2012-12-28 22:29

石原代表が安倍総理に論戦希望、無理無理(笑)

維新の会の石原代表は26日、衆院予算委員会で自ら質問に立ち、安倍晋三首相に論戦を挑む考えを示したそうだ。維新と野合していなければ歓迎できたが、憂国の志士も今は昔、暴走ボケ老人と化した石原に自民のお目付役は期待していない。

 

石原は「私が駄目出しをしていく」と意気込んでいるらしいが、安倍総理に論戦を挑んだところで結果は見えている。太陽の党として自民党を見守る頑固親父の喝ならば、安倍総理も耳を傾けただろう。しかし、攻撃する気なら安倍総理も手加減しまい。

 

呂律が回らずモゴモゴと持論を吐くしか能が無いくせに、心気充実する安倍総理に論戦を挑むなど無謀にも程がある。発言が聞き取れず、自民党席から失笑の声が漏れる様が目に浮かぶ。安倍総理から引導を受け取り、息子の前で醜態を晒すがいい。

 

その馬鹿息子・伸晃にしても、野党から吊し上げられることは確実だ。no-risuは伸晃なんぞ自民党から追い出すべきと考えており、予想していたとは言え入閣濃厚と聞いたときには溜息が出た。しかし、ポストを見て納得した。これなら許す(笑)。

 

伸晃が任命されたのは、環境大臣・内閣府特命担当大臣(原子力防災)だ。原子力防災を担当することで、維新以外の反原発野党から追及を受けることになる。反原発野党も、軽くてパーの伸晃なら喜んで論戦を仕掛けてくるだろう。

 

国会質疑では、旗色が悪くなると他の閣僚が助け船を出す場面がよくある。伸晃一人で戦えるわけがない。石原は馬鹿息子が売国野党に吊し上げを食らう様を見て悶絶したくなければ、無謀な論戦など挑まず大人しく安倍自民様にゴマすってろ。

 

安倍総理が「経済と復興最優先の危機突破内閣」を掲げたことについて、石原代表は「どうやって危機を突破するのか。自民党は国民から信用されていない」と開かない口で噛みついた。経済危機の突破方法なんて、聞いても理解出来ないくせによく言う。

 

失せろ石原。アベノミクスにオリンピック誘致は含まれていない。維新と野合し、貴重な保守政党「たちあがれ日本」を潰した罪は重い。嬉々として義経を後見するオメデタ老害は、赤絨毯でゲートボールかパターゴルフでもやってろ。

 

 

時事:安倍首相に論戦挑む=石原維新代表-各党反応

http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012122600782
 日本維新の会の石原慎太郎代表は26日、第2次安倍内閣が東日本大震災からの復興と経済再生を最優先課題とし、「危機突破」を掲げていることについて、「どうやって危機を突破するのか。自民党は国民から信用されていない」と指摘した。来年の通常国会への対応では「私が駄目出しをしていく」と、衆院予算委員会で自ら質問に立ち、安倍晋三首相に論戦を挑む考えを示した。国会内で記者団に語った。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する