2013-10-01 19:57

堺に侵略するも返り討ち、橋下市長よ急がば回れ

9月29日の堺市選挙について、橋下維新が送り込んだ刺客・西村影薄いナントカ君が敗北した。橋下市長は「何度も使った言葉だが、堺市選挙こそ本当に重要な選挙」と二枚舌を披露し、しかし言葉通り維新の総力を注ぎ込んだが、それでも大差で敗北した。

 

選挙を振り返ると、大阪維新前市議の西林氏は存在感が希薄だった。維新はオールスターズを堺市に送り込み、自身も「政治家として後悔したくない」と、市政そっちのけで堺市に入り浸っていた。西林君は、ただ隅っこで体育座りをしているだけだった。

 

争点も「大阪都構想」のワンイシューだったし、堺市長選挙は竹山現職VS西林元市議というよりも、竹山現職VS橋下維新の会の様相を呈していた。橋下市長は「一地域に過ぎない」と強がるが、堺市が都構想に反対すれば、その影響は小さいはずがない。

 

この選挙で、橋下維新の会は多くのものを失った。堺市を失ったのはもちろん、蜜月だった公明党との関係に亀裂が走った。自民党を筆頭に、かつてはこぞって都構想に協力を申し出た各党も、維新を見限り手のひら返して竹山現職の支持に回った。

 

橋下市長は都構想のメリットを説明せず、「都構想で堺市は無くならない」「大阪市の負債を押しつけない」などと、ネガティブ情報の火消しに躍起だった。応援演説に来た石原代表にいたっては、場違いな憲法問題を語って失笑を買う有様。

 

それ以外で大きな割合を占めたのが、「ブタ」呼ばわりなど竹山現職に対する幼稚な誹謗中傷だ。その様子を見て、ふわりとした民意からの支持も相当割合失っただろう。今に造反議員もでてくるはずだ。橋下維新は、失うだけ失って、得たモノは何も無い。

 

いや、一つだけ得たモノがあった。中傷ビラだ(笑)。選挙期間中、大量の誹謗中傷ビラがばらまかれた。

 

ただし、中傷相手は西林候補でなく橋下市長だったらしい。おそらく、ビラを作成・配布したのはプロ市民団体だ。反原発、女性人権、反戦、反基地、橋下市長が敵に回したプロ市民は多い。味方が見当たらない。ビラが撒かれない方が不思議だ(笑)。

 

もう都構想は無理だろう。橋下人気に尻尾振った政党からは見捨てられ、関西連合の首長らといがみ合い、府内では自治体と協力するより侵略を選んで返り討ちに遭い、維新内部はボロボロで、寄せ集まったネズミ議員らもざわめき、民意も離れる一方だ。

 

この状況下で、都構想なんて激変が実現可能とは思えない。橋下市長は初心に返ったらどうか。地元で左翼のクソ共を締め上げ、コツコツ実績を積み上げれば、ふわりとした民意も取り戻せるかもしれない。結局、それが一番の近道ではないか。急がば回れだ。

 

 

デイリー:橋下代表 堺市長選期間中の中傷ビラに怒り…出元は「相当な組織力と資金力」?

http://news.livedoor.com/article/detail/8113724/
 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が30日、維新候補が敗れた堺市長選(29日投開票)の選挙期間中に、何者かによって堺市内に橋下氏を誹謗中傷する悪質なビラが大量にまかれ、現物を維新側が入手していることを明かした。大阪市役所で記者団の質問に答えた。
 橋下氏によると、こうしたビラは複数種類あり「かなりの量」にのぼるという。橋下氏の写真とともに「風俗に行け」と書かれたものや、「(橋下氏に)愛人が3人、隠し子もいる」との旨が記された、悪質な内容のものもあったという。
 橋下氏は、堺市長選の結果に関しては「選挙(戦略)においては、相手方が見事というかあっぱれというか、一枚も二枚も上だった」と敗戦を正面から受け止めたが、ビラに関しては「公職選挙法があっても、やったもん勝ちのようなところがある。やられたら、やられっぱなしだ」と怒りをあらわにした。
 ビラの出どころは現段階では不明で「僕らがこのことをもってああだこうだ言っても、負け犬の遠吠えにしかならない」と、司法機関への届け出などは見送る考えを示したが、「相当な組織力と資金力がないとできない」と指摘した。
 橋下氏の掲げる「大阪都構想」の是非が焦点となった堺市長選。ビラは、橋下氏に対する誹謗中傷以上に、都構想に関して市民の不安をあおる内容のものも多かったという。それだけに橋下氏は「今の公職選挙法では、反論ができない。違法なビラを押さえた場合に反論権を持たせてもらわないと、フェアにならない」と訴えた。
 「地方の選挙ならあるのかもしれないが、これだけの大都市部で、これだけのことが行われたのは珍しいと思う」と橋下氏。「選挙の公正とはなんなのか」と、釈然としない様子だった。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題
ジャンル:政治・経済

  1. 橋下徹
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

橋の下は、違法ビラと、強がりを言っているが、どの法律に違反するのかが、不明。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%2585%25AC%25E8%2581%25B7%25E9%2581%25B8%25E6%258C%2599%25E6%25B3%2595/" class="keyword">公職選挙法に違反するなら、大阪府警が黙っていない。それ以上に、弁護士でもある橋の下氏が、刑事告発するでしょう。

それもできないというのは、維法でも何でもないということ。

適法なビラで、それが橋の下に不利な内容だったので、違法、違法と騒いでいるだけ!

間抜けな弁護士のやりそうなことです。

ドブネズミの寄せ集め集団と思わせる維新の会では、理性ある市民はもう相手にはしない。

維新、維新と騒いでいるが、その実体は、ヘイトスピーチが得意なニセ右翼集団でしかないのが、維新の会でしょう。

維新の会の議員さん達が、特殊料理飲食店で英気を養っているようでは、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%259C%25AA%25E6%259D%25A5/" class="keyword">未来はありません。

  1. 2013-10-02 16:40
  2. URL
  3. izadlo #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To izadloさん
こんばんは。

いや、明らかに違法ビラですよ。

橋下市長らが泣き寝入りしたのは、事件にする価値が無いと判断したからだと思います。

これが竹山陣営の策略とする明白な証拠でも握っていれば別ですが、おそらくはプロ市民団体が自発的に橋下市長潰しに動いただけです。

プロ市民相手に訴訟を起こしても、泥沼になるだけでメリットは皆無です。

だったら、あたかも竹山陣営の仕業を匂わせて、その被害者であるとアピールした方が得策なんですよ。たぶん。

  1. 2013-10-02 20:46
  2. URL
  3. no-risu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する