2014-02-13 22:21

特定秘密保護法反対派の懸念はすでに現実化している

最近、朝日新聞を読むのが辛くなってきた。福島原発事故以降、朝日新聞の劣化には目を覆う物がある。原発事故を機に売国サヨク新聞に先祖返りした朝日新聞は、社是の安倍総理叩き、歴史認識問題、特定秘密保護法問題等々、精力的に偏向報道を続けている。

何度も、「さすがにこれ以上劣化するのは無理だろう」と思ったが、その度に予想は裏切られ、気がつけば沖縄タイムスと大差ない便所の落書きレベルにまで落ちぶれ果てた。朝日はクオリティペーパーを自負しているが、今の紙面ではトイレットペーパーにも劣る。

それでも少し前までは耐えられた。偏向報道耐性には自信があるし、そういう偏向新聞こそ読む(監視する)価値があるとも考えている。朝日新聞の劣化を楽しんですらいた。しかしながら、ここにきて朝日新聞を読むことに精神的苦痛を感じ始めた。

籾井会長、長谷川経営委員、百田経営委員の発言を巡る執拗な報道は、人間的な感性の許容範囲を完全に超えている。朝日新聞の三氏に対する攻撃は、メディアによる一般人個人の社会的抹殺、憲法に保障された思想良心の自由の否定だ。

それはさながら公開処刑で、記事を直視すればリアルに吐き気をもよおす。反吐が出る、生理的に無理、と言う奴だ。売国サヨク共はニヤニヤと笑みを浮かべてご満悦、「いいぞ、もっと書け!」と喜ぶのだろうが、no-risuには個人吊し上げを楽しむ趣味など無い。

朝日新聞などのNHK役員3氏を批判する馬鹿共は、自分達の行為の意味を理解しているのか。お前らのやっていることは、特定秘密保護法案でお前ら自身が提起していた問題そのものだ。「情報隠蔽」「情報発信萎縮」「一般人弾圧」「身辺調査」、全て当てはまる。

籾井会長は個人的見解を糾弾された。今後はもう何も言えないだろう。メディアによる言論の封殺で、、国民の知る権利を奪う立派な情報隠蔽である。

百田委員は、プライベートの選挙活動を叩かれた。今後は萎縮せざるを得ないだろう。

長谷川委員は、20年以上前の追悼文を調査・発掘されて批判を受けた。メディアによる身辺調査であると同時に、今後の委員選定では身辺調査が強化されるだろう。

全て、特定秘密保護法に予想される「恐怖社会」として、反対派がヒステリックに批判していたことだ。

何をやっているのだ。自分達の矛盾、言動がおかしいことに何故気がつけないのか。「憲法に保障された思想良心の自由」を連呼し振りかざす連中が、どうして籾井会長・百田委員・長谷川委員のケースでは権利を否定し、執拗に個人弾圧を続けるのか。

いったいいつまで、こんな非道が許されるのだろうか。12日、NHKの浜田経営委員会委員長は、「一定の節度をもって行動していく」とする見解を公表した。自浄作用ではない。外圧によるメディアの委縮だ。しかし、朝日新聞は歓喜して記事にした。

朝日新聞の購読を続けるか止めるか、no-risuは割と本気で悩んでいる。


朝日:NHK経営委員は「節度もって」 委員長、異例の見解
http://www.asahi.com/articles/ASG2D5QJKG2DUCVL01M.html
 NHKの最高意思決定機関・経営委員会(委員長=浜田健一郎・ANA総合研究所会長)は12日、経営委員について「一定の節度をもって行動していく」とする見解をまとめ、明らかにした。作家の百田尚樹氏、埼玉大名誉教授の長谷川三千子氏の両委員の言動が視聴者などから批判を集めていることから、「自ら律すること」を求めた。経営委が各委員の言動について見解を出すのは極めて異例。
 百田氏は都知事選の応援演説で、対立候補について「人間のくず」と発言。長谷川氏は昨年の委員就任直前、新右翼の活動家で朝日新聞東京本社で拳銃自殺した野村秋介氏について、その死を称賛する追悼文を発表していた。
 経営委はこの日開かれた非公開の会合で、両氏から事情を聴いた上で意見交換した。委員からは「NHKの中立性が疑われないようにする配慮が必要」「経営委員としての自覚が必要」といった意見が出た。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

メデイアスクラムは卑怯だ

no-risu さんの名文に感心しました。

朝日新聞のみでなく、メデイアスクラムが現状で問題です。
少なくとも、情報戦争の戦線から離脱すれば平穏は訪れるでしょう。

隠者の生活を送るなら、ブログなど非効率なものを
連日書いてはいないですよね。文を最大の武器とするのは、
日本語の言霊(ことだま)に感応するからです。

トイレットペーパーには日本語は高尚過ぎます。

朝日新聞は中共メデイアと欧米メデイアを巻き込んでの
報道テロと言う犯罪です。犯罪者が刑に服し、悔恨にまみれるまでは
追及の手を緩めることはできない。(個人的感想ですが)

