2013-09-24 22:18

ウソつきな国民性が社会問題になる韓国(笑)

韓国人は息を吐くようにウソをつく。マスコミが決して伝えない事実である。マスコミの情報封鎖のかいもあり、少し前までは仕事や学校などで実際に韓国人に接した人しか知らなかったが、ネットのおかげで今では多くの国民が知るようになった。

 

それでも、未だにマスコミは韓国人の歪んだ国民性をひた隠し、韓国人に対する批判は「偏狭なナショナリズム」だの「ヘイトスピーチ」だのとレッテルを貼り、「仲良くすべき隣国」だの「共生社会こそ潮流」だのと、反日的かつ屈辱的な啓蒙を続けている。

 

しかし、いくらマスコミら似非人権派が隠そうと、韓国人がおしなべてウソつきであることは事実であり、ウソが国民性として定着し、社会にウソが蔓延すれば、そんな社会はまともに機能するわけがない。韓国では、すでにウソが社会問題化しているのだ。

 

世界には様々な社会問題があって、ニュージーランドでは羊のゲップに含まれる二酸化炭素と温暖化が真剣に議論されたりしているが、ウソをつく国民性が社会問題化する国など聞いたことがない。つくづく、日本はとんでもない国と隣り合ってしまった。

 

さて、韓国人はもちろんウソに自覚がある。自分のウソを理解しているし、他人がウソをつくことも知っている。そんな韓国人が、自分達のウソ文化をどう見ているか。中央日報が興味深い記事を書いていたので、当の韓国人の意見を抜粋してみよう。

 

中央日報:<韓国中学生リポート>自分は平気で嘘…友人の不正行為には強く抗議

http://japanese.joins.com/article/397/176397.html?servcode=400§code=400
 「(生徒は)試験の不正行為など他人の過ちには強く問題を提起する。自分が損をしていると思うから…」(ソウル中浪区A中学1年担任教師)

 

「(生徒は)自分に過ちがあれば最後まで言い訳をする。事実でないのは明らかなのに、何ともなく嘘をつく。絶対に認めない」(ソウル江南区B中学3年担任教師)

 

「自分は正直でないのに、他人の過ちは許せない」「全般的に道徳性が低いにもかかわらず正義感だけが高いのは、他人の不正で自分が被害を受けるかもしれないという利己的な動機のため」(慶煕大キム・ビョンチャン教授)

 

「嘘が習慣化している。たばこの吸い殻がポケットから出てきても、現場を目撃しなければ吸っていないと言い張る」(京畿道水原E中学3年の担任教師)

 

「嘘が増え、(我が子と)日常的な会話もしにくくなった」(中学1年の子どもがいるパクさん:45、女性、京畿道高陽市)

 

「正直になれば友達に利用され、馬鹿者扱いされる」(ソウル東大門区C中学3年男子生徒)

 

「テレビに出てくる長官や国会議員を見れば、みんな嘘をついている。正直者は成功できないと思う」(ソウル蘆原区D中学3年女子生徒)

 

 

うわぁ・・・、これは酷い(笑)。

 

中学生にして日常的にウソをつき、友人や教師や親にも躊躇せず、正直者は馬鹿を見ると信じ、自分に非があっても決して認めずウソで逃げ、生徒と教師の信頼関係どころか親子の絆も崩壊する有様。さすが、対等や平等の概念の無い民族だ。

 

記事は「中学生のウソ」を題材に書かれているが、もちろん大人もウソをつく。「勉強ができればいいという行き過ぎた結果中心教育方式が、子どもたちをだめにしている」、とイ・ムンジェ教授(慶煕大フマニタスカレッジ)の解説を載せていて、これもウソだ。

 

あたかもウソつきが最近発生した問題かの様に書かれているが、韓国人のウソつき体質は昔から何も変わっていない。韓国人の名字に「朴・李・金」が異常に多いのも、搾取する側の貴族になるために、家系図を偽造し、貴族の名字を詐称しまくった結果だ。

 

日本のマスコミは、もっと韓国人の国民性を報じるべきだ。まして、日韓友好を推進する似非人権派メディアならなおさらだ。国民には知る権利があるし、お互いを知らずして友好など望めない。ゴリゴリ押しつけるだけの「友好」など成立するものか。

 

韓国人は息を吐く様にウソをつく、これを無視して日韓友好などありえない。だって事実なのだから。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題
ジャンル:政治・経済

  1. 韓国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する