2013-09-19 19:50

米軍は日本と共に戦う

ジョン・ウィスラー在沖米四軍調整官が「必要があればオスプレイを日米同盟のために尖閣に派遣する」と述べたことについて、琉球新報が「その気も無いくせに無責任」「オスプレイが尖閣のために役立つかのような印象操作を繰り返している」などと批判する社説を書いた。

 

無責任に印象操作を繰り返しているのは、琉球新報や沖縄タイムスなど売国メディア側だろう。第一、琉球新報はアメリカが尖閣諸島で中国様と戦うことを望んでいないし、オスプレイが尖閣で役立たれては困ると考えているはずだ。願望丸出し、偏向報道も甚だしい。

 

アメリカ政府高官は、ことあるごとに「尖閣は日米安保の対象」と説明し、中国の海洋進出に対してはっきりと懸念を表明している。つい先日は、オバマ大統領中国を牽制するとともに、「米軍予算縮減はアジアの安定に影響を与えさせない」と宣言した。

 

南シナ海では、早くもフィリピンとの軍事協力を強化し、米軍のアジア回帰が本気であることを示している。これだけ判断材料が揃っているにも拘わらず、実際に有事が発生するまで確定しないのをいいことに、琉球新報らは偏向報道垂れ流す。実に卑怯な連中である。

 

沖縄革新左翼がいくら願望・妄想しようと、尖閣諸島で日中が武力衝突を起こせば、アメリカは必ず日本と共に中国に立ち向かう。何故ならば、それがアメリカの国益にとって重要だからだ。アメリカが尖閣を見捨てたらどうなるか、少し考えれば分かるだろう。

 

尖閣を見捨てたら、沖縄とプロ市民を中心とした現在の限られた反基地活動が、間違いなく全国的な取り組みへと拡大する。日本の世論は裏切り者の米軍を拒絶し、思いやり予算や土地や施設の提供を批判するようになる。「トモダチ」どころか「絶交」だ。

 

日米関係が悪化すれば喜ぶのは中国で、これ幸いにと尖閣から沖縄に食指を伸ばせばまだアメリカは挽回可能かもしれないが、本当に恐ろしいのは、アメリカに失望する日本に対して、中国が微笑みながら手を差し伸べてくる場合だ。

 

売国メディアらは盛大に日中友好キャンペーンを展開するだろうが、そんなことをするまでもなく、日本はコロリと「隣国の友人」に取り込まれるだろう。そして日本さえ切り崩せば、アメリカの影響力は激減し、南シナ海も中国の手に落ち、アメリカは完全にアジアを失う。

 

だから、尖閣諸島で武力衝突が発生すれば、アメリカは何としてでも参戦する必要があるのだ。

 

ただ、参戦するにしても一つだけ大きな問題がある。アメリカ単独で武力行使は出来ないから、まず最初に日本が武力を行使せねばならない。国家として当然の防衛行動であるが、日本は「話合い」に活路を求め、防衛力の行使を躊躇う可能性がある。

 

琉球新報は「東シナ海の無人島のために米国の若者が血を流すべきだと考える人がどれだけいるか」、などと米軍参戦を疑問視するが、そんなことは問題似ならない。ベトナムでもイラクでも、アメリカは国益のためなら世界中に軍を派遣し、米兵は任務をこなす。

 

アメリカは尖閣諸島を守る。そのアメリカにとって、唯一の懸念材料は日本の戦う意思だ。つまり、尖閣諸島防衛に最も邪魔なのが、日本の戦意減退に血道を明ける琉球新報ら売国勢力である。まあ、売国サヨクはそれが狙いで、だから「売国奴」なわけだが。

 

 

