2014-04-30 21:48

いかにも韓国らしい

韓国の大手紙である中央日報は、過去に何度か自国民の国民性について苦言を呈している。韓国人は自己中心的で他者に不寛容、見栄っ張りで家族や友人にすら平気で嘘をつく、感情・願望が論理・現実に優先する、等々。どれも「うむ」と納得させられる内容だ。

メディアが懸念するくらいだから、韓国人もある程度は自覚しているのだろう。でも、分かっちゃいるけど止められない、分かっているのに他人に指摘されると余計に腹が立つ。そうして、韓国は民度に不相応な経済成長を遂げ、世界に恥をまき散らしている。

旅客船「セウォル号」沈没事故について、韓国政府、船長ら船員、マスコミ、被害者家族、これらの動向は逐一報じられている。すでにご存じかとは思うが、それぞれが日本人には考えられない様な醜い民族性をさらけ出し、事故そのもの以上に注目を集めている。

一連の報道を見ながら、no-risuは「いかにも韓国らしいなぁ」と呆れ感心するのである。

事故が起きてすぐ、韓国メディアは「船は日本製だったニダ」と騒いだ。何かにつけて日本に責任転嫁する、いかにも韓国らしい。

同じく事故直後、救助された乗客乗員数を大幅に水増して公表した。見栄を張ったか願望に取りつかれたか、いかにも韓国らしい。

乗客を救助せず逃げた船長について、その状況が調査される前から政府高官が「殺人に等しい」と糾弾した。感情優先の人治社会、いかにも韓国らしい。

宋安全行政省局長が、不謹慎にも現場で記念撮影しようとした。自己中で他人の目など気にしない、いかにも韓国らしい。

救助作業が始まると、ダイバーが船内に入った、エアー注入が始まった、生存者の存在が確認されたなど誤報が飛び交った。願望が現実に反映する、いかにも韓国らしい。

被害者遺族が生存者に「なぜ自分の子供が死んでお前が生きているのか」などと悪態をつき、親同士で喧嘩になった。自己中心的で感情的、いかにも韓国らしい。

被害者家族が、慰問に訪れたパククネに暴言を吐き、首相に水をかけ、海洋警察幹部を床に座らせ罵倒した。被害者様に勝るもの無し、野蛮な感情支配国家、いかにも韓国らしい。

他にも色々あるが、その一々が「いかにも韓国らしい」と思うのだ。

日本人はお優しいから、中には「被害者家族の怒りはもっとも」などと、政府高官等に対する暴行や暴言にも同情を示す人も居るかもしれない。大事故で現場も混乱しているだろうから、情報の錯綜で「誤報が紛れるのも仕方ない」、と理解を示す人もいるかもしれない。

そうではないのだ。日本と韓国では価値観も国民性も全く異なる。以前、中央日報が嘆いていた。韓国人は、嘘をつく自分は許すが、他人の嘘は許さない。自分は見栄を張るが、他人の見栄を嘲笑う。要は、物事全てを自己中心的にしか見れない、と。

韓国にも不謹慎の概念はある。ただし、それは被害者の立場になった時のみ出現する。政府高官やマスコミの不謹慎に怒り狂う被害者家族も、被害者の立場でなければ被害者らに配慮せず、ごく自然に不謹慎な言動を見せるはずだ。

その国民性は、国家間においても色濃く浮き出た。沈没事故の被害者である「韓国」は、日本・中国・北朝鮮などに「不謹慎」を理由に様々な難癖をつけた。日本は靖国参拝するな、中国はサッカーの応援をするな、将軍様の笑顔を新聞に載せるな、等々。

しかし、日本や中国で痛ましい事故が発生しても、韓国で「日本や中国の皆さんに配慮して自粛しましょう」という運動は起きない。もちろん、日本や中国から「韓国は自粛しろ」などと要求したりもしない。韓国人は、類まれなる自己中心的な民族だ。

中央日報が苦言を呈する通り、この国民性は韓国人にとっても恥ずべき暗部なのだろう。でも、いくら韓国が知られたくない・隠したいと思っても、否応なしに関係改善を強いられる我々日本人は、そのことを知らねばならない。知る権利がある。

セウォル号沈没事故について、どれだけの日本人が「いかにも韓国らしい」と感じてくれただろうか。もうそろそろ、「いかにも韓国らしい」が日本人のコンセンサスになっていてほしい思うのだが。


中央日報:遺族が記者会見…「朴大統領の非公開謝罪は謝罪でない」
http://japanese.joins.com/article/826/184826.html?servcode=400§code=430
" 旅客船「セウォル号」沈没事故の犠牲者の遺族が「5000万人の国民がいるが、朴槿恵(パク・クネ)大統領の国民は国務委員だけなのか。非公開謝罪は謝罪でない」と批判した。

遺族対策会議は29日午後6時30分ごろ、京畿道安山市檀園区草芝洞のワースタジアム2階の会議室で記者会見を開き、「朴槿恵大統領は今日、焼香所でも、ただ広告を撮りに来たようだった。真の大統領の姿ではない。実践と実行のない謝罪は謝罪ではない」とし、このように述べた。
続いてセウォル号事故の正確な事故経緯と事故発生の真相究明を正式に政府に要請した。また「葬儀や追悼公園より、パンモク港の行方不明の子どもに関心を向けてほしい」とし「政府は怠慢で欺まん的な救助体系のため、命を救える状況であるにもかかわらず、救えずにいる。これ以上の弁解のない積極的な態度を求める」と主張した。
この日、京畿道安山市檀園区草芝洞の花郎遊園地に設置された「セウォル号事故犠牲者政府合同焼香所」の弔花が、遺族の抗議のため外に移される騒ぎもあった。朴大統領、李明博(イ・ミョンバク)前大統領、姜昌熙(カン・チャンヒ)国会議長、鄭ホン原(チョン・ホンウォン)国務総理、黄祐呂(ファン・ウヨ)セヌリ党代表最高委員、姜秉圭(カン・ビョンギュ)安定行政部長官、李柱栄(イ・ジュヨン)海洋水産部長官らの弔花はすべて外に移された。"




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本と韓国
ジャンル:政治・経済

  1. 韓国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

 ホントに韓国らしいです。

 しかし遺族達は何でパククネに賠償を求めるんでしょうね?
 
 確かに韓国政府の対応にも沢山問題はありますよ。 でもこの事故の直接最大の責任はどう考えてもフェリーを運航している船会社にあるのです。

 ところがなぜか遺族達はこの会社を追及していないのです。 何を考えているんだか・・・・。
  1. 2014-05-01 21:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

被害者家族が船会社でなくパククネら政府を訴える理由ですけど、単純に「船会社より大統領ら政府の方が地位が高いから」だと思います。

理屈じゃありません。韓国人の自尊心は強烈ですからね。

自分たちの受けた精神的苦痛は、船会社ごときはもちろん、大統領ですら償うことはできないけれども、とりあえず最も上位の権力者に償わせねばならない、そうしなければ気が済まない、被害者たる自分達にはその権利がある、そう考えているのでしょう。


  1. 2014-05-01 22:09
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する