2013-04-11 23:35

西川議員「南京大虐殺は無かった」→メディア総スルー!

4月10日の衆院予算委員会は、教育関連の集中審議が行われていた。no-risuはたまたま一部をラジオで聞くことが出来て、それは自民党の西川京子議員の質疑だった。西川京子議員は、正しい歴史認識を備え行動する麻生派の保守系議員だ。

 

西川議員は歴史認識について相当重要な発言を行っていて、その歴史認識を基に現行の教科書検定に苦言を呈し、これに対し安倍総理や下村文科相は「その通りである」と、教科書検定のあり方について是正が必要との見解を示した。

 

マスコミ各社は一斉にこのことを取り上げ、安倍総理が教科書検定見直しに言及したこと、西川議員が自虐史観や従軍慰安婦問題を批判したことなどが報じられた。しかし、ネットで各社の報道を調べても、最も重要な部分が報じられていないのは何故だろうか。

 

西川議員が質疑に最も時間を費やしたのは、南京大虐殺の完全否定だった。虐殺が行われたとされる時期が実は平和だったこと、南京市の人口の推移等、一つ一つ証拠を挙げながら、南京大虐殺など存在しない、通常の戦闘行為のみ存在した、そう説明した。

 

そして、ありもしない南京大虐殺が、さも事実かの様に記述されている教科書を問題視し、だから教科書検定の見直しが必要だと訴えたのだ。なのに、西川議員の南京大虐殺に係る真実の暴露を取り上げたマスコミは皆無だ。

 

「南京の実相」という本がある。西川京子議員ら自民党有志が、南京に関係する一級歴史資料などを徹底的に調査し、南京大虐殺が存在しなかったことを証明し、それをまとめた報告書だ。本は英訳し、自費で米国の全560議員に送付している。

 

ネットでは結構有名な話で、西川議員も10日の質疑で一通り説明していたが、新聞やテレビが垂れ流す情報のみで生きる人達は誰も知らないだろう。もしも国会中継を見ても、何のことやら理解出来ないだろうし、興味すら示さない可能性が高い。

 

人は興味のある話しか耳を傾けない。だからこそマスコミ報道が重要で、文章にして読ませたり、興味を持つよう強調したり、有識者の意見を述べさしたりして、国民にきちんと情報を届けねばならない。もちろん「真実の情報」をだ。

 

今回教科書検定見直しを報じたマスコミ各社よ、伝えるべきは教科書検定見直しの検討ではなく、見直さねばならない理由ではないのか。よく「国民的議論が必要」と言うが、マスコミが理由を伝えずして、どうして国民が議論出来るのか。

 

国民の知る権利を理由に国民の代表者面するくせに、実際には知らせるべき事実を報じず、国民の知る権利を侵害する恥知らずな日本のマスコミ。いったいいつになったら、南京大虐殺が中国のプロパガンダに過ぎないことを国民に伝えるのか。

 

 

毎日:教科書検定:見直し検討 安倍カラー、チラッ 「仲間」が演出 靖国問題にも触れ

http://mainichi.jp/feature/news/20130411ddm005010149000c.html
 安倍晋三首相は10日の衆院予算委員会で、教科書検定制度をめぐり「愛国心、郷土愛と書いた改正教育基本法の精神が生かされていない」と不満を示すなど、保守系の「安倍カラー」をのぞかせた。ただ、参院選まで「安全運転」の方針から踏み込んだ答弁は避け、質問者の議員が保守色の演出に一役買った。
 首相は第1次政権の06年に手がけた教育基本法改正に触れ「日本の伝統と文化の尊重を書き込んだ」と強調。検定について「(記述を審査する)検定官にその認識がなかったのではないか」と指摘した。靖国神社への参拝問題についても「尊崇の念を表するのは国際的に当たり前だ」と持論を展開。ただ、首相は具体論への言及は避けた。第1次政権で「戦後レジームからの脱却」を掲げ支持が急落した経緯から発言は慎重な一方、保守層の期待をつなぐため「安倍流の改革メニューを示す」(側近議員)狙いがあるとみられる。
 代わって歴史認識に踏み込んだのは質問者で首相に近い西川京子氏(自民)と中山成彬氏(維新)。西川氏は従軍慰安婦問題で「教科書に看過できない記述がある」と「自虐史観」批判を展開。靖国参拝を促した中山氏は踏み込んだ答弁は求めず「首相は日本再建に大事な任務を背負っている」とエールで締めくくった。【小山由宇、光田宗義】

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

no-risuさん、

こんにちは

>国民の知る権利を理由に国民の代表者面するくせに、実際には知らせるべき事実を報じず、国民の知る権利を侵害する恥知らずな日本のマスコミ。

まずはマスゴミ関係者及び記者には国民の代表者面をするのは辞めて欲しいですよね。議員であれば選挙を経て選ばれたのでその集団の代表者と言えますが、そう言った過程を全然経てない彼らには国民の代表者面をする資格は全くありません。厚顔無恥も甚だしい(逆に言えば今のマスゴミ関係者たるには厚顔無恥でなきゃ務まらない?)。

淡々と余計な歪曲・偏向・編集ナシに事実だけを伝えればいいのです。それがあなた方の仕事でしょう。とは言っても、通信社自らが捏造と取られかねない報道をする(共〇通信社)くらいですから、彼らにとって「偏りない事実のみをしっかりと伝える」というのはかなりハードルが高い事かも知れませんが。

もし、今後も国民の代表者面したいのであれば、議員同様に「選挙」を行って、国民全員の任意投票で「不信任」を上回る「信任」を得る事ですね。勿論、そこで不信任が上回るような事態になれば放送免許取り消しでも良いと思いますが。そうなれば今のように歪曲・偏向・作為的不報道等やりたい放題報道する事も減るのではないでしょうか?
  1. 2013-06-06 13:06
  2. URL
  3. nyankomadara #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To nyankomadaraさん
こんばんは。

マスコミに自浄作用を求めても無駄なので、私達一人一人が賢くなるしかありません。そのためにはネットが極めて有効なのですが、どうにもネットの勢いが伸び悩んでいます。

それでも、私たちの武器はネットしかないので、私も微力ながらその一助になれば良いなぁ、などと分をわきまえぬ思いを抱いたりしながらブログを書いています。

なお、マスコミは所詮マスコミ、決して国民の代表者などにはなりえません。私たちは、いつのまにやらマスコミ様のイメージを植え付けられてきました。確かにマスコミの存在は重要ですが、そんな大層なもんじゃないです。

まあ、手っ取り早く憲法改正で表現の自由に制限を加えるのも手ですね。それを主張していたhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%2587%25AA%25E6%25B0%2591%25E5%2585%259A/" class="keyword">自民党は、早くもヘタレ気味ですが。

  1. 2013-06-06 20:22
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する