2013-04-08 21:28

リスク管理の甘い会社はゴロツキに強請られる話

橋下市長は7日、週刊朝日が「橋下市長は正味偽言切れ」とした記事に激怒し、親会社もろとも人権侵害で裁判に訴えると発表した。驚いたことに、発端となった「DNA記事」をやり玉に挙げ、改めて謝罪と賠償を求めるそうだ。

 

自身のツイッターには、「朝日新聞グループと俺は、加害者と被害者の関係なんだ。これは俺が生きている限り、そして俺の子孫が生きている限り付きまとう。」と書かれている。「千年経っても被害者」と言った、韓国の女性大統領を彷彿とさせる。

 

まるでヤクザの因縁だ。完全に狂っている。橋下市長は「久しぶりに弁護士の血が騒ぐぜ!」などとアドレナリン全開の様子だが、弁護士ではなく親父のDNAが騒いでいるとしか思えない。示談済みの案件を蒸し返すとか、弁護士のすることかね。

 

 

維新の会公式HP、より抜粋

http://j-ishin.jp/

 

橋下徹:繰り返し言う。朝日新聞グループと俺は、加害者と被害者の関係なんだ。これは俺が生きている限り、そして俺の子孫が生きている限り付きまとうことだ。それだけのことをしたんだ。そこを忘れるな。もう一度、グループあげて、被害者への謝り方、償い方を研修しろ。いつもあんたらが紙面で言ってることだ

 

橋下徹:あまりにも朝日新聞グループは、自分たちのやったことに対する認識が甘いので、慰謝料請求します。

 

何年か前に、痴漢をでっち上げて慰謝料を巻き上げる、といった新手のオヤジ狩りが話題になった。DQN女が男性を痴漢に仕立て、示談金を巻き上げる犯罪行為だ。警察は女性の味方、争っても長期化は必死、泣き寝入りするケースも多かったとか。

 

ヘタに無実を潔白すれば、長期拘留されて仕事をクビになったり、家族が陰口叩かれたり、社会的に殺されかねない。しかも、痴漢を「していない」ことを証明するのは困難だ。一方、痴漢が「あった」ことを証明するのは簡単で、「触られた」と言えばOK。

 

それがウソであっても、ウソと証明することは不可能だ。ただの「勘違い」かもしれない。所謂「悪魔の証明」で、確信犯に基づく痴漢冤罪事件は悪質極まりない。この問題は「それでも僕はやってない」という映画にもり、知っている人も多いのではなかろうか。

 

この痴漢冤罪事件について、行政書士漫画の「カバチタレ」に面白い撃退方法が紹介されていた。手順は簡単。①被害届を提出させ、②巨額の慰謝料で示談を持ちかけて、③被害届を取り下げさせたら、④示談金の約束を反故にする、以上。

 

ポイントは、何が何でも提出された被害届を取り下げさせることだ。示談金を反故にされればDQN女はファビョるだろうけど、一度取り下げた被害届を再提出することは出来ない。では、示談金の約束を反故にしたことは問題にならないのか。

 

結論から言うと「問題無い」。明らかにウソと分かる約束は無効、信じる人がお馬鹿、それが司法判断であり社会の常識だからだ。商店街で買い物し、「はい100万両」とお釣りを返されて、本当に大判小判を渡されるとは思わないだろう(笑)。

 

一度和解すれば事件は終了、一件落着メデタシメデタシだ。もちろん、被害届の再提出禁止は本来もっと別の意味がある。しょうもない理由で被害届を乱用したり、何度も示談金をせしめる道具にしたり、要は悪用の防止だ。

 

週刊朝日の「橋下DNA記事問題」について、橋下市長と朝日新聞グループは明らかに示談が成立していた。週刊朝日は社長を更迭し、調査報告書を取りまとめ、公開の場で報告書を提出し謝罪した。橋下市長もそれで納得していたはずだ。

 

ところが、今になって橋下市長は「示談が成立したのではなく、オレ様が我慢してやっただけだ」と訳の分からない論理で蒸し返してきた。自己中心的な感情論、ルール無視の出鱈目、あまりにも卑怯、ヤクザの恫喝にも等しい蛮行だ。

 

全くもって容認し難い馬鹿げた言い掛かりではあるが、ゴロツキに付け入る隙を与えたのは朝日新聞グループのリスク管理の甘さでもある。具体的には、橋下市長との示談を書面にせず、口約束レベルで曖昧に処理してしまったことだ。

 

ある程度リスク管理を意識する会社なら、職員が交通事故を起こすなどすれば、被害者との示談承諾書をもって最終解決とする。後になって不当な要求をされないための自己防衛だ。しかし、朝日新聞グループは日本的曖昧さで幕引きを図った。

 

誰が見たって示談は成立していたが、事件終了を確認した書面などの物的証拠は無く、当人の心情など後からいくらでも偽装出来る。橋下市長はそこを利用した。何と言う悪徳弁護士。リスク管理の甘い会社がゴロツキに強請られる良い例だ。

 

ゴロツキに対して示談承諾書がいかに重要か、それは日韓関係を見ても良く分かる。韓国は未だに「歴史の反省と賠償」を求めてくるが、日韓には究極の示談承諾書、「日韓基本条約」が交わされている。もしも条約が無かったら、想像しただけで恐ろしい。

