2014-03-04 21:36

憲法解釈の最高責任者は安倍総理に決まっている

安倍総理は2月12日の国会答弁で、「最高責任者は私。その上で選挙で審判を受ける」と憲法解釈に係る見解を述べた。うむ、最高責任者は安倍内閣総理だ。何をいまさら当たり前のことを。総理が最高責任者でなければ、いったい誰が責任を負うというのか。

批判している反日メディアや野党は、「立憲主義の否定」だの「三権分立の崩壊」だの「安倍総理の暴走」だの「民主主義の仮面をつけた独裁」だのと喚いている。まあ酷い言われ様だ(笑)。安倍総理が権力者であることに、よほど我慢ならないと見える。

馬鹿共が。憲法解釈の最高責任者は安倍内閣総理大臣、それ以外に有り得ないだろう。違うというのであれば、具体的に誰が最高責任者だと言うのか。内閣法制局の長官か?、最高裁判所の長官か?。笑わせるな、長官にその様な権限や責任は無い。

「立憲主義の否定」とか「三権分立の崩壊」とか、お前ら本当に意味を理解して言っているのか?。

三権分立とは司法・立法・行政で、立法府の最高機関は内閣だ。立法府の作った法律を運用するのが行政、立法府の作った法律で裁判を行うのが司法である。元となる立法は内閣の責務であり、内閣の最高責任者は内閣総理大臣だ。

また、内閣法制局は内閣の一組織に過ぎず、所管大臣は内閣総理大臣である。各省庁に担当大臣が置かれ、大臣が省庁の最高責任者であるように、内閣法制局の最高責任者は安倍総理大臣だ。どう判断しても、最高責任者は安倍総理ではないか(笑)。

だいたい、今頃になって騒ぎ立てるなどちゃんちゃらおかしい。2009年、政権を盗った民主党は即座に内閣法制局を国会から締め出し、憲法解釈などは民主党が自ら行う方式に変えた。このとき、今回と同様に問題視したメディアなんて記憶に無い。

さすがに、鳩山や菅に答弁させるのはまずいと思ったのか、鳩山も菅も事の重要性を理解していなかったのか、枝野や仙谷が国会答弁を勤めていた。しかし法的根拠は無い。政治主導に名を借りた国会の私物化で、こういうのを独裁・暴走と呼ぶのである。

安倍総理の目指す憲法改正は、動き始めたばかりで半歩も進んでいない。集団的自衛権は、憲法改正と密接に関係する問題として、反対派により激しい抵抗が予想される。そして、反対のための攻撃材料に、「最高責任者発言」は今後も度々持ち出されることだろう。

しかし、私達国民は騙されてはいけない。安倍総理は最高責任者なのであって、立憲主義だ三権分立だ暴走だ等の批判を見たら、必ず「じゃあ誰が最高責任者なのか」「誰が責任を負ってくれるのか」と問いかけようじゃないか。まあ、問いに対する答えは期待できないが。


TV朝日:安倍総理「最高責任者は私だ」身内の自民から批判が
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000021457.html
 集団的自衛権を巡る安倍総理大臣の「最高責任者は私だ」という強気の発言に身内の自民党から批判が出るなど、政権運営への不満がにじみ出てきました。
"(政治部・水頭洋太記者報告)
 安倍総理の発言に対する批判について、石破幹事長は早速、火消しに回りました。
 自民党・石破幹事長:「総理大臣がこう言えば、何でもできるという話ではなく、(集団的自衛権の行使を)容認するなら、きちんとそれを裏付ける法律が必要だ」"
「最高責任者は私だ」発言について、党内から「選挙に勝てば、拡大解釈で憲法を改正していいのか」などの批判の声が上がっています。閣僚経験者からは、「さすがにあの答弁を聞いていたら不安になる」と安倍総理の強気な姿勢に危機感をあらわにしています。これだけではなく、安倍総理の靖国参拝や政府提出法案で党内の手続きがないがしろにされるなど、「政高党低」の現状に不満はくすぶっています。こうした不満は、内閣改造や党役員人事の先送りに対する牽制(けんせい)ともいえそうです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍晋三
ジャンル:政治・経済

  1. 自民党
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

憲法改正とか解釈改憲が行政府(内閣)が立法府に提出する法律は数多くありますが、憲法改正を提起することもあるのかな、あるんだろうなと改めて思うところです。
どうすれば災害など緊急時に治安や戒厳をしっかりできるようになるか、どうすれば日本が国際社会で埋没しないか(武力含)、行政府の最高責任者としてプレシビットの考えになってしまうのでしょうかね?
自分個人は時の行政府が暴走しないようにタガをはめる立憲主義の考えは大事だと考えています。

ちなみに民主党の脱官僚は見苦しかったですね。ビューロクラートの弊害を解消するべきだと思いますが、何もかも排除してしまっては何もまわらんだろう!と思ってしまいました。
  1. 2014-03-04 23:16
  2. URL
  3. azarash #-
  4. 編集

メデイアの解釈変更議論の二重性

no-risu さん こんにちは

憲法解釈は、最高裁判所が逃げてしまっている。
メデイアの言う、立憲主義とは、憲法の中身を変えたくないと言う意味と見ます。

日本は二つの出来事で、憲法改正の意志を持った。
一つは、3.11の教訓から、自然災害に立ち向かうために、
もう一つは、アメリカの衰退で、自立するため、


脅威に対するためなら、個別的自衛権の発動で切り抜ける事は容易である。
しかし、独立国家の防衛体制としては、弥縫策 にすぎない。

政治家の責任は、主権国家の独立を維持し、永続させる事である。
この点で、安倍晋三首相の決意は、まったく正しいと評価する。

メデイアの論拠で、日本国民が納得するとは、
国民意識を、なめた議論である。
国民主権が、画餅 となるか、岐路に立っている。
内閣が憲法内容改正を提出しないで、誰が提出すると言うのでしょうか?