朝日新聞が廃刊するか、反省して宗旨替えするか、
が問題で、監視するために購読するのは悩むべき問題では
ないでしょう。杞憂と言うものです。
NHKの三氏だって、打たれたからとしょげる事は無いですよ。

出る杭は、打たれてもまた出てくる。

  1. 2014-02-13 23:30
  2. URL
  3. 日本復活 #-
  4. 編集

To 日本復活さん

こんばんは。

感情に任せた駄文ですが、評価いただきありがとうございます。

トイレットペーパーは、「トイレットペーパーに失礼かな」と若干引っかかる思いもありました。

仰る通り、朝日新聞などの偏向報道は、主義主張の表明といったレベルではなく報道テロだと思います。実際に、朝日新聞らは偏向捏造記事により国益や日本人の尊厳を多大に害してきました。その責任は一切無視して、今も無責任なテロ報道を続けています。犯罪報道と言っても良いでしょう。

3年前、確かに朝日新聞は更生の道を歩んでいました。私はそれがすごく嬉しかった。それだけに、現在の惨状には怒りを通り越して情けない思いが溢れてきます。本当に残念です。

NHKの三氏、皆さん毅然とされていますね。大したもんです。腐りきった日本のメディアにあって、本当にそれだけが救いですよ。

  1. 2014-02-14 00:10
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

 安倍総理の任命責任なんて言うけれど、国会の承認を得て一旦任命した会長や経営委員の個人的発言に政治的圧力を掛けるのって、報道の自由の侵害と言論弾圧そのものでしょう?

 ちなみに2013年6月までNHKの経営委員だった幸田真音は民法に出演して実に様々政治的発言をしています。
 朝日新聞はなぜ問題にしなかったのでしょうね?

 2013年5月 米議会が日本政府の歴史認識に懸念を示したという報道について

幸田  相手があってのことだから努力を繰り返すことが大事。安倍さんの発言を見ると、
    無かったことにしたい、弁解したいという背景があるのでポロっと言っちゃう。

http://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/da2013126f141311e0a84b43197703c4

2013年4月 憲法改正について

幸田  尖閣、竹島、北朝鮮が問題になっているときに9条を変えると日本がそちらの方に進む
    という国際的にメッセージを発信することになってしまうから、慎重にしないといけない。
    もう少し冷静になって欲しい。

http://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/95b1ca4319d5e9186a682f27dd54f3bb

2012年11月 自民党への政権交代前 安倍自民の経済政策について

幸田  今さら安倍さんがはしゃいで言わなくても日銀は1999年からずっと金融緩和をしている。
    デフレと円高だけが経済の悪玉だというのは疑問。安倍さんは本当に分かっているのかな。
    分かっていていっているなら確信犯。

http://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/3d489cf651eab1442fa07d4ae2da8e30

2011年4月 東日本大震災発生直後、一刻も早い財源確保が求められている時に

国債の日銀の直接引き受けは法的に出来ません。

http://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/127af4f8ac06fc56b4ddf6defaca5db1

政治家に対する批判やら、意見の分かれている問題についての公平さを欠く発言やら、自由に発言してますなぁ。
しかもテレビで。
  1. 2014-02-14 10:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

こんばんは。

日本におけるメディアの劣化は目を覆うばかりですが、これもメディア側の自業自得だと言えましょう。

朝日新聞や毎日新聞も、このままいくとNYTやWPのごとく中華資本に依存せざるを得なくなると思います。

先日、「BLOGOS」で木村正人氏の記事(「報道の自由度」59位は何を物語るのか )を目にする機会がありました。
何かと眉唾な論評も多い「BLOGOS」ですが、なかなか興味深い見解のように思います。
  1. 2014-02-14 17:10
  2. URL
  3. cn2100 #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

報道の自由の侵害と言論弾圧そのものです。彼らの中には、許される報道の自由の侵害とか、積極的になすべき言論弾圧が存在するらしいですね。その基準については、批判を受けているNHKも理解している様です。

で、幸田真音の発言録、これはすごいですね(笑)。

こちらは明らかに、「絶対に守られるべき言論の自由」に分類されるのでしょう。逆の内容であれば、今回の3氏と同様にコテンパンに叩かれて、参考人招致されたり集中審議されたに違いありません。

ただ、幸田の様な売国活動は、お仲間が自ら3氏の問題を騒ぎ立てたことで今後はやりにくくなるかもしれませんね。自分の首を締める結果になったのかも。まあ、厚顔無恥な売国サヨクのクソ共は、そんなことおかまいなしに活動するかもしれませんけど。

  1. 2014-02-14 20:47
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To cn2100さん

こんばんは。

BLOGOSは私もちょくちょく読んでいます。面白いですよね、野党の勘違い野郎共とか、マジキチ菅直人とか、放射脳知識人などが恥を自覚せず駄文を晒していますし(笑)。

木村正人氏の記事、「報道の自由度」59位は何を物語るのか。フムフム、と納得させられる内容でした。勉強にもなりました。結構な年配の方ですけど、現状分析能力と先見の明を感じさせてくれますよね。

  1. 2014-02-14 20:53
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する