2013-06-25 21:17

子供は反戦活動の道具

no-risuは高校の修学旅行で広島に行った。小学生の時にも行ったから2度目だ。原爆ドームと資料館の見学、戦争体験者のありがたいお話を聴講、平和公園で自由時間、お楽しみは夜だけ(UNO・枕投げ・脱走)というありふれた修学旅行だった。

 

もうほとんど覚えていないけれど、一つだけハッキリ覚えていることがある。戦争体験者の話を聞いた後に、no-risuは静まりかえった会場の大ホールに一人起立した。生徒400人を代表して、戦争体験者のお婆さんに「講話の感想とお礼」を伝えたのだった。

 

純朴な高校生の感謝の言葉を聞いて、お婆さんは嬉しそうに頷きながら目頭を押さえていた。チョロいもんである(笑)。申し訳無いが、no-risuは欠片も感謝していなかった。戦争体験者の話に興味も無かったし、選ばれたから渋々読み上げただけである。

 

そもそも、感想とお礼の文言は事前に作成を済ませていた。当日のアドリブで万が一にも失敗できないから、あらかじめ講話内容を推測し、「体験者の話を聞かなければ分からなかった」とか「未来に語り継がねばならない」とか、適当な感想文を創作したのだ(笑)。

 

聴講中は、創作礼状の内容に矛盾が生じないか、そればかり気にしていた記憶がある。もちろん引率教師の公認だ。事前と事後に、「良く出来ている」とお褒めの言葉も頂戴した(笑)。世の中そんなもんだ。ガキは戦争や平和の意味など考えない。

 

6月23日に開催された沖縄全戦没者追悼式で、与那国島の安里有生君(小学1年生)が平和の詩「へいわってすてきだね」を朗読した。

 

マスゴミは感涙するジジババの様子を報じ、朝日新聞などは「あどけなくもきっぱりした言葉が、大人の心を洗うように届けられた」「平和という言葉についた手垢(てあか)を、小さな詩人に洗い流してもらったような気になった」と感心しきりだ。

 

朝日:天声人語(6月25日)

http://www.asahi.com/paper/column.html

 

オメデタイ連中である。小学1年生に戦争や平和の意味など理解出来ない。反戦サヨクの連中が、自分達の主義主張に利用する目的で、遊びたい盛りの小学1年生を政治色濃い反戦集会に引っ張り出し、安里君は訳も分からず心にも無い詩を読まされたのだ。

 

動員された小学生の詩を聞いて感動するとか、反戦サヨクは何と自己中心的なクソ野郎共であることか。反原発集会などでも見られるが、反日サヨクが子供を利用する様には反吐が出る。連中の頭には、子供達の意思・人権を尊重するという発想が無い。

 

反戦・反核の為なら何をやっても許される、自分達の主張は正しいに決まっている、そう信じて疑わないから、子供を利用しているとは考えないし、まして苦痛を与えているなんて夢にも思わない。客観的に見れば明白でも、奴らにとって主観がこの世の全てだ。

 

下は安里有生君が朗読した詩、「へいわってすてきだね」の書き起こしだ。原文は平仮名偽装され読みにくいので、no-risuが漢字に書き直した。よ~く読んで欲しい。小学1年生に書ける詩だろうか。もし本当に書いたのなら、安里君は詩の天才である。

 

毎日:沖縄慰霊の日:安里有生君が朗読した詩 「へいわってすてきだね」

※原文は全て平仮名
http://mainichi.jp/feature/maisho/news/20130625kei00s00s014000c.html

 平和ってなにかな。僕は、考えたよ。お友達と仲良し。家族が、元気。

 

 笑顔で遊ぶ。猫が笑う。お腹がいっぱい。山羊がのんびり歩いてる。

 

 喧嘩してもすぐ仲直り。


 平和っていいね。平和って嬉しいね。みんなの心から、平和が生まれるんだね。
 

  戦争は、恐ろしい 「ドドーン、ドカーン。」 爆弾が落ちてくる怖い音。

 

 お腹が空いて、苦しむ子供。家族が死んでしまって泣く人達。
 

 ああ、僕は、平和な時代(とき)に生まれて良かったよ。

 

 この平和が、ずっと続いてほしい。みんなの笑顔がずっと、続いてほしい。

 

 平和って素敵だね。
 

 これからも、ずっと平和が続くように 僕も、僕のできることから頑張るよ。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

no-risuさんへ・・・・

戦争って悪い事でしょうか?http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベットは内部に裏切り者がいて、中国と戦争も出来ずに占領されて奴隷にされています。

文明国の占領と違ってhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD%25E5%2585%25B1%25E7%2594%25A3%25E5%2585%259A/" class="keyword">中国共産党の身の毛もよだつ占領ではhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588/" class="keyword">チベットの僧が焼身自殺を100人以上してますが、中には息がある者もいます。それを占領してる中国の公安警察が蹴る殴るをして殺します。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B9/" class="keyword">スイスのように国民皆兵で、戦争を仕掛けよとする相手国に、したらこちらは相当の対価を払わせるという姿勢でいる事が理想じゃないですか。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B9/" class="keyword">スイスだけがhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25A8%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2583%2591/" class="keyword">ヨーロッパ大陸での戦争惨禍に捲き込まれなかった話は有名です。

戦争などしたい人間はいませんが、戦争で自国民の欲望を満足させたい政治家は過去も現在もhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%259C%25AA%25E6%259D%25A5/" class="keyword">未来も多くいるでしょうね。
  1. 2013-06-27 16:25
  2. URL
  3. siseinotamikusa #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To siseinotamikusaさん
こんばんは。

戦争は善とは言えません。殺し合いですからね。しかし、悪でもありません。戦争とは、互いに正しいから起こるものです。国や文化や宗教が違えば、それぞれの正義も異なり、正しいことを守るために戦争が起こるんですよね。

中国の蛮行も、私達先進国国民から見れば言語道断ですが、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国政府にとってはあれが正しいことなわけです。問題は、正義を押し付けられたり、理解させようと勝手な圧力を掛けられたりしたときに、主権国家として毅然と対峙できるかです。

そのために軍隊など脅しに屈しない武力が必要になります。日本が強力な軍隊を持っていれば、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国も現在のような暴挙には出られないはずです。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B9/" class="keyword">スイスの様になりたければ、核武装が手っ取り早いと思います。

で、支持率目的に線をしたがる政治家は、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国といえどもそうはいないと思いますよ。戦争したがる政治家は、国民より金が目的だと思いますねぇ。

  1. 2013-06-27 19:51
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する