2013-10-31 22:06

NHK受信料訴訟の驚愕判決

恐ろしい判決が下された。NHKが個人を相手に受信契約と受信料支払いを求めた見せしめ裁判で、東京高裁は10月30日、「NHKが契約を申し込めば、受信者が承諾しない場合でも、2週間が経過すれば契約が成立する」との驚愕すべき判断を示したのだ。

何が驚愕か。NHKは、被告個人の受信契約を求めて裁判を起こした。放送法がある以上、NHKの勝訴は確実で、被告個人が契約を命ぜられるはずだった。ところが、東京高裁は被告個人の責任ではなく、NHKの権利を法的に認定したのだ。

つまり、判決は被告個人に限らず、未契約者全体に影響を及ぼす。

ある日、あなたの自宅にNHKから葉書が届く。「契約しろ」と書かれている。従前なら、葉書を無視すれば次は裁判の案内状が届く。あくまで最悪のケースだ。不払い・未契約者の数は膨大で、滅多に裁判対象に選ばれない。多くは、引き続きNHKの督促が続く。

しかし、東京高裁の判決に従うようになれば、葉書を無視して次に送られてくるのは請求書になるだろう。訴訟と異なり、請求書は高確率で送付されてくる。裁判には多大な時間と金と労力を要するが、請求書を送りつけるだけなら簡単だ。

請求書も無視すれば、次に待つのは財産の差し押さえである。ただし、請求書の送付は何年も先の話になるだろう。その間、おそらくNHKは督促もしてこない。何故ならば、NHKが契約葉書を送付したら、無視されても2週間後には契約が成立するからだ。

本人が知らないところで契約が成立し、ひっそりと受信料金の滞納が始まる。契約は申し出が無ければ解除されず、本人が契約成立を知らないのだから解約されることは無い。下手にお知らせすれば、テレビを捨てたり捨てたふりをして解約されかねない。

滞納が一定額に達したら、NHKは満を持して「○○万円支払え」と請求書を送りつけてくる。抵抗する術は無い。もし契約期間途中でテレビを破棄していても、お構いなしに全額請求される。テレビ破棄と解約の申し出は、法で利用者に義務づけられている。

解約しなかったのは利用者の意思とされ、NHKは堂々と、情け容赦なく全額を請求できてしまう。まあ、これは最悪の想定であって、現実には契約完了の通知が送られたりするかもしれないが、いずれにしろ受信料金をカツアゲされることに変わりはない。

NHKは腐りきっている。税金に等しい受信料で運営される公共放送のくせに、社員の給料はべらぼうに高い。国家公務員程度が妥当な給与水準なのに、平均給与は1200万とも1400万とも言われ、国家公務員の倍以上に設定されている。

これで番組が良ければまだ救いはあるのに、NHKは番組の完成度より売国奴として名高く、それを改善しようとする動きは全く見られない。ニュースは相変わらず偏向しているし、最近の経営委員会の議事録を見ても議題にすら上げられていない。

受信料金不払いや契約拒否は、国民がNHKに抗議の意志を示す唯一の手段だ。もちろん、運悪くNHKに目をつけられて裁判を起こされたら必敗だ。ただし、訴訟には多大な経費を要するから、さしものNHKもスラップ訴訟でチマチマ対処するしかない。

残念ながら、東京高裁の判決により国民は唯一の抗議手段も失うことになりそうだ。NHKは、もう一々裁判を起こす必要も無くなる。粛々と執行するだけだ。昨年、NHKは過去最高益を更新したが、今後も右肩上がりで儲けを積み上げるのだろう。

さて、暗い話になってしまったが対応策はある。以前から告白している通り、no-risuもNHK未契約者で、不払いによる抗議を継続中だ。偏向問題と給与問題が改善されるまで、反日NHKにビタ一文支払うつもりは無い。要は、契約をしなければ良いのだ。

上で契約葉書の例を書いたが、あれは葉書を無視した場合の話だ。NHKから契約を迫られたら、即座にテレビを破棄する。もちろん、本当に捨てる必要は無い。一時的に友人宅などへ避難させるだけでOK。その際、友人にも解約を勧めればなお良し。

NHKを視聴可能な機器も隠す。携帯を持っていないと不審に思われるので、中古のガラケーでも用意しておこう。リサイクルショップ等に数百円で売られている。純正カーナビは隠せないかもしれないが、エンジンかけさせてまでチェックしないだろう。

美しい日本を取り戻す。非力な我々庶民でも、出来ることから楽しみながら地道に頑張ろう。no-risuはブログとNHK拒否でコツコツやるさ。

以下余談。

東京高裁は、NHKが要求した以上に強力な権限を認めた。何故このタイミング?。NHKと言えば、安倍総理がNHKの経営委に3人の「お友達」を送り込み、反日メディアが批判の声を上げている。判決はその直後。それでなくても異例の判決で、何らかの裏を疑いたくなる。

