2013-08-23 19:57

安倍自民は韓国からの接触を待つべし

日本から韓国に要人会談をお願いし、韓国ににべもなくあしらわれる事態が続いている。自民党は22日から福田元総理を派遣し、日韓関係改善のきっかけにしたい考えらしいが、韓国大統領府は早々に面会拒否の意向を示している。

 

さらに、日本側はG20での日韓首脳会談を打診しているらしいが、これも韓国政府は「過去の反省がないニダ!」と拒否する構えだ。さかのぼっては、6月にも日本は韓国に防衛相会談を持ちかけて、同様に会談を拒否されている。

 

これらの条教を、外から見たらどの様に映るだろうか。「だだをこねる韓国に大人の対応を続ける我慢強い日本」、などと好意的に解釈してくれれば良いが、それはまずあり得ない。

 

何故ならば、韓国は会談拒否の理由を明確かつ大声で叫んでいるのに、日本側から反論や説明が全く聞こえないからだ。嫌がる韓国につきまとう日本、過去の罪を認めぬ日本、密室会談で処理を企む日本、外部評価はそんなところだろう。

 

外部評価とは、なにも外国の評価という意味で言っているのではない。内情を知らない・あまり興味も知識も無い人は、日本国民でもその評価は外部評価と言える。もちろん、韓国人でも同様だ。つまり、外部評価とは、ほぼ一般社会の評価だ。

 

したがって、日本が申し入れて韓国が断る度に、「陰湿で卑怯な日本の申し出に屈しない誇らしい韓国」の構図が形作られ、それはやがて既成事実化して社会に定着していく。日韓のマスゴミは、既成事実化のための努力を惜しまない。

 

一方で、実情は報道から受けるイメージとかけ離れている、との噂も聞く。地球儀外交を展開する安倍自民は日韓関係の改善など急いでいないのに、アメリカが関係改善を強く求めてくるから、「日本は努力してますアピール」をしているだけ、と言われる。

 

また、それは韓国も承知していて、さらに自民党も外務相もやけに自信満々で、民主党時代と違って今の日本には歴史認識カードが通用せず、会談しても韓国側が優位に立てる材料が無いから、歴史認識を理由に逃げている、とも言われる。

 

一見すると、韓国から拒否され続けて惨めに焦る日本のイメージだが、実態は自信を取り戻した日本から逃げ回る韓国の構図で、日本の会談要請は「圧力」に等しく、韓国は戦々恐々としながら精一杯の虚勢を張っているわけだ。

 

事実なら愉快痛快ではあるが、もう止めるべきではないか。韓国が会談拒否するたびに、日本の右傾化や安倍総理の歴史認識などに責任転嫁されるのはうんざりだ。親韓派の元総理まで派遣したのだから、アメリカへの忠義も十分示しただろう。

 

すでに日本は韓国にボールを投げたのだから、次は韓国からの返球を待つべきである。韓国が「会談してくださいニダ」と泣きを入れるまで、もう日本からアプローチするのは止めよ。返球を促す・返球に追い込む為のアプローチ・圧力・恫喝に専念すべし。

 

 

サーチナ:日韓首脳会談、日本側が熱望も、韓国政府は応じず=韓国

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0822&f=politics_0822_001.shtml
  韓国外交部と大統領府は21日、主要20カ国・地域(G20)首脳会議の期間に、朴大統領と安倍晋三首相との首脳会談が行われるかどうかについて、「まだ2国間の実質的な会談の準備や条件、雰囲気が造成されていない」との見解を示したと明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。・・・

 

朝鮮:「日程合わない」 大統領府、福田元首相との面会拒否

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/08/22/2013082201209.html
福田康夫元首相が22日、韓国を訪問する。
 福田元首相の今回の訪韓は両国の国会議員らによる「韓日フォーラム」に出席するためだ。日本のメディアによると、自民党野田聖子総務会長民主党前原誠司元外相らも共に訪韓する予定だという。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 指定なし
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する