2013-06-10 22:18

テレビ産業:破綻の階段3D4K8K

すっかり斜陽産業と化した国内家電メーカーのテレビ事業だが、完全に息の根が止まる日も近そうだ。愚かにも、業界は早くも次世代高性能「8K」テレビの開発を決め、2020年のオリンピックを照準に巻き返しを図ろうと計画しているらしい。

 

J-cast:スーパーハイビジョン「8K」2020年放送開始 消費者「テレビまた買い替えか」の冷たい反応

http://news.livedoor.com/article/detail/7750401/

 

断言するが、8Kテレビなんて絶対に売れない。消費者のニーズを考えず、ニーズを喚起するコンテンツも生み出さず、ハードの性能だけ高めたって見向きもされまい。自慰行為に等しい研究に資金を注ぎ込み、生産ラインに投資するなど自殺行為である。

 

8Kテレビ最大の売りは「画面の美しさ」だ。「その場にいるかのごとき臨場感」を感じるらしい。しかし、ハイビジョンが登場したときも同じ売り文句だった。水しぶきの水滴が見える、髪の毛1本1本、毛穴まで見えると宣伝し、確かに美しい画像が映し出された。

 

現行最新機種の「4Kテレビ」は、フルハイビジョンの4倍の画素数だ。人間が違いを認識出来る水準を超えている。8Kテレビは、すでにオーバースペックの4Kテレビよりさらに高画質、スーパーハイビジョンを実現する予定だ。もはや趣味の領域である。

 

高性能なら売れる、家電業界はこの誤った認識をいつまで経っても改めない。デジタルカメラや家庭用ゲーム機が似たような失敗でボロボロになり、テレビ業界も3Dテレビと4Kテレビではっきり失敗しているのに、8Kテレビにすがるなど愚の骨頂だ。

 

高性能は確かにニーズを喚起する要素の一つだが、あくまで要素の一つに過ぎない。そして、高性能だけでは消費者に購入を決断させる要素として不十分だ。だから、地デジ移行といった強制でもなければ、消費者の多くは壊れるまで買い換えない。

 

かつて、テレビは家電の三種の神器に数えられた。物が消費者のライフスタイルを作った時代だ。人はテレビを買うために金を稼ぎ、部屋のレイアウトもテレビに合わせて考えた。しかし、現代はライフスタイルが多様化し、消費者が物を選ぶ時代になった。

 

消費者が物を選ぶ時代になったのに、家電メーカーは古くさい発想に囚われ続け、だから消費者に選ばれず、売れない売れないと嘆いている。求められているのは、多様なライフスタイルに合わせた商品作りと、良質で多彩なコンテンツの育成だ。

 

例えば、家電量販店のテレビ売り場を眺めたとき、陳列されたテレビは大きさが違うだけで、基本的には全て同じに見える。四角い画面、色は黒、本体を支える低い台。これじゃ消費者はときめかないし、遊び心もくすぐられない。要は「つまらない」。

 

店員の説明はもっぱら「性能」だ。黒の発色が美しいだの、ハードディスク容量がどうだの、消費電力がどうだの、そんな説明はすでに購入を決めている客にのみ通用するセールストークだ。必要なのは、客のライフスタイルに寄り添った提案である。

 

ところが、家電メーカーは多様化するライフスタイルに対応した商品を生み出さず、店員は提案したくても提案できず、性能は十分過ぎるほど高く、消費者は価格くらいでしか選べず、購入するにしても店で見てネットで買う「ショールーミング」が定着しつつある。

 

そしてコンテンツだ。こちらは言うまでも無いと思うが、テレビ局任せにした結果が現在の惨状である。コンテンツは死活問題なのだから、自ら企画を提案するも良し、株式を買い取って影響力を発揮するも良し、何でも良いから番組作りに介入するべきだ。

 

「そんな余力は無い」?。あるだろ。8Kテレビの研究開発に注ぎ込む金を回せば良い。業界で一丸となれば、そこそこまとまった金額が集められるはずだ。このまま新たな手を打たず、8Kテレビの藁にすがれば、テレビ産業は間違いなく溺れ死ぬぞ。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

