2013-08-10 21:36

日本の借金が1000兆円突破・・・だから何?

政府の借金が、遂に1000兆円の大台に乗ったそうだ。記録達成おめでとうございます。で、マスコミは一斉に悲観的な報道を垂れ流し、「家計に例えると、収入以上に借金して火の車状態!」「国民一人当たり792万円!」などと危機感を煽っている。

 

しかし、経済学に疎いno-risuにはいまいち意味が分からない。「政府の借金は会社や個人の借金とは違う」などと、マスコミや識者と正反対の楽観的な意見もよく耳にする。政府の借金とは、いったい何なのか。素人なりに、とりとめもなく考えてみたい。

 

まず、政府の借金とは基本的に国債の発行を意味している。国債という紙切れを発行し、主に国内の銀行などに買い取らせて金を調達する。つまり、元々あった金が銀行から政府に、右から左に動くだけだ。国内の金の総量は変動していない。

 

例外は日銀で、日銀は金を刷ることが出来るから、元々あった金ではなく新たに生み出した金で購入することができる。財務規律上「禁じ手」とされているが、「どんどん円を刷らせれば良い」との意見もあり、アベノミクスでは日銀買い取りを容認の姿勢だ。

 

次に、政府は予算を組んで調達した金を消化する。公共事業や社会保障や公務員人件費など様々だが、基本的には国民に対して支払う。銀行から政府に移動した金が、政府から会社や労働者、つまり国民に移動する。ここでも国内の金の総量は変わらない。

 

国民に移動した金は、「税金」として一部が政府に還流する。還流が不十分だと政府は赤字になるが、国民の手元には金が残る。ということは、「政府の借金=国民の資産」だ。政府の借金は1000兆円だから、国民は1000兆円の資産を持っている。

 

・・・?。

 

おかしい。マスコミらは「国民一人当たり792万円の借金を背負った危機的状態」と言っているのに、no-risuが考えると真逆になる。国民は借金を背負うどころか資産家だ。しかも、政府がせっせと借金を返済すれば、それだけ国民の資産が目減りする。

 

国内の金の総量は変化しないのだから、政府の借金がいくら増えようと、その分は国内のどこかに存在する。自明の理だ。マスコミらが煽る1000兆円に対する恐怖感は、正しい認識とは言えないだろう。一方で、1000兆円の借金はさすがに健全財政と言い難い。

 

政府の借金が増えるのは、税金による還流システムが十分に機能していないからだ。税金は金が動けば動くほど発生し、金が動くこととはすなわち経済だ。政府の借金を減らしたければ、企業や国民が金を使って、政府・企業・国民でぐるぐる金を回せばよい。

 

金が動けば、施設やサービスなどの付加価値が発生する。これが経済活動で、金が動くほど国民の生活も豊かになる。しかし、現状では金の動きが滞り、銀行や企業の内部留保、老人の貯蓄などに大金が死蔵されている。

 

だったら、その金を使わせる動機を提供するのが健全財政への道だ。それが経済の活性化であり、アベノミクスが必要とされる理由だろう。しかし、政府には金回りによる税収増を待つ以外に、もう一つ方法が残されている。増税だ。増税で強制的に金を動かす。

 

税で金を巻き上げ、公共事業などで再び国民に金を回す。公共事業により政府から国民に金が動けば、そこでインフラ施設やサービスなどの付加価値が生まれ、金を得た国民は消費活動を行い、企業は投資活動を行い、銀行は個人や企業に融資する。

 

社会が自主的に金を回した方が良いのだろうが、政府が増税で強引に回しても特に問題なさそうに思える。しかし、増税はいつの時代も批判の対象だ。何故批判されるのか。それは、消費税の例でも分かる様に、不平等な方法で増税するからだ。

 

政府の借金1000兆円は、イコール国民の資産ではあるが、その富は金融機関や企業の内部留保や高齢者などに偏在している。大多数の一般労働者世帯の資産は減る一方だ。だったら偏在部分から徴収すれば良いのに、消費税で全員等しく徴収しようとする。

 

消費税は一見すると平等な税制だが、今の日本では大多数の国民に我慢を強いる甚だ不平等な税制になるわけだ。でも、そうして巻き上げた税金を経済活性化に使えば、企業は投資活動を行い銀行は融資し、金の滞りと偏在は解消されていく。

 

・・・鶏が先か卵が先か、やはり経済はよく分からん(笑)。で、国の借金が1000兆円だっけ?。どうでもいいわ(笑)。重要なことは、借金1000兆円に驚き恐れ絶望し嘆くことではなく、もっと別の視点だということ、それだけはno-risuにも分かった。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

こんにちは

1000兆円の国債発行→ギリシャの様に経済破綻ってレトリックに
持っていきたいのでしょうね。
でも 日本の国債は、日本人が持ち 外貨を準備する必要は少ないですが
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2595%25E3%2583%25AC/" class="keyword">インフレにつながる可能性は 否定できません。
でも http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2587%25E3%2583%2595%25E3%2583%25AC/" class="keyword">デフレよりマシかもしれませんね。金が回るしw
ハイパーhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2595%25E3%2583%25AC/" class="keyword">インフレは、日本では来ないと思います。
  1. 2013-08-11 00:21
  2. URL
  3. zuka1123 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To zuka1123さん
こんにちは。

日本とギリシャは比較にならず、ネットでは早くから指摘されていますが、マスコミや御用識者は未だに「ギリシャになる!」って言いますよね。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2595%25E3%2583%25AC/" class="keyword">インフレとhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2587%25E3%2583%2595%25E3%2583%25AC/" class="keyword">デフレについては、色々思うところもありますが、やはりその効果がよく分かりません。経済って難しいですねぇ。

  1. 2013-08-11 08:13
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する