2013-10-10 22:13

中国産米の混入に誰も気がつかなかった

三重県の米穀販売会社「三瀧商事」が、中国産米を混入した産地偽装米をイオングループ等に納入していた事実が発覚した。イオンに配慮してかマスゴミの報道は控えめだが、産地偽装としては間違いなく過去最大規模、極めて悪質な事件である。

農林水産省によると、偽装米は2010年から2013年の間に4400トン流通した。この時点ですでに過去最大規模なのだが、三瀧商事の担当者は2005年から偽装を始めたと白状している。単純計算しても、流通した偽装米は1万トンを超えるだろう。

一方で、三瀧商事は組織ぐるみを否定している。これほど大規模な不正が、組織ぐるみでないはずがない。8年間も隠し通せる規模ではないし、決算書も相当に不自然な数字が並んでいただろう。笑えるのが、「発案は先代の社長」と言い訳していることだ。

先代はすでに故人だ。死人に責任を押しつけて、何とか自分達は逃げおおせたい魂胆が透けて見える。馬鹿な奴らだ。言い訳するにしても、もう少しマシな嘘は思い浮かばなかったのか。先代社長の発案なら、組織ぐるみで確定だろうに(笑)。

さて、この事件からは産地偽装と別の問題も見えてくる。

それは、これほど大規模な産地偽装が続けられていたにもかかわらず、消費者は誰一人として中国産米の混入に気がつかなかったことだ。事件は三瀧社員の内部告発で発覚した。消費者は、米の味が分かりやすいおにぎりを食べても気がつかなかった。

そう、中国産米は国産米と比較しても十分に美味い。以前、no-risuは西友の激安中国産米とあきたこまちを食味検査して、「中国産でも美味しい、日本の稲作は大打撃を受ける」との予測を書いた。三瀧の偽装は、その予測の正しさを裏付けている。

TPP推進派は、「関税を撤廃しても日本のコメは美味しいから売れる」などと、平気で無責任な意見を言い放つ。しかし現実はどうだ。消費者は、そこそこ美味しければ安い食材を受け入れる。安い食材を仕入れ、美味しく料理するのは日本人の得意技だ。

これはコメだけの問題ではない。自民党が死守すると約束した「聖域5品目」は、その全てが自由化により壊滅的な打撃を受ける。だから「聖域」なのだ。自民党は「妥協可能な部分を検討(選択)する」と言うが、妥協可能な部分など存在しない。

「妥協」イコール「切り捨て」であり、自民党の無慈悲に比べれば北朝鮮のハッタリなど可愛いもんだ。聖域に妥協は許されない。自民党は死守すると約束したのだから、約束を守れなかった時には腹を切って死ね。情状酌量の余地は無い。


読売:酒・菓子原料の加工用米も混入?…イオン中国米
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131002-OYT1T00686.htm 
中国産米が混入したコメを国産米と偽り、流通大手イオングループの納入業者に卸していた米穀販売会社「三瀧(みたき)商事」(三重県四日市市)が、酒や菓子の原料に使われる加工用米も混入させていた疑いのあることが2日わかった。農林水産省は、加工用米の主食用への転用を禁じた食糧法に違反する可能性もあるとみて調査している。
 同省などによると、三瀧商事は昨年12月~今年9月、中国産米がまざったコメ計825トンを国産米として、製パン大手フジパン(名古屋市)のグループ2社に販売。2社はこれらのコメで弁当やおにぎりを製造してイオングループに納入、中部、北陸、関西地方など2府21県の「イオン」「ダイエー」などの店舗で販売されたことがわかっている。
 その後の調査で、三瀧商事がフジパン側に販売したコメには中国産米だけでなく、酒やみそ、菓子などに使われる加工用米が混入していた疑いのあることが新たに判明。同省は混入された期間や量、他の取引先にも販売していなかったかなど調査を進めている。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題
ジャンル:政治・経済

  1. TPP
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

コメの味?区別なんて出来るわけがない。

こちらには初めて訪問ですね。よろしくお願いします。

TPP推進派が日本のコメは勝てるとか何とか適当なことを並べてますが、食ってみりゃあ分かります。勝てっこないです。完全に同意します。今日本で作られてるコメの相当数がいわゆるコシヒカリなどの銘柄米の子孫になってしまいました。

海外で日本向けに作られるコメは皆この子孫が主体になるはずです。だからこれはごまかそうと思えば簡単なんですよ。その上、国産米を2割も混ぜればまず見分け方は無理です。肝はコメの乾燥の仕方と炊き方なんですが、このことでごまかされるのを皆全然知りません。

コシヒカリ系の子孫たちもそれなりに改良はされてるはずですが基本その弱さは持ち続けてるはずです。異常気象などでその弱さが出なけれいいと本気で祈ってるのは小生くらいでしょうか。

本来はこのようなコシヒカリ信仰を捨てなきゃあいけないのですが皆その辺りが全然わかっていない,これがほんとうの大問題なんです。
  1. 2013-10-13 01:21
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

Re: コメの味?区別なんて出来るわけがない。

こんばんは。

FC2は層が厚いですねぇ、まあ地道に書いていきますよ。

中国産のコメ、まさか最初からあれほどの高水準だとは思いませんでした。ネギでもシイタケでも、中国産は最初の内は常に品質差歴然でしたからね。まあ、どちらも今は日本産に引けを取らなくなりましたが。日本の商社の「努力」で。

コシヒカリに付き物だった、耐病性の弱さや背が高いことによる倒伏などの弱点は、今ではかなり改善されていますよ。そして、コシ系統に偏重するのはしょうがないと思いますよ、だって美味しいですからね(笑)。昔、我が家は日本晴ればかり食わされていて、それがコシヒカリに変わった時は衝撃的でした。

  1. 2013-10-13 21:19
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する