2012-12-11 23:13

橋下維新は労働者の敵

今年もあと僅か。

 

師走の社畜(no-risu)は年末業務に忘年会と多忙を極め、最近はブログ更新にも支障が生じ、しかし働けど一向に給料は増えず、夢のマイホームとは夢に過ぎないと諦めた。それでもしみじみ思う。「正社員で良かった」。

 

今就職活動している人、これから挑む人、彼らには声を大にして言いたい。「正社員になれ」と。特殊技能や人並みはずれた才能でもない限り、就職するなら断然正社員だ。余程の理由がない限り、大きな会社ほど良い。

 

 

登録派遣が始まった頃、それは夢の様な謳い文句で売り出されていた。過酷な就活は不要、特定の会社に縛られず、好きな時に好きなだけ働き、色々な会社で働きスキルアップを重ね、いつか気に入った会社に就職できる。バラ色のスタイルだ。

 

no-risuは大いに惹かれ、自分の時代に登録派遣が無かったことを恨んだ。同時に、今の仕事がクビになっても登録派遣になれば良い、なんて都合の良いことを考えたりもした。しかし、夢の登録派遣はバラ色どころか人生の墓場だった。

 

派遣は重要な仕事を任されず、いつまで経ってもスキルなんて身につかない。好きな会社を選ぶどころか、毎年の契約更新にビクビクし、同じ会社の正社員を羨む毎日。「こんなはずじゃなかった」、何人の若者が後悔し絶望しただろう。

 

正社員は重要な仕事を任され、教育も施され、スキルは確実に蓄積し、財産とも言うべき人脈が築かれる。転職する場合、培ったスキルと人脈がものを言う。派遣経験に価値など無い。給料も福利厚生も、派遣と比べはるかに手厚い。

 

業績が悪化すれば、正社員を守るため派遣社員が優先的に切られる。派遣など、会社にとっては使い捨ての駒に過ぎない。就職するなら正社員、凡人が社会を生き残る鉄則だ。正社員になるため、金も努力も惜しんではならない。

 

 

ただ、この鉄則がいつまで有効なのかは不明だ。正社員潰しを掲げる政党が支持を伸ばしている。特に注目すべきは維新の会とみんなの党で、彼らの目指す「雇用の流動化」は正社員システムを根底から破壊する。

 

雇用の流動化とは、正社員の解雇を容易にすることだ。会社は正社員をクビにして、クビにされた社員は次の職を求めて必死に「流動」する。当然だが、空いたポストに派遣が昇格することは無い。コストの高い正社員が純減するだけだ。

 

それでも、派遣など非正規の待遇を向上させる政策とセットならば傷は小さい。上に維新とみんなの名前を挙げたが、みんなの党は非正規の待遇向上をうたっているからまだマシだ。しかし、維新の会はまるで違う考え方をしている。

 

恐ろしいことに、維新は非正規化を推し進め、かつ低賃金社会を目指している。「最低賃金制の廃止」だ。さすがに批判され、橋下市長は「市場メカニズムに任せる」と修正したが、表現を変えても言っていることは同じだ。修正になっていない。

 

 

橋下市長は、「最低賃金を出せない企業や、本当ならあと2、3人雇えるのに1人しか雇えないという企業もある。」と主張する。とんでもない阿呆だ。そもそも、給与を減らしても雇用は増えい。給与と人件費の違いを理解していない。

 

また、最低賃金も出せない会社に人を雇う資格は無い。橋下維新の政策は、ブラック経営者を喜ばせ、正社員どころか非正規労働者をも不幸にするだけだ。会社は正社員を非正規に入れ替え、給料は極限まで下げる。

 

生活できないほど安い給料になれば、「負の所得税」で最低賃金を保証する。橋下市長の言う「ベーシックインカム的な制度」で、支給水準は生活保護以下だ。当たり前だが、負の所得税の財源は会社経営者ではなく国民が負担する。

 

 

最悪だ。これまで橋下政治は対岸の火事だった。大阪で何をしようとno-risuには影響しない。しかし、国政進出により橋下市長は労働者全体の敵となった。就活生含む労働者諸君、間違っても維新になど投票しないように。

 

 

朝日:最低賃金制「廃止」から「改革」に修正 維新の選挙公約

http://www.asahi.com/politics/update/1204/OSK201212030181.html
 日本維新の会が衆院総選挙の公約に掲げた「最低賃金制の廃止」を「市場メカニズムを重視した最低賃金制度への改革」に修正したことが分かった。最低賃金制廃止に対しては野田佳彦首相が3日のインタビューで「大変びっくりする項目。格差が拡大する懸念を持っている」と指摘。ネット上でも「際限なく低い賃金で働かされる」との批判が出ていた。・・・

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

こんにちは。

維新もみんなも、自分達の主張している政策を実施したら更なるhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2587%25E3%2583%2595%25E3%2583%25AC/" class="keyword">デフレに陥る事に何時になったら気付くのでしょうね。
それとも、構造改革命の彼等にとって、それで生じるhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2587%25E3%2583%2595%25E3%2583%25AC/" class="keyword">デフレなどは瑣末な問題なのでしょうか。
TVに出てきて、構造改革したら景気が上向くと発言している江田を見ていたら、確信犯と云うよりも宗教にハマっているような雰囲気を感じました。
橋下市長は、差し詰め宗教の教組になった気分なのでしょうね(笑)。
私が彼等の主張を信じるには、宗教に入信するくらいの覚悟が必要だと思いましたよ。
  1. 2012-12-12 11:23
  2. URL
  3. rikipep #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To rikipepさん
こんばんは。

維新教には、覚悟だけでは入信できませんよ。まずは、広報費100万円を耳そろえて用意しましょう(笑)。

人は見た目ではないですけど、江田は本当に気色悪いと思います。生気が無いと言うか、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2588/" class="keyword">カルト宗教の幹部みたいですよね。血の気の無い顔を見ていると、いつも思います。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%25B0%2591%25E4%25B8%25BB%25E5%2585%259A/" class="keyword">民主党の岡田みたいな(笑)。

  1. 2012-12-13 00:00
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する