2013-04-14 20:25

朝日新聞や橋下市長らの歪んだ憲法観

憲法は国民が国家を縛るもの」、憲法論における通説らしい。

 

この通説に基づき、橋下市長は「国が憲法で国民に特定の思想を強制するべきではない」と、自民党憲法改正案を批判した。安倍総理が目指す愛国心や道徳心の強化に対する批判だが、何とも売国サヨク臭漂う発言である。

 

これに「その通り!」と賛同したのが、週刊朝日問題で橋下市長に毛虫のごとく嫌われている朝日新聞だ。4月11日の天声人語で橋下市長の主張に賛同し、自民党を批判するとともに、「論の異なる維新は自民と協力すべきでない」と牽制した。

 

橋下市長と朝日新聞の憲法論は、なるほど学問的には正しいのかも知れない。憲法の前文を読むと、確かに「憲法は国民が国家(権力)を縛るもの」と解釈できる。しかし、だからといって憲法が国民を縛ることを全否定できるのだろうか。

 

お利口な橋下市長や朝日新聞は、「憲法論のイロハのイ」と鼻で笑うのだろうが、no-risuは憲法論など屁とも思っていない。なんぼのもんじゃい。無知を晒して言うのもなんだが、そもそも憲法論なんて学問は、ありがたがるほど重要な代物なのか。

 

日本の憲法はアメリカに押しつけられた憲法で、制定後はただの一度も改正したことが無く、改正するどころか改正の是非を議論することすら許されなかった現実を考えたとき、憲法学者が何か国民に益を成す研究成果をあげた実績はあるのかね。

 

通説、だから何だ。憲法学を知らないno-risuに通説など意味を成さない(笑)。第一、この通説は日本国憲法には当てはまるけれど、諸外国には当てはまらない国が多い。欧州などいくつかの国では、「神が国民を縛る」なんて前提で作られたていたりする。

 

つまり、橋下市長や朝日新聞の「通説」とは日本国憲法学上の通説で、比較憲法学(なんてのがあるか知らないが)では通用しない。別にそれはそれで構わないけれど、橋下市長や朝日新聞は「グローバル」「国際社会」が大好なのだろう?。

 

だったら憲法もグローバルスタンダードで語り、安倍自民の憲法改正案は国際的に見れば何も問題無いこと、むしろ日本の憲法こそ異質であること、憲法9条なんて国際常識からかけ離れたクレイジーな条文は即刻破棄すべきこと、等を議論すれば良い(笑)。

 

だいたい、「憲法は国民が国家を縛るもの」何て通説は本当に正しいのかね。国民が国家を縛る権利を担保するものが憲法ならば、権利と表裏一体の義務が存在するわけで、だから納税・勤労・教育の三大義務が課されているのではないか。

 

納税・勤労・教育は、国民が国家権力を縛るための道具か(笑)。もちろん逆で、三大義務は明らかに国民を縛っている。どうして憲法に義務の定めがあるか。答えは簡単、三大義務が公に資するからで、公の精神が結果的に国民の権利を守るからだ。

 

国益を守る為の勤労、公助を成すための納税、社会で生きていくための教育、国民一人一人が国を発展させ、助け合い、社会のルールを守る。社会が正常に機能してこそ権利が守られ、、そのために三大義務が課され、背景には公の精神がある。

 

憲法学者でなくとも簡単に理解出来る理屈だ。ところが、明文化されていないことをいいことに、橋下市長や朝日新聞の様に権利ばかり主張する馬鹿がいて、安倍総理は仕方なく、馬鹿でも分かるように、愛国心や道徳心を明確化しようとしているのだ。

 

憲法は国民が国家を縛るものではあるが、公の精神によって国民が縛られるものでもある、それがno-risu的な憲法の「通説」だ。国民が縛られることを認めねば、憲法の存在意義が失われてしまう。しかし、朝日新聞は徹底して権利のみを主張する。

 

だから天声人語は支離滅裂だ。何と、朝日新聞は「国民に憲法を尊重する義務は無い」と主張している。その根拠は99条で、「天皇、大臣、国会議員、公務員は憲法を尊重せよ」と書かれているからで、「国民」が含まれていないからだ。

 

国民の為に作られた憲法を、国民が尊重しない、そんな馬鹿な話があるか(笑)。ところが朝日新聞は、自民党が国民に憲法を尊重させようとしている、けしからん!、と抗議しているのだ。権利に偏重するあまり、完全に論理が崩壊している。

 

朝日新聞や橋下市長は、きっと大層な憲法学を勉強して知識も豊富なのだろう。なのに、どうしてこう彼らの主張には説得力が感じられないのか。説得力どころか、素人のno-risuが「奴らは馬鹿ではあるまいか」と疑念を抱く羽目になるのか。

 

そして、「芦部信喜も知らないのか(笑)」と嘲笑された、安倍総理の憲法観こそがストンと腑に落ちるのは何故か。分かりきっている。自分に都合良く憲法を利用する卑怯者達と、自分より公を優先する常識人、心の透明度が違うのだ。

