2013-07-29 22:53

朝日新聞とネトウヨの違い

23日の朝日新聞朝刊に、北京支局記者の興味深いコラムが掲載されていた。北京からワシントンに出張し、空港の入管で中国人女性が一悶着起こし、それに巻き込まれたらしい。記者は、「2つの超大国に挟まれた日本、日米中の縮図を見た」と感想を書いた。

 

事件の概要はこうだ。

 

入国審査の順番待ちをしていたら、前に並んでいた中国人女性が入管職員に何事かまくし立てている。入管職員は入国目的を確認したいだけなのだが、中国人女性は英語が話せず、職員は確認が出来ないから入国を認めることが出来ず、それに中国人女性が激高した。

 

要は中国人女性の逆ギレで、困った職員は「誰か通訳してくれ」と旅行者に呼びかけた。中国人女性には仲間の中国人がいたが、誰も英語を話せないらしく、しょうがないから朝日記者が通訳を買って出た。そして、以下の様なやり取りが交わされた。

 

中国人女性 「%#$&”`・・・!」

朝日記者 「ハーバードに留学中の息子に会いに行くそうです。」
入管職員 「それだけの理由で1ヶ月半の滞在予定は長すぎるのでは?。」

 

中国人女性 「%#$&”`・・・!!!」

朝日記者 「弟も住んでいるので会いに行くそうです。」
入管職員 「唐突に弟の話が出るとか、ますます怪しい。」

 

そして、記者が女性に入管が納得しない旨を伝えると、「あんたの通訳が下手くそだから悪い」と怒りだした。とんだとばっちりで、これに記者は「日米中の縮図を見た」と感じたらしい。

 

さらに、問題が片付き自分が審査を受ける番になったとき、先の中国人女性が「あの日本人のせいで・・・」と仲間に話しているのが聞こえてきた。一方、入管職員には「あなたは日本人でしたか、先ほどはありがとうございました」と感謝されたそうだ。

 

朝日記者は、これにも「日米中の縮図」を感じたそうだ。野蛮な中国に手を焼く米国中国を助けても恩を仇で返される日本、日本を冷静かつ好意的に理解してくれる米国、まさに縮図である。朝日記者の感覚は極めて正常だ。

 

ネトウヨから朝日新聞は代表的な売国メディアと評されているが、このコラムについては同意する人が多いだろう。おそらく、朝日新聞で働く人間の多くはネトウヨと似たような中国観を持っている。では、どうしてネットと朝日新聞ではああも意見が違うのか。

 

朝日新聞とネトウヨの違い。改めて聞かれると答えに窮するかもしれないが、話は簡単だ。

 

同様のシチュエーションに遭遇したとき、朝日新聞なら性懲りも無く中国人を助け、ネトウヨは恩を仇で返す野蛮人など助けない。そして、助けないネトウヨに朝日新聞が苦言を呈し、ネトウヨは朝日新聞の親中・媚中姿勢を批判し、両者の溝は決して埋まらない。

 

朝日新聞はおぞましい友愛精神で中国に手を差し伸べ、ネトウヨは行動に合理的理由を求める。もっと簡単に言えば、朝日は感情的でネトウヨは論理的、朝日は博愛馬鹿でネトウヨは常識人、ということだ。これが、朝日新聞とネトウヨの違いである。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(5)

コメント

No title

To yamanokawaさん
こんばんは。

「朝日のコラムは「日本一ひどい!」と自覚・理解する者にとって、朝日のコラム・社説は大変素晴らしいものです。敵の情報は、敵こそが持っているものですからね。

で、朝日新聞は、基本的に両論併記です。ネットでは片側ばかり紹介され、叩かれまくっていますが、実際に購入して読めばそこそこバランスのとれた構成だと分かります。

毎日とか中日・東京とか、低質なサヨクメディアと朝日はかなり違うと思いますよ。

  1. 2013-07-29 23:31
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

おはようございます
 チョーニチ珍聞の「転声塵語」は、最低のコラムですよ。
  1. 2013-07-30 04:24
  2. URL
  3. yasutaroh #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 朝日新聞の記者は自分が被害者になった時だけ加害者を非難するのです。
 それ以外の場合はひたすら偽善的理想論を唱えるのです。

 今でも日本企業が中国でこの記者以上に酷い目に遭っているのに、朝日はそう言う事は報道せず「歴史を学べば・・・・」などと書いています。
 そしてあたかも日本企業が悪いように言います。

 朝日式思考からすれば、この通訳を買って出た記者は、この中国人に謝罪と賠償をするべきなんですけどね。
 しかし自分の事になれば話は別なんでしょう。

 これは別に対中問題だけでなく、全ての問題に対しての朝日の姿勢です。

 他人に優しく自分に厳しいと言うのは道徳的に立派な事です。 朝日は常に日本を責める事で道徳的満足感を得たいのでしょう。

 それで自称クオリティペーパーの品位を守っているつもりなのでしょう。

 しかし自分と自分達とは違うのです。 問題があった時日本を責めると言うのは、朝日新聞は正義の味方だけど、他の日本人が悪いのだと言っているだけです。

 ワタシがマスゴミを心底不快に思うのはこの手のどうしようも自惚れと偽善です。

 
  1. 2013-07-30 09:04
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yasutarohさん
こんばんは。

天声人語、遙か昔、まだ中高生だったころ、朝日のコラムは「受験生必読」とされていました。私もありがたく拝読したもんです。たぶん、今でも学生はそう信じているんでしょうね。朝日も必至に宣伝してますし。

  1. 2013-07-30 20:23
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎ猫さん
こんばんは。

朝日新聞に限らず、似非人権派は総じて「自分が被害者になった時だけ加害者を非難」します。しかも、自分達に都合良く被害者を装い、被害に対する謝罪や補償を求めつつ、自分達の主義主張の実現に利用するわけですね。つくづく醜い連中です。

自惚、偽善、独善、傲慢、変態、そういったマスコミの体質は、監視されない権力がどの様に歪んでいくかを知る好例です。

そりゃ誰だって自分は特別で、自分が一番可愛いに違い有りませんが、そんなガキの様な精神で社会に説教垂れる恥知らずは、おそらくマスゴミだけでしょう。

知らぬは中の人ばかり、「クオリティーペーパー」なんて、他人から評価されるならわかりますけど、自分から言っちゃうところがマスゴミのマスゴミたる所以でしょうね(笑)。

  1. 2013-07-30 20:24
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する