琉球:尖閣派遣発言 誠実を欠く印象操作だ

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-212682-storytopic-11.html
 その気もないのに、目先の利益のために印象操作の発言をする。まさに「巧言令色鮮(すく)なし仁」を地でいく発言だ。ジョン・ウィスラー在沖米四軍調整官が「(垂直離着陸輸送機MV22オスプレイを)必要があれば日米同盟のために尖閣に派遣することも考えられる」と述べた。
 本気で行く気もないのに述べたのであれば無責任で、誠実を欠く。本気で行く気なら、米本国の方針を逸脱していよう。いずれにせよ、在沖米軍トップとしての資質を疑う。最近、日米両政府はさもオスプレイが尖閣のために役立つかのような印象操作を繰り返している。
 今回の発言もまさにそうだ。尖閣をめぐって日中が戦闘に入った場合、さも在沖米軍がオスプレイを飛ばして戦うかのように装う。だがオスプレイは輸送機だ。戦闘できるはずがない。兵員を運ぶにも、尖閣に降ろす土地があるのか。しかも大型で狙われやすい機体が、丸腰で紛争地を飛べるのか。
 米国の軍事評論家カールトン・メイヤー氏も「たった24の輸送機で抑止力が向上するとの主張はばかげている」と述べた。それが軍事の常識だ。使うはずもないのに有用性を強調するのは不誠実だ。
 海兵隊の駐留は、有事の際に中国台湾にいる米国人を救出するためであり、沖縄や日本のためではない。沖縄にいる理由はないのだが、海兵隊は全世界で米本国に二つと沖縄に一つの3個師団しかなく、沖縄から撤退すれば今の規模を維持できる見込みが薄い。しかも今、強硬な予算削減要求にさらされている。組織存続がかかっているのでウィスラー氏も不用意な前のめり発言をしたのだろう。
 在日米軍が尖閣で戦うというのも印象操作だ。米国の立場は「尖閣は日米安保条約5条(日本防衛義務)の対象だが、領有権問題では日中間で中立」というものだ。
 日米安保条約は「米国の憲法に従って行動する」と規定する。米国憲法は戦争宣言の権限が議会にあると定めている。だから5条適用とは、せいぜい「米国議会の承認を求めるよう努力する」程度でしかない。欧州に攻撃があれば自動的に米国も戦争に参入すると定める北大西洋条約とは対照的だ。
 米国内で、東シナ海の無人島のために米国の若者が血を流すべきだと考える人がどれだけいるか。発言はその意味でも非現実的だ。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題
ジャンル:政治・経済

  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

>だがオスプレイは輸送機だ。戦闘できるはずがない。兵員を運ぶにも、尖閣に降ろす土地があるのか。しかも大型で狙われやすい機体が、丸腰で紛争地を飛べるのか。

 琉球新報にはhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%2598%2589%25E6%2589%258B%25E7%25B4%258D%25E5%259F%25BA%25E5%259C%25B0/" class="keyword">嘉手納基地に配備されたhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25A9%25E3%2583%2597%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC/" class="keyword">ラプターやその他戦闘機は存在しなくなったのですね。
 だったらhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%2598%2589%25E6%2589%258B%25E7%25B4%258D%25E5%259F%25BA%25E5%259C%25B0/" class="keyword">嘉手納基地は無問題って事にしてほしいですね。
  1. 2013-09-20 08:17
  2. URL
  3. よもぎ猫 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

おはようございます。

シリアの例を見てもわかりますが、そんな単純にhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカは武力行使をしないと思います・・

安保に従って武力行使するにしても、自動的に武力行使ができるわけじゃないじゃないですか。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカ国内の議会承認手続きが必要であるところ、東シナ海に浮かぶ小島のために、核保有国と武力で向き合うことを議会が承認するでしょうか?

もちろん、同盟国を見捨てた、というアメリカの威信低下という大きなデメリットも一方であるので簡単な判断ではないと思いますが。

「紛争については立場は中立」「話し合いで決着を」などとよわっち発言を繰り返してるんですよ、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカは。同盟国ならハッキリいざというときは黙ってないぞ、日本の味方だくらい言ってほしいですよね。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国とはことを起こしたくない、どころか重要なパートナーと考えてますからね・・・
  1. 2013-09-20 11:00
  2. URL
  3. toshita1967 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎ猫さん
こんにちは。

売国サヨクは、自分に都合のよい部分しか見ないですからね。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%2598%2589%25E6%2589%258B%25E7%25B4%258D%25E5%259F%25BA%25E5%259C%25B0/" class="keyword">嘉手納基地とかhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25A9%25E3%2583%2597%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC/" class="keyword">ラプターとか、複合的に考えてなどいないし、指摘しても理解できずに逆切れするに違いありません。

そうそう、よもぎ猫さんの引っ越し先、ブックマークしておきました。私はまだ移設先を悩み中ですが。

  1. 2013-09-21 13:38
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To toshitahttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/1967/" class="keyword">1967さん
こんにちは。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカは、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国をパートナーだなんて考えていませんよ。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカにも媚中勢力はいて、日本のマスコミはそいつらに偏重した報じ方をしますけど、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカにとってhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国は脅威以外の何物でもありません。

ただ、経済の繋がりや軍事力などを考えると、「重視」するのは当然で、表向きは波風立てないようにしているだけでしょう。それはhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国も同様です。

で、尖閣諸島の武力衝突は、日中全面戦争とはまるで別物ですから、議論にはなるでしょうけど結局は参戦すると私は見ています。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国も好戦的ですけど、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカだって相当なもんですし。

  1. 2013-09-21 13:46
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する