 毛色の違う話題ですね。飛びつきますよ。
 ハイビジョンが出端の頃、当然家庭で買えるものではなく、100万単位で、基本お店で展示しかなかったときに見て(確かブラウン管若しくはプラズマそのころ液晶はなし)で、毛穴まで見えるじゃん。ちょっと高齢の女優さん将来困るよなって思ったものですが、今普及すると慣れの性もあるけど、毛穴が目立たない。実は、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25A2%25E3%2583%25AA/" class="keyword">タモリ倶楽部でやってたけど化粧もハイビジョン対応でより毛穴をつぶすのだそうな。ハイビジョンの意味無いじゃん。てな具合に人間の受け入れられるスペックはある線を越えると固まるようです。私は、普通の人より家電マニアで、購入時にはできるだけフラッグシップ機の型落ちを買うなど数字にこだわる方ですがそれでも8Kはやり過ぎでしょう。私は居間に50型、寝室に37型と部屋に比してオーバースペックな環境ですが、ハイビジョンでも50型でやっと粗が認識できるなってぐあいだから4Kを生かすには100型ぐらいいるでしょう。8Kなら200型かよ。ってなぐあいに日本の部屋の状況にあいません。
 ゲーム機もそうなんだが、昔はファミコンからスーファミなど、ゲーム機の性能が限られていたから、性能の向上http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB/" class="keyword">イコールゲーム内容の向上だったのだけど、PS2位から大抵のことが出来るようになったためhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/PS3/" class="keyword">PS3のソフトは画像がいいだけでPS2のソフトがいいと言うことは多々ある。
 で、基本性能はメインの要素ではなくて、おまけの付加価値になりつつある。(それは性能がいいに越したこと無いから)
 性能よければ価格も上がり売れて利益も上がるという幻想を捨てないと、やばいよ。
  1. 2013-06-11 01:30
  2. URL
  3. omede-taireb #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To omede-tairebさん
こんばんは。

SonyがPS4を発表しましたが、こちらも没落まっしぐらでしょうねぇ。

さて、家電マニアでしたか。8Kテレビもいかがですか?(笑)。私は必要最低限しか揃えないので、テレビも30型の1台きりです。テレビはつまらなくなりましたし、1台で十分です。芸人番組やニュースを高画質大画面で見ても仕方ないですし(笑)。

家電と言えば、白物家電はハイアールが比較的日本で受け入れられていますよね。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国メーカーにしては珍しく。あれこそライフスタイルを意識した遊び心あるラインナップの威力で、日本のメーカーもあれくらい(できればもっと、もっと)自由に商品を作れれば良いのにと思います。

ただ、今回はテレビに照準を絞りましたが、日本のメーカーは業種を問わず似たような傾向がありますね。家でも家具でも食料品でも。徐々に改善されていますけど、淘汰も進んでいて、家電メーカーもこのままなら行く末はくらいですねぇ。

  1. 2013-06-11 20:19
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To no-risuさん

 総論として、全く正しい認識ですね。PSの場合でもhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/PS3/" class="keyword">PS3はPS2の莫大なコンテンツを使えしかもハイビジョンにつながるので、買おうとしていた矢先、PS2機能が無くなっちゃい今でも買ってません。PS4でPS2が動くなら買いますがどうやらダメのようだしhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/PS3/" class="keyword">PS3さえ動かない様子。どうやらタブレットの連携とかが強化されているようですけどそんなのどうでもいい。
 確かに当時は互換性持たせるためにちっちゃなPS2が入っているというぐらいコストがかかり1台8万前後は高すぎでしょうが、今は技術革新も進んでるから安くできるはずで、是非復活してくれないかな。

 でやっぱり、必要なのはソフトウェアなんですよね。総じて日本企業はそれを無視する傾向があるのは、お見込みの通り。それから脱却しないと先行きは明るくないですね。

 でもマニアとしては無駄な機能に拘ることも捨てたくはないですね。
  1. 2013-06-12 01:48
  2. URL
  3. omede-taireb #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To omede-tairebさん
こんばんは。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/PS3/" class="keyword">PS3に移行したとき、SONYは自らソフト部門を大幅に縮小したんですよね。せっかく人気ゲームを多数生み出していたのに、PS2大ヒットのおごりで目が曇っていたとしか思えません。

で、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/PS3/" class="keyword">PS3の性能にソフトメーカーも製作費が重くのしかかり、相次いで脱落し、現在の極めて偏ったゲーム市場に転落してしまいました。結局、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/PS3/" class="keyword">PS3は価格競争頼みで値下げしすぎて売れば売るほど赤字の悪循環。終わりの始まりでしたねぇ。

機能に対するこだわり、それはあってもいいと思うんですよね。性能重視だけじゃあまり売れないというだけで、購買意欲を掻き立てる重要な要素には違いありませんし。

  1. 2013-06-12 19:54
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する