余談その2。

あと、2chなどを見ているとよく勘違いしている人がいて、「NHKの受信契約は民法の契約行為の自由に違反するから、一方的な受信契約は無効」といった意見を目にする。これは間違った認識で、放送法は上位法だから民法より優先される。残念!。

余談その3。

NHK、本日19時のニュースで園遊会における山本太郎の陛下に対する無礼・不敬を報道せず。21時のニュースでは短く報じたが、ハプニング扱いの上にキャスターからは一言も無し。絶対に許さん。腸が煮えくり返る。NHKと山本太郎は腹切って死ね。



産経:「受信者承諾なしでも契約成立」 NHK受信料訴訟で高裁
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131030/trl13103023230003-n1.htm
 NHKが個人を相手に受信契約締結と受信料支払いを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁の難波孝一裁判長は30日、「NHKが契約を申し込めば、受信者が承諾の意思表示をしない場合でも、2週間が経過すれば契約が成立する」との判断を示した。NHKによると、初めての司法判断だという。
 今年6月の1審横浜地裁相模原支部判決は「契約締結を命じる判決が確定した段階で契約が成立し、受信料の支払い義務が発生する」としたが、高裁はさらに踏み込み、契約は既に締結されていると認定した。
 1審判決は被告の相模原市の男性に対し、契約を承諾して判決確定後に受信料約10万9000円を支払うよう命じたが、高裁は取り消し、同額を即時に支払うよう命じた。NHKは「放送法の定めに沿った適切な判決だと受け止めている」とコメントした。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(9)

コメント

no-risuさん、こんばんは。

こちらでの初コメントになります。

さて、

悪法も法。

法である以上は支払うのがスジでしょう。
文句があるなら放送法の改正を掲げる議員を立てて、改正するまで当選させればいいのです。
または、運動を起こして世論を動かし、放送法の改正をせざるをえないような大きなうねりを起こせばよいのです。


そもそも、no-risuさんは…視てるんですよね…。
  1. 2013-10-31 23:58
  2. URL
  3. mine-y #-
  4. 編集

この被告はNHKにBSテロップ解除申請

この被告はNHKにBSテロップ解除申請
https://sites.google.com/site/nhkhack/home/sosho

今回判決がでたケースを含め、「現在NHKに未契約で訴えられている
一般の世帯」の共通項は、「BS放送の画面に表示される契約を促す
テロップを消すために、デジタルテレビの登録機能またはハガキを
使ってNHKに個人情報を送信してしまった人」とのことです。これで
は集金人が持参した契約手続き書類にサインなどしなくても自ら積
極的にテレビの設置を認め、受信契約の意思を示したものと判断さ
れても致し方ありません。ちなみにNHKは、今回判決がでたケースの
背景情報について、報道もプレスリリースも一切していません
  1. 2013-11-01 07:59
  2. URL
  3. soukikaisann #hVFTBmM6
  4. 編集

NHKが反日の拠点

no-risu さんの記事は説得力が有ります。


NHKの問題は、受信料が税金では問題が有る為、現行になった。
契約の概念が通常の商行為と異なる。徴収員がやくざまがい。

NHKが反日の拠点と見做される事です。
NHK集団訴訟が示す様に下からの批判を受け付けない体質に
問題が有る。そして、司法の暴走と言う点でも問題がある。

安倍晋三首相がNHK改革に先鞭を付けた。
これは、政治の意志です。

  1. 2013-11-01 08:03
  2. URL
  3. soukikaisann #hVFTBmM6
  4. 編集

Re: タイトルなし

こんばんは。

仰るように悪法も法、不払い・不契約には後ろめたさも感じます。しかし、私は著しく不合理な法には従いませんし、従わない人を見ても批判しません。

NHKは公共放送としての責務を負い、国民は知る権利の対価として受信料の義務を負います。しかし、NHKは責務を果たさず、国民だけ義務を支払うのは不合理と思いませんか。ただの不買運動なのに、NHKに限り違法なんておかしいと思いませんか。

不満があるなら政治活動・市民運動すべきと仰いますけど、現実的にそれは不可能な極論です。選挙ではNHKに厳しい安倍自民に投票したので、それくらいで勘弁してくださいよ。

最後に、私は基本的にNHKを見ませんが、まれに偏向報道を直に確認する目的で視聴します。チャンネルも合わせますけど、大抵はyoutubeやニコ動やizaブログで確認してます。。NHKが誠実に放送していれば、それらを見ることも無いのですが。

