょうね。
  1. 2012-11-27 16:37
  2. URL
  3. rikipep #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To rikipepさん
こんばんは。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/google/" class="keyword">googleニュースで「維新」「橋下」のキーワードでニュースを読んで失望し、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2584%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2583%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC/" class="keyword">ツイッターを呼んでさらに失望する毎日です(笑)。

直近では、反原発政党に対する批判に失笑し、「一度維新に任せてください」と訴える姿にがっかりし、みんなの党の渡辺代表がまともに見え、もう「維新」の名前と程遠い人間に落ちぶれてしまったのだと痛感します。

この現状、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%259F%25B3%25E5%258E%259F%25E6%2585%258E%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E/" class="keyword">石原慎太郎の目にはどう映っているのでしょう。目に入れても痛くない、そんな盲目状態かもしれませんが、早く目を覚まして欲しいものです。


  1. 2012-11-27 19:54
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する