 

朝日新聞や橋下市長の憲法観は歪んでいる。何故歪んでいるか、それは彼らの心が我欲や特定の主義主張により汚れきっているからだ。特に朝日新聞、今回の天声人語は殿堂入りクラスの酷い内容だ。よくチェックが通ったな。

 

 

朝日新聞:天声人語(4月11日)

http://www.asahi.com/paper/column.html
 常識的な見解である。日本維新の会の橋下共同代表が9日、みずからの憲法観を所属議員に語った。維新の会の説明によれば、おおむね次のような内容だった▼「憲法というのは権力の乱用を防ぐもの、国家権力を縛るもの、国民の権利を権力から守るものだ。こういう国をつくりたいとか、特定の価値を宣言するとか、そういう思想書的なものではない」▼
 憲法とは何なのかというそもそもの問いへの通説的な答えである。橋下氏は説いた。「きちんとした憲法論を踏まえなければいけない。国会での議論を聞いていると大丈夫かなと思う」。基本的な教科書も読まずして憲法を論じるべからず、と▼
 その通りだと思いつつ新たな疑問が湧く。憲法改正を進める点では同じ自民党憲法観と橋下氏のそれは、互いに相いれないのではないか。橋下氏のいう立憲主義的な発想は公明党民主党なども共有するが、自民党はかなり異質である▼
 憲法は国民が国家を縛るもの、法律は国家が国民を縛るもの。向きが逆さになる。そのことは憲法99条が象徴的に示している。天皇、大臣、国会議員、公務員には憲法を尊重擁護する義務があるが、国民には課されていない。ところが自民党の改正草案は国民にも尊重義務を負わせる
 自民党は憲法で何かと国民を縛りたがる。家族は互いに助け合えなどと個人の領域に手を突っ込みたがる。こうしたそもそも論の違いを残したまま双方が改憲で手を組むというなら、質(たち)の悪い冗談というほかない。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

No title

こんばんは
改憲案のhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%259B%25BD%25E6%25B0%2591%25E6%258A%2595%25E7%25A5%25A8/" class="keyword">国民投票で賛成70%だったらこの新聞社は看板を下ろすのでしょうかね。投票率60%だから賛成は42%だ!って言うのでしょうね、多分。
昔、天声人語が入学試験で引用された時代があった(今も?)かと思うと、うすら寒くなります。

  1. 2013-04-14 21:22
  2. URL
  3. ・Trinity #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ・Trinityさん
こんばんは。

私は高校生の頃、親が購読していたため朝日新聞をよく読んでいました。受験シーズンの度に、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25BB%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E8%25A9%25A6%25E9%25A8%2593/" class="keyword">センター試験や大学入試試験で「朝日新聞から〇〇回引用されました!」、なんて宣伝文句が書かれていましたよ。

たぶん、現在でも似たようなものだと思います。思想の偏りは酷くても、クオリティーは高いですからね。

改憲に対する朝日の姿勢ですが、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%258F%2582%25E8%25AD%25B0%25E9%2599%25A2/" class="keyword">参議院選挙で本当に改憲が争点となり、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%2587%25AA%25E6%25B0%2591%25E5%2585%259A/" class="keyword">自民党が圧勝すれば、少しは論調が変ると思います。ただし、変るのは朝日だけでしょうね。他のゴミサヨク新聞は何も変らないと思います。

  1. 2013-04-14 21:50
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>朝日新聞は「国民にhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法を尊重する義務は無い」と主張している。その根拠 は99条で、「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25A4%25A9%25E7%259A%2587/" class="keyword">天皇、大臣、国会議員、公務員はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法を尊重せよ」と書かれて いるからで、「国民」が含まれていないからだ。

この理屈でいえば朝日新聞の大好きなhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法9条や11条(http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%259F%25BA%25E6%259C%25AC%25E7%259A%2584%25E4%25BA%25BA%25E6%25A8%25A9/" class="keyword">基本的人権)、25条(生存権)も国民は尊重する必要がないということになります。
そもそもhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法改正は最後はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%259B%25BD%25E6%25B0%2591%25E6%258A%2595%25E7%25A5%25A8/" class="keyword">国民投票で決まるんですから、国会議員の賛成が2/3であろうが過半数であろうが、国民が改正の必要はないと思えば変わらないですよね。
結局のところ、左翼メディアは自分たちの主張が少数派であると思っているから反対しているということがよくわかります。さらに自分たちの正しい意見を国民は判断できないのだと断じて衆愚扱いをしているだけですね。

普段の主張との矛盾も甚だしいですね。
  1. 2013-04-15 00:03
  2. URL
  3. nanahoubijin #79D/WHSg
  4. 編集

No title

おはようございます。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法というのは権力の乱用を防ぐもの、国家権力を縛るもの、国民の権利を権力から守るもの」ではありません。それならば、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法を成文化していないhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%258B%25B1%25E5%259B%25BD/" class="keyword">英国は「権力の暴走」を許しているのか、ということになります。

