2014-03-31 21:19

政治無関心のススメ

久しぶりの更新だ。ブログ更新が出来なかったのは、仕事が猛烈に忙しかったせいもあるが、私生活で引っ越しをしたことが大きい。新居(賃貸)の回線工事が終わり、ようやくネットに繋がった。引っ越し作業も仕事も一段落、生活は少しずつ落ち着きを取り戻している。

3月に引っ越しなどしたくはなかったが、諸事情により避けられなかった。案の定、繁忙期の引っ越し業者はどこもボッタクリ料金で、頭にきたから運ぶに大変な白物家電は全て廃棄&買い換え(どれも15年選手だけどネ)、残った荷物を自分達でエッチラオッチラ移した。

引っ越し業者には苛つかされたが、輪をかけてろくでもなかったのが各種施工業者や粗大ゴミ引き取り業者だ。ネットで良いことばかりうたう業者はほぼ100%悪質、ゴロツキのごとき横柄傲慢な連中との不毛な応酬はひたすら不愉快で、凄まじくストレスが溜まった。

今後引っ越す人にアドバイス。「各種施工業者や産廃業者はお役所絡みが間違いなし」。例えば内装業者なら、公務員宿舎の原状回復を任される業者だ。公務員宿舎は頻繁に原状回復工事を行うので、必然的に悪徳業者は排除され優良業者が残る。

ただ、お役所に聞いても出入り業者は教えてくれないかもしれない。特定業者への便宜供与になるからだ。no-risuの場合、たまたま近隣の公務員宿舎に来ていた業者の車を発見し社名をメモった。あとは、その業者から優良業者を芋づる式に紹介してもらえる。

優良業者の傾向として、地元に密着した中小零細、家族・兄弟・夫婦等で経営される会社が多かった。悪徳業者に心がささくれだっていたno-risuは、良心的な地元密着業者に心から癒やされ、値段交渉はせず全て見積もり一発OK、感謝の言葉を添えて代金を払った。

業者探しに悪戦苦闘していた頃、仕事でも多大なストレスを抱えていた。忙しかったのは、取引先のミスが連発しサポートに奔走させられていたからだ。しかも、その内いくつかは事業計画が頓挫した。さらに、仕事の出来ない無能上司にブチ切れて喧嘩になった。・・・ハァ。

さて、そんな荒んだ毎日を送っていたわけだが、ブログを更新しない間もニュースを見たり新聞を読んだり、一応は世の中の動きについて情報を得ていた。情報確認はno-risuの習慣であり、惰性で新聞をめくり、テレビをつけ、スマホで2chを覗いた。

正直、ろくでもないニュースばかりでウンザリした。稚拙な野党による与党批判やNHK人事批判、竹富町の是正命令無視、中韓首脳の日本批判、ダメリカ、消費税と生活不安、ワタミとみんなの渡辺、反原発プロ市民、溢れる偏向報道、不快な情報ばかりだった。

政治問題は個人的な関心事項だが、ある種の義務感の存在も否定できない。今でこそマスコミの信用や権威は失墜気味だが、no-risuは「漫画ばかり読むと馬鹿になる、新聞を読め、ニュースを見ろ」「社会人なら政治くらい知っておけ」と教育を受けた世代だ。

だから、政治に無知・無関心な人間を見ると、義務を果たさぬ無責任な大人に感じ、軽蔑に似た感情すら沸き起こる。でも、これは正しい価値観ではないかもしれない。どうせオレ達は庶民、政治とかどうでも良いじゃん!、なんて生き方もアリだろう。

だって、新聞を読んでもニュースを見てもイライラするだけで、毎日毎日イライラするために新聞を買ったりテレビをつけるなんて馬鹿馬鹿しいじゃないの。それなら、新聞ではなく小説を読み、ニュースではなく映画を観れば、どれだけ豊かで平穏な人生が送れるか。

以前からぼんやりと考えていたことだが、最近は心身ともにゆとりがなく切羽詰まった生活で、なおのこと強くそう思った。クソ忙しい中で、わざわざ不機嫌になるために新聞を買う(しかも朝日!)とか、「お前はマジでマゾじゃないのか?(笑)」と冷笑する自分がいた。

政治なんて薄汚い世界に、人生の貴重な時間を割いてまで向き合う必要は無い。もっと世の中の楽しいこと、美しいものだけに向き合えば良い。だから、こんなブログを読む暇があるのなら、花見に出かけるとか、GWの予定でも立てることをお勧めする。

まあ、no-risuは今さら生き方を変えられそうにないけれど。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル:政治・経済

  1. 雑談
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する