メデイアの議論は、パラドックスを含んでいるのに、メデイア自身が
気付いていない。

  1. 2014-03-05 09:31
  2. URL
  3. 日本復活 #hVFTBmM6
  4. 編集

To azarashさん

こんばんは。

憲法は人間が定めたものであり、不変の経典ではありませんから、当然人の手による改憲もありえます。では、誰が憲法を改正するかと言えば、立法府であり国民に選挙で選ばれた与党なんですよね。もちろん、改憲の場合は国民投票もありますけど。

で、立憲主義は私も重要だと思います。ただ、マスコミや野党らが批判する「立憲主義の崩壊」とやらは、連中にとって都合の良い立憲主義ですよね。安倍内閣は、べつに立憲主義を否定するようなことはしていないと思います。

民主党は酷かったですね。何もかも排除して、そして何も回らなくなっていました(笑)。

ところで、ちょいちょい難しい横文字を使われますねぇ。そういうのは評論家とか論説委員とかに任せて、私達はもっとみんなが分かる言葉にしましょうよ。国民投票、官僚でいいじゃないですか。

  1. 2014-03-05 19:50
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 日本復活さん

こんばんは。

以前は、内閣法制局長官に最高裁判事を抜擢したりしていました。これならある意味逃げられませんけど、三権分立の観点から疑問な感じもしますが、一方では合理的だとも思えます。どうなんでしょうね。

メデイアの言う立憲主義とは憲法の中身を変えたくない、もっと具体的に言えば憲法9条を変えられたくない、非武装国家を実現させたい、そんなところでしょうね。ご都合主義の護憲なんですよね。

仰るように、日本で改憲議論が芽生えたのは、安倍総理がどうこうではなくて、現実の脅威を目の当たりにした日本人の危機意識の目覚めですよね。安倍総理だって、脅威もなければ改憲なんて言わないはずです。それを「戦争のできる国にしようとしている!」」とか、ずれているんですよねぇ。

だから、護憲派の意見は矛盾に満ちて支離滅裂なんですよね。


  1. 2014-03-05 20:02
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

こんばんは。

日本ははるか以前より最高責任者を上にいただいて、実務はその下の者がうまい具合に回してきたと言うように考えます。おかげで偏狭な独裁者の出現を免れてきたと思います。
今般日本国最高責任者の安倍総理が自分が最高責任者だと言われたので、左右それぞれ戸惑っているのでしょう。
朝日などが愛して止まない隣の共産主義政権とか、形は民主的だけれども日本に対する言論の自由が全くないお隣の国とか、金豚が蹂躙するお隣の地域(日本は彼の地域を国と認めていないので)なんかは、独裁と言わずして何というかですが。
  1. 2014-03-05 20:31
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

To kogumaさん

こんばんは。

日本の総理大臣は、外国の大統領とか王とかと比べて極端に権力が弱いと言われますよね。よく言えば真面目なで勤勉な日本人の国民性、悪く言えば誰も責任を取らない体制を黙認するなあなあな国民性が、それを可能にしてきたのでしょうね。

ただ、統治が安定してくると、どうしてもダメな人材が蔓延るようになって、そうなったときに自浄作用が働かず、強いリーダーシップによる正常化が望まれるようになり、結果として安倍総理の様な人材が高い支持率を集めるようになった、と。

とはいっても、仰られるように日本は依然として高度な民主主義国家であって、野蛮な人治国家の特亜なんぞと同列に語られたくないものですね。


  1. 2014-03-05 21:51
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

失礼しました。以前、労働組合の集会で印象深かった言葉をそのまま安易に使ってしまいました。

しかもプレシビットじゃなく、プレビシットですね(汗)

使い慣れないものは使わないで、普段の言葉でコメントしていこうかなと思いました。
すみません。
  1. 2014-03-05 23:06
  2. URL
  3. azarash #-
  4. 編集

To azarashさん

お気になさらず。

私の書き方もまずかったですねぇ、決して責めるつもりはありませんでした。

ただ、せっかくのコメントですし、他人に伝わらないのではもったいないですよね。私も、エントリーを書く際には注意しているつもりです。


  1. 2014-03-05 23:47
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

「立法府の最高機関は内閣」?内閣は行政であって立法の機関ではありませんが。国会のみが唯一の立法機関であることが規定されております、ハイ。
ついでに言っておくと内閣総理大臣というのは大統領などと違って国家元首ではなく、行政府の長に過ぎません。
  1. 2014-06-12 01:05
  2. URL
  3. もう少し勉強しよう #-
  4. 編集

To 名無しさん「

こんばんは。

あぁ、仰る通りです。
これは恥ずかしい間違いですね。
ご指摘ありがとうございました。


  1. 2014-06-12 19:13
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する