「見た」ことには違いないですから、「見たのだから払え」との理屈も通りますけど、納得するのは難しいですねぇ。

  1. 2013-11-02 19:36
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

Re: NHKが反日の拠点

こんばんは。

NHK料金が本当に国民に強制すべき義務ならば、それこそ税金にすりゃいいんですよね。税金はなじまない、とかしょうもないこと議論せず、電気料金とかガソリンンとかに「NHK税」をぶち込めば良いのです。

現在は羊の様に受信料を支払っている国民も、そして政治家も、税金となればもう少し厳しく、真剣にNHKを考えるようになると思います。

安倍総理のNHK改革について、「お友達3人」を経営委員に送り込んだ目的は要注目です。いったい、何を目的としているのか。たぶん、私が期待する改革とは違うのだろうと思いますが、今後、経営委員会の議事録を読むのが楽しみです。

  1. 2013-11-02 19:54
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

Re: Re: タイトルなし

no-risuさん、こんばんは。
今夜は訳あって、テンション低いです。
…空気を読まない奴ってどこにでもいますよね…。

余談はさておき、私も決まりだからと割り切って受信料は払っていますが、no-risuさんがおっしゃる様な不満がない訳ではありません。

ただ、国民から集めた金は正しく使われるのが当然だとは思いますが、そんなことを言ったら、この国に納めるべき税金など存在するのか?という話になりそうな気がします。


ちなみに、ワンセグが視聴できる携帯を持ってる時点で支払いの義務が生じるという決め台詞があるようですが、これってウソらしいですね。やり方が汚い


追伸
FC2ブログさんは、コメントの制約が厳しいのでしょうかね?
私もエントリーの最後の一文(山本太郎~)を加えて投稿しようとしたら、ストップをかけられました。
  1. 2013-11-02 23:21
  2. URL
  3. mine-y #-
  4. 編集

Re: Re: Re: タイトルなし

こんばんは。

私も最近は微妙なテンションですよ。もっと楽~に楽~に生きたいなぁ、などと考える毎日です。

さて、税金の適正利用の件です。私は度々、NHK受信料金は税金みたいなもの、と書いていますが、それは仕組のことを言っているわけで、国に納める税金と一企業に過ぎないNHKの受信料金は全くの別物で、同列に話すと議論の方向性が狂いますよ。

納税は国民の義務であり不払いは脱税、受信料拒否はただの不買運動、と私は考えています。
NHKがなんぼのもんじゃい!、と。

>ワンセグが視聴できる携帯を持ってる時点で支払いの義務が生じるという決め台詞があるようですが、これってウソらしいですね。

そうなんですか!。知りませんでした、今度調べてみますよ。確かに、私も巷で言われている話を鵜呑みにしていただけで、特に根拠も無いのに勝手に納得していましたからね。これはビックリです。

コメント規制について、私もまだFC2の基準はよく分かりません。今のところは引っかかったことは無いですけれど、izaでは何度も基準にかかっているのでそのうち経験すると思います。

  1. 2013-11-03 00:04
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

安倍内閣の経営委員任命を断固支持

今晩は。こちらでは始めて目に掛ります。
izaではいつも高説を拝読しておりました。

>東京高裁は、NHKが要求した以上に強力な権限を認めた。何故このタイミング?。NHKと言えば、安倍総理がNHKの経営委に3人の「お友達」を送り込み、反日メディアが批判の声を上げている。判決はその直後。それでなくても異例の判決で、何らかの裏を疑いたくなる。

今までNHK経営委には余りにも左翼の屑で、嘲日新聞・侮日新聞連中の「お友達」が多過ぎました。彼等は悔しがって社説で悪口雑言を並べ立てています。
このような状態が続いて来た事こそ異常であります。
解説委員などと称するNHK職員は此等の経営委員らの庇護の元で自由放縦な偏向左翼発言して咎められる事もなく売国に邁進し、次から次へと新人職員を左翼族へと教育しておりました。
私は長谷川三千子女史に期待をしております。
  1. 2013-11-04 19:05
  2. URL
  3. 湘太(shouta-2) #kzGACuxU
  4. 編集

Re: 安倍内閣の経営委員任命を断固支持

こんばんは。

ここ数日体調がすぐれず、返信が遅くなりました。

NHKの委員、誰だったか一人だけ物言う委員もいましたね。まさに孤軍奮闘状態でしたが、一人でよくやっていたと思いました。その彼も、本当の理由はよく分かりませんが最近委員を辞任し、NHKの自浄作用に絶望感漂っていたところでしたが、安倍総理によって希望の種がまかれました。

長谷川さんには期待できそうですよね、朝日毎日、そして何よりNHKが歯ぎしりしている様が浮かぶようです。

  1. 2013-11-05 23:26
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する