 

リスク管理について、「一々言われなくても分かっている」「うちに限ってその様な事態は起こりえない」「面倒臭い」などと軽視する会社は多い。橋下市長と朝日新聞グループの事例を他山の石として、今一度見直してみたらいかがだろうか。

 

なお、橋下市長は許し難いが、朝日新聞グループにも同情などしない。朝日新聞グループは、ゴロツキ韓国の立場を応援し、日本人に贖罪意識を受け付けることに邁進していた。贖罪を求められる立場になって、少しは己の悪行を見つめ直すがいい。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(5)

コメント

No title

朝日新聞グループの行為云々もともかくとして、しょうもない週刊誌にここまでしてかみつく橋下市長のあまりの程度の低さに呆れることしかできません。

この理屈でいけば朝日新聞出版と間違えてこき下ろした朝日出版やリストねつ造事件で徹底的に批判した労組に対して、この人は何度でも謝るんですかね。
少なくともこの2件について加害者は橋下市長ですよね。
ま、「自分には逆らうものは全て悪」のオレ様ルールですから謝罪なんてするわけないですけど。

橋下市長には裁判でhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%259C%25E3%2583%25AD/" class="keyword">ボロ負けし、程度の低い弁護士としての姿をさらしてもらいたいものです。
  1. 2013-04-08 22:22
  2. URL
  3. nanahoubijin #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To nanahoubijinさん
こんばんは。

全くその通りですね。週刊朝日のごとき便所紙にマジギレするとか、国政政党の代表として度量が足りませんよ。て言うと、度量の問題じゃない!なんて反論を頂戴しそうですが、度量の問題ですよ(笑)。

橋下市長はこれまでさんざ敵を仕立て貶めてきましたから、仰るとおり「子々孫々まで被害者と加害者」があちこちにいるはずで、いずれ自分に跳ね返ってくるでしょうね。

裁判でhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%259C%25E3%2583%25AD/" class="keyword">ボロ負けするかは分かりませんが、完全勝利にはならないはずで、実質勝訴程度ならすねに傷を残すことになるでしょうねぇ。

  1. 2013-04-08 22:38
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 どうなんでしょうか?私は彼のことをマスコミ対策は巧みと思ってきましたがいくら何でも世間に受け入れられるかね。
 週刊朝日が普段どんな記事を書いているかは知りませんが。いくら橋下嫌いの私でも、前回の記事はやり過ぎだった。人の出自をあげつらうのは人として最低の行為ですからね。だから、週刊朝日も全面降伏した。やりすぎな位。no-risuさんはリスク管理と言うけど、さすがに謝罪を受け入れたんだからいくら何でも首長、国政政党のトップが反故にするとは思わないでしょ。(皮肉を言ってあるのだと思いますが)また、口約束でも契約は成立だし、それを日本中が知っているわけだし。
 翻って今回の記事は、政治家の能力不足を批判しているのだから表現に問題があったとしても批判は政治の内容で返すべきで過去のミスをほじくり返すなんて器が小さい。また、彼の好きなラグビーのノーサイドの精神はどこに行ったの?すんだことを水に流さないとhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B9%25E3%2583%259D%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2584%25E3%2583%259E%25E3%2583%25B3/" class="keyword">スポーツマンらしくないよ。
 おまけに法的にも怪しいですよ。
 どうなんだろ。朝日の記事では無いですが最近焦りが見えるよ。橋下シンパの方に意見を聞きたいな。
 裁判で負けて弁護士としても無能だと証明されると痛快だけどな。多分全面勝訴は無いでしょ。ごり押しだもん
  1. 2013-04-09 01:22
  2. URL
  3. omede-taireb #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 連投恐縮です。忘れてました。彼の理屈を道理とするなら、もう週刊朝日は彼の批判を全く書けなくなるよ。だって、彼の主観で不愉快に思えば、昔のミスで訴えられるんだから。

 本当少し考えればおかしいってわかりますね。
  1. 2013-04-09 01:26
  2. URL
  3. omede-taireb #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To omede-tairebさん
こんばんは。

ネットを見渡す限り、橋下市長の訴訟騒動は圧倒的に支持されていて、私の様に批判的な意見は稀です。橋下市長が支持されているというよりも、朝日新聞が国民の恨みを買っていた、といった面も強そうですが。

>no-risuさんはリスク管理と言うけど、さすがに謝罪を受け入れたんだからいくら何でも首長、国政政党のトップが反故にするとは思わないでしょ。(皮肉を言ってあるのだと思いますが)

いまいち意味を掴みかねますが、書面で示談を完了するべきとは本気で言っています。国政政党のトップがまさか・・・!、なんてのは、典型的なリスク管理の失敗事例ですからね。

それと、口約束に法的拘束力は乏しいので、現実的には橋下市長の訴訟作戦はいい線いっていると思いますよ。だからリスク管理を徹底するべきなのです。

なお、追記に書かれている心配ですが、橋下市長は政策に関する批判ならOKと言っています。まあ、それでも主観が作用するでしょうけど、便所紙週刊誌にも反省すべき点は多いと思いますねぇ。


  1. 2013-04-09 20:21
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する