英国の場合は、11世紀のマグナカルタ以来培われた慣習や判例、議会決議の集合体が憲法とされて、議会が法律を制定することにより、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法的事項を制定、変更することが可能です。2007年に、時の労働党政権がhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法を成文化しようという動きがありましたが。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法もまた議会が制定する法律の一つです。当然、国民には尊重擁護する義務が生じます。「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法で国民を縛るな」というならば、あれだけ大騒ぎした「一票の格差」裁判は何だったのでしょうか。

朝日新聞や橋下氏の主張は、権利だけを声高に叫んで義務を果たそうとしない、聞き分けのない子供の言い分の様です。

  1. 2013-04-15 09:57
  2. URL
  3. cn2100 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To nanahoubijinさん
こんばんは。

>この理屈でいえば朝日新聞の大好きなhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法9条や11条(http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%259F%25BA%25E6%259C%25AC%25E7%259A%2584%25E4%25BA%25BA%25E6%25A8%25A9/" class="keyword">基本的人権)、25条(生存権)も国民は尊重する必要がないということになります。

国民は尊重しないけど、政府は尊重せよ、という理屈ですね。立法府にさえ尊重させれば、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法改正できませんからねぇ。

>自分たちの正しい意見を国民は判断できないのだと断じて衆愚扱いをしているだけですね。

これ、橋下市長も全く同じことを言っているのですが、どうなんでしょうね。おそらく、朝日新聞らに聞けば「国民の意見と我々の思いは同じだ」と言い張ると思います。

で、おそらくは本心からそう言うと思うんですよね。彼らは不都合な現実を認めませんし。思うに、国民の判断力を信じていないのではなく、国民に判断させる段階にまで進めることが許せないのでしょう。

沖縄の基地問題でもよく見られる主張です。


  1. 2013-04-15 21:38
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To cn2100さん
こんばんは。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法もまた議会が制定する法律の一つです

これ、私もすっごく気になっていました。仰る様に、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法もある種の法律だと思うのですが、お利口さんの橋下市長や朝日新聞の論調をみるに、どうやら法律と憲法は似て非なるものらしいのです。

確かに、憲法の前文や条文を読めばその通りの様にも思えるのですが、どうにも違和感があるんですよね。何故違和感を感じるかと言えば、それが極めて特異な存在だからだと思うのです。

世界的に見ても異質、日本の法律の中でも異質、そんなhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2597%25A5%25E6%259C%25AC%25E5%259B%25BD%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">日本国憲法の扱いについて基本から逸脱して、自分の都合の良い様に解釈している様に見えるからなんですよね。

まあ、それが学問上正しいと言われればそれまでかもしれませんが、私は納得できませんねぇ。

  1. 2013-04-15 21:49
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

最初に、私は左翼ではありません。

橋下氏の憲法についての発言は、ごくごく常識的なことを言っているのに過ぎないと思っていましたが、ここまで右翼的な方々が反応するとは、正直驚きです。

たしかに、憲法と法律は似て非なるものです。

欧米諸国の憲法とhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2597%25A5%25E6%259C%25AC%25E5%259B%25BD%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">日本国憲法を比べて、「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法は国家を縛る」という考えは日本だけに通用するものだという論旨は、乱暴すぎます。

明文http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法と(http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AE%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B9/" class="keyword">イギリスなどの)不文憲法の違いを理解していない発言です。

多くの日本人が思考停止になり、おもしろおかしく書いた文章に群がるのをみて、日本の将来に危惧を覚えます。
  1. 2013-05-04 15:27
  2. URL
  3. sakai0820 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sakai0820さん
おはようございます。

>最初に、私は左翼ではありません。

いや、サヨクでしょう。隠しているか、自分で気がついていないだけです。

>橋下氏の憲法についての発言は、ごくごく常識的なことを言っているのに過ぎないと思っていましたが、ここまで右翼的な方々が反応するとは、正直驚きです。

「右翼的な方々」って何ですか?、私やコメントした方々も含まれているのですか?。

>たしかに、憲法と法律は似て非なるものです。
>欧米諸国の憲法とhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2597%25A5%25E6%259C%25AC%25E5%259B%25BD%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">日本国憲法を比べて、「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法は国家を縛る」という考えは日本だけに通用するものだという論旨は、乱暴すぎます。

このエントリーのどこに「日本だけに通用するもの」なんて書いてありますか?、もう一度よく読んでください。

>明文http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法と(http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AE%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B9/" class="keyword">イギリスなどの)不文憲法の違いを理解していない発言です。

比較しているわけではないので関係ないでしょう。

>多くの日本人が思考停止になり、おもしろおかしく書いた文章に群がるのをみて、日本の将来に危惧を覚えます。

「おもしろおかしく書いた文章」、ですか。私のブログのことなんでしょうが、まったく、最初から最後まで失礼な人ですね。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2586%25B2%25E6%25B3%2595/" class="keyword">憲法を語る前に、最低限のマナーを身につけたらいかがですか(笑)。

  1. 2013-05-06 04:08
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する