2013-04-12 20:36

納入者イジメ禁止法案にイオン岡田とユニクロ柳井が激怒(笑)

大手小売業者が消費税増税分の負担を納入業者に転嫁することを防止するために、政府が「消費税還元セール」と銘打った販売促進を禁止することに関し、イオンの岡田とユニクロの柳井が相次いで批判の声を上げた。ふざけんなゴミ共が。

 

納入業者に対する大手小売りの立場を利用した値下げ圧力は、大なり小なり必ず存在するものだ。しかし、中でもイオンの悪質な値下げ圧力は有名な話だろう。no-risuは、仕事で付き合いのある業者から、イオンに対する恨み節を何度も聞いている。

 

もちろん、1社や2社から聞いた話ではないし、遠い過去の話でもない。今も昔も、1次産業・2次産業・個人・法人、様々な人達からイオンの厳しい値下げ圧力と、それでも販売先として付き合っていくしかない苦悩を打ち明けられている。

 

柳井は「法律で何かすること自体理解できない。それで先進国かと思う」と批判したが、現実に納入業者を虐げる野蛮な大手小売り業者が存在する。国が是正するには法的根拠が必要で、法を作らせた自浄能力無き大手小売りを批判するべきだ。

 

その自浄能力無き野蛮な大手小売り代表、イオンの岡田は、「くだらない議論だ。不当な業者は、(独占禁止法などの)現行法で摘発すればいい」と憤慨した。盗っ人猛々しい。現行法での摘発が難しいことは、岡田が一番良く分かっているだろう。

 

大手小売りの圧力は狡猾で、法に触れないよう、言質を取られないよう、暗に示唆する方法で値下げを迫る。納入業者は空気を読み価格を下げ、「これでどないでしょ?」とお伺いを立てる。OKが出るまで、「自主的」に価格を下げるのだ。

 

そもそも、イオンやユニクロは何故批判せずにはいられなかったのか。消費税還元セールの禁止は、不当な値下げ圧力から納入業者を守ることが目的だ。納入業者イジメを行わない真っ当な企業であれば、禁止されたって何も困らないだろう(笑)。

 

セールをしたければ消費税還元でなくとも出来るわけで、岡田や柳井は納入業者を保護する法案だから反対しているとしか思えない。「増税分は納入業者に転嫁すればよい」と企んでいたのに、政府が禁止したのが気に入らないのだ。

 

ユニクロの納入業者は付き合いが無いので良く分からないが、大方、廉価版ユニクロとして展開を始めた「ジーユー」の納入業者を締め上げる予定だったに違いない。ユニクロ商品は自社生産だが、ジーユーは生産委託しているからだ。

 

いずれにしろ、わざわざ批判した理由は自社に都合が悪いからであることは間違いない。それはユニクロ柳井もイオン岡田も同じだろう。そして、消費税還元セールが法で禁じられても、必ず何らかの方法で納入業者に転嫁するはずだ。

 

増税分の値上げは消費者に受け入れられない、だからイオンやユニクロが消費者のために自社の売上減を覚悟する、そんなわけあるか(笑)。イオンもユニクロもいずれ値上げに踏み切るはずで、値上げしなければ必ず何かやましい裏がある。

 

法律は作っただけでは効果が薄く、厳格に運用されてこそ意味がある。大手の圧力で納入業者が犠牲にならないよう、国はくれぐれも監視を怠るな。特に、イオンやユニクロのごとき悪徳企業は、最優先かつ厳しく監視するように。

 

 

毎日:消費増税:ユニクロとイオン、価格据え置き 還元セール禁止「理解できない」「くだらない」

http://mainichi.jp/select/news/20130412ddm002010098000c.html
 「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長=は11日、来年4月に消費増税が実施された場合でも、税込み価格を据え置く方針を示した。イオンの岡田元也社長=も、増税時の価格転嫁は難しいとの見方を示した。
 柳井氏は東京都内で開いた13年2月中間連結決算発表の席で増税への対応を問われ、本体価格値下げなどで税込み価格を据え置く考えを示した。イオンの岡田社長も同日、記者団に「転嫁して顧客が受け入れる見込みはない」と述べた。
 一方、小売り大手などが消費税の価格転嫁回避のために納入業者に値下げを強制するような事態を避けるため、政府が「消費税還元セール」と銘打った販売促進を禁止することに関し、柳井氏は「法律で何かすること自体理解できない。それで先進国かな、と思う」と批判。岡田氏も「くだらない議論だ。不当な業者は、(独占禁止法などの)現行法で摘発すればいい」と述べた。【横山三加子】

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

No title

欧米での営業活動に携わってきましたが、どこでも公正取引の順守(不当廉売や優越的地位の濫用等の禁止)に相当に力を入れています。苦労していると言った方が良いかもしれないが、それを指して「先進国はそんなことをしない」というコメントは「誰も横断歩道を渡ってないじゃないか」というのと同じ論理ですね。もっとも欧州の付加価値税は20%前後だから還元セールなんて出来っこありませんでしたけどw。
  1. 2013-04-12 22:29
  2. URL
  3. ・Trinity #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ・Trinityさん
こんばんは。

「先進国」なんてのは、何の理由にもなりませんよね。欧米の実態は知りませんけれど、だいたい想像は出来ます。人間の社会ですからね。

大手の圧力に苦しむ納入業者、これは今も厳然とあるわけで、消費税云々以前に是正されるべきものでした。岡田に柳井、本当に許し難い事業者の敵ですよ。

奴らの様な、人の弱みに付け込む連中は大嫌いです。

  1. 2013-04-13 18:58
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

おはようございます。

ここ20年、「規制緩和」「構造改革」とバカの一つ覚えの様に叫ばれ、いまもなんとか会議でおんなじような議論が十年一日のように繰り返されてますが、要はこの様な政策は、柳井や岡田の様な品の無い利己主義者が自由に稼ぐことを許そうとするものでしかないと思います。

消費者の味方ぶって、その実強欲な利己主義者でしかないこの様な連中は許しがたいですし、そろそろ我々も「規制緩和」や「構造改革」なるものの正体に目を向けていかねばならないのではないでしょうか。
  1. 2013-04-15 08:14
  2. URL
  3. toshita1967 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To toshitahttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/1967/" class="keyword">1967さん
こんばんは。

私はよくアメリカの諺を引用しているのですが、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカには「柵を壊す前に、柵が作られた理由を考えよ」という諺があります。

日本では、いつのまにか「規制(柵)=悪いもの、悪の既得権益」にされていて、その規制が何故作られたかは議論されませんよね。

これはすごく危険な発想で、柵を壊して被害が発生してから後悔しても遅いんですよね。仰るように、規制緩和や構造改革の意味、正体に目を向けるべきだと思います。

  1. 2013-04-15 21:53
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To no-risuさん

>私はよくアメリカの諺を引用しているのですが、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカには「柵を壊す前に、柵が作られた理由を考えよ」という諺があります。

なるほど、その通りですね。
柵が作られた意味・・真の保守はこれを忘れないのだと思います。
  1. 2013-04-16 08:17
  2. URL
  3. toshita1967 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To toshitahttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/1967/" class="keyword">1967さん
こんばんは。

柵が作られた意味を考えるのは、保守とか思想云々以前の問題だと思います。

私は理系の人間なので、何事にも理屈を求める癖があって、理にかなわない意見には拒否感があるんですよね。

  1. 2013-04-16 22:44
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する