2014-01-10 19:40

候補がパッとしない都知事選、菅元首相のエールには失笑

東京都知事選の候補者が出揃いつつあり、その面々と各政党の動きを眺めていると、もうため息しか出てこない。裏切り者の舛添、高齢かつ金の問題で総理を放り出した細川、放射脳の宇都宮、都政と関係ない安全保障に偏重する田母神、ろくな候補がいない。

つくづく、猪瀬都知事がしょうもない失敗で辞任したことが悔やまれる。no-risuは、器が小さくナルシーな猪瀬の人間性が好きになれないが、能力自体は大変優秀だったと聞いているので、不祥事さえ起こさなければ猪瀬が都知事で十分に妥協できた。

まあ今更愚痴っても始まらないので、現実に向き合いある選択肢の中から消去法で選ぶしかない(no-risuは都民ではありませんが)。さてさて、誰が一番マシなのだろう。

放射脳の宇都宮元日弁連会長は論外だ。田母神元統合幕僚長は個人的には好きだけど、都政の長として適任かと言われれば甚だ疑問で、面白半分で都知事に据えるわけにはいかない。政治に関与するのなら、国政で安全保障に関与していただきたい。

残るは舛添元厚労相と細川元総理だ。二人とも、能力はまあ合格点だろう。

ただ、舛添は比例のくせに自民党を裏切ったカス野郎で、傲慢な上に安倍総理や麻生副総理にも批判的だ。細川は民主党とつるんでいるし、75歳はちと高齢過ぎる。なお、細川は脱原発を掲げているが、御坊っちゃんの世迷い言、今だけ口だけだとno-risuは見ている。

正直、考えるほどにどっちでも良く思えてくる。二人とも大きな失敗はせずそつなくこなすだろう。あえて選ぶなら、舛添の方がキビキビと積極的にリーダーシップを発揮しそうだ。自民党が苦渋の決断で舛添支援を決めたのも、そういった判断があったのだろう。

ところで、細川元総理が脱原発を掲げたことに共感し、菅直人元総理が「細川氏の応援に集中すべき」などとエールを送ったそうだ。菅が誰を支援しようと勝手だが、しかし分かっているのだろうか?、自分が細川元総理に毛嫌いされていることを(笑)。

細川元総理の菅嫌いは有名だ。菅が総理になったときも、「あいつは日本にいらない、何としても引きずり下ろせ!」と言い放ったとか。民主党とつるんでいると言っても、主には野田総理らの指南役だったのだ。

もし細川元総理が放射脳なら、どれほど菅を嫌っていても大同団結するだろう。細川元総理の脱原発を見極めるのに、菅に対する扱いはちょうど良い試験薬である。簡単に受け入れるようなら、それこそ舛添支持で決まりだ。お爺ちゃんは田舎で陶芸してなさい。


産経:菅元首相、細川氏にエール「宇都宮氏は当選できない」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140109/stt14010921410006-n1.htm
 東京都知事選で細川護煕元首相(75)が出馬を検討していることについて、民主党の菅直人元首相は9日、自身のブログで「自民党にとっては、細川氏の出馬が実現することは悪夢だろう。立候補を決めれば原発ゼロを求める都民は、当選可能な細川氏の応援に集中すべきだ」とエールを送った。
 菅氏は、細川氏と同じく「脱原発」を掲げてすでに立候補を表明し、社民、共産両党が推薦する方針の日本弁護士連合会前会長、宇都宮健児氏(67)に対し「良質な候補者だが、社共の支持だけでは当選は難しい」と指摘。「脱原発」勢力の結集を図るため、宇都宮氏の出馬辞退を促した。
 



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:2014東京都知事選挙
ジャンル:政治・経済

  1. 地方自治
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

>都政と関係ない安全保障に偏重する田母神、ろくな候補がいない。

 田母神氏は外国からの侵略に対する安全保障は問題にしていません。

 田母神氏が都知事として目的とする安全保障は、首都直下型地震など防災に対する安全保障です。

 防災時の自衛隊出動要請は知事の権限です。

 そして首都で大規模災害が起きた時の対策は絶対必要です。

 勿論ハードも重要ですが、避難訓練、避難後の避難民の安全管理、そう言う物もも絶対重要なのです。

 その際自衛隊と警察消防の連携は絶対必要です。 
 ハードを使っての防災には膨大な時間とお金がかかりますが、ソフトは比較的短期間に安くできます。

 しかし自衛隊大嫌いの人達には、現実的にソフトの防災をする気はないでしょう。 すれば自衛隊を肯定しなければならないからです。

 そう言う意味では田母神氏の提言は非常に重要なのです。
  1. 2014-01-10 22:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

仰ることはよく分かるんですけど、都知事出馬の第一声に「自衛隊」を連呼するのは違和感ありますよ。やはり知識や経験が安全保障に偏重していて、都政に合わせて考えての発言だから防災に結びつけたのでしょうけど、ちょっとねぇ、と思ってしまいます。

自衛隊の出番は基本的に結構大きな災害時であって、もっと普通の政策をまず語れないと都知事としての手腕を測れないんですよね。

田母神さんの言動を聞いていると、体育会系にどっぷりはまっていた頃の自分を思い出します。普段友達と話していると、自然と「うちの部では」とか「オレの道場だと」などと口走っていて、自分ではそれに気が付かないのです。

ある時、「お前はいつも〇〇部の話しかしないな」と言われ、ずいぶんとショックを受けました。その苦い記憶は未だに引きずっています(笑)。

  1. 2014-01-10 23:10
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する