2014-05-10 23:03

恐るべき韓国の被害者様

韓国テレビ局KBSの報道局長が、「セウォル号沈没事故は300人が一気に死んだ。この数は非常に多いように見えるが、1年に交通事故で犠牲となる死者の数を考えれば、決して多いわけではない」、と発言したらしく、被害者遺族らが超絶激怒している。

韓国では月に500人程度が交通事故で死亡しており、KBSは「交通事故への警鐘を鳴らす目的だったニダ」、と弁明した。実際その通りなのだと思うが、「局長発言は被害者軽視」と信じ込む遺族は、KBSが謝罪せず言い訳したことでますます激怒した。

事態を重く見たKBSは8日、報道本部長や取材主幹など幹部10人以上が、遺族に直接謝罪するため焼香所を訪れた。偉いじゃないの。日本のマスゴミにも見習わせるべき「誠意」だ。ところが遺族は謝罪を拒否、報道局長の不参加を知るやさらに激怒した。

激高した遺族らは、その場でKBS幹部に局長本人の直接謝罪を要求した。しかし、上司である局長の直接謝罪など確約出来るわけが無い。KBS幹部が返答できずにうつむくと、何と遺族はKBS幹部を殴り遺族控え室に連行、数時間にわたり糾弾した。

当たり前だが、謝罪に訪れたKBS幹部をいくら吊し上げても事態は進展しない。業を煮やした遺族ら150人は、バス6台に分乗してKBS本社に乗り込み、「報道局長出てこい!」、「謝罪しる!」、と怒声を挙げた。しかし報道局長は出てこない。

すると、遺族らは「局長が謝罪しないなら、青瓦台に行って朴槿恵大統領に直訴するニダ!」、と喚き始め、それでも報道局長が姿を現さず、何と本当に青瓦台に行き、「朴槿恵大統領、ちょっと話があるニダ!」、と怒りの座り込み活動を敢行した。

いやはや恐ろしい。韓国人とはなんと野蛮な民族であろうか。日本の東日本大震災・原発事故でも、過大な補償を求める被害者様は発生した。しかし、韓国の被害者様と比べれば、日本の被害者様など品行方正な人格者にすら思える。

韓国の被害者遺族は、KBSの報道を勘違いして激怒し、謝罪に訪れたKBS幹部に暴行を加え、拉致監禁し長時間糾弾し、さらにKBS本社に乗り込み、挙げ句の果てに大統領との面談を要求した。

韓国の報道を見る限り、被害者遺族の蛮行をたしなめる記事は皆無だ。暴行・拉致・監禁。明らかな犯罪行為にも拘わらず、警察が動いた気配も無い。被害者様なら何をしても許されるのだ。何をしても許されるのだから、そりゃ際限無く増長するさ。

これは決して対岸の火事ではない。遺族対応に四苦八苦する韓国政府・KBSの構図は、まんま歴史認識問題における日本と韓国の構図に当てはまる。韓国全体が被害者様だ。つくづく、日本はとんでもない国と隣り合ってしまったものだ。


朝鮮日報:旅客船沈没:KBS報道局長が不適切発言、遺族猛抗議
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/09/2014050901011.html
 旅客船「セウォル号」沈没事故の遺族およそ150人が8日夜、ソウル・汝矣島にあるKBS前で報道局長の謝罪を要求した。遺族らはこの日、京畿道安山市に政府が設置した合同焼香所を出発。犠牲者の遺影を掲げながらKBS前に到着し、警察と対峙(たいじ)した状態で抗議行動を行った。
 遺族らがKBSに抗議する発端となったのは、あるメディア批評誌の記事だった。この記事には「KBSの報道局長が『セウォル号沈没事故は300人が一気に死んだ。この数は非常に多いように見えるが、1年に交通事故で犠牲となる死者の数を考えれば、決して多いわけではない』と発言した」「この報道局長はニュースのアナウンサーに黒い服を着用しないよう指示したようだ」などと記載されていた。記事を読んだ遺族らは合同焼香所前でKBSの記者らに抗議し、抗議を受けたKBS記者の一部はその場から撤収した。
 問題の記事についてKBSは「交通事故関連の発言は、安全軽視を取り扱ったニュースのシリーズを企画するに当たり、1カ月に500人以上が犠牲となる交通事故にも驚きの気持ちを持ってもらうという趣旨から出たもの」「黒い服を着るなという指示は、今も多数の行方不明者がいる状況で、喪服のようにも見える黒い服を着れば、犠牲者の家族を絶望に追いやると考えたため」と説明した。
 遺族の怒りが収まらないことから、KBSは報道局報道本部長や取材主幹など幹部10人以上が直接謝罪するため、8日午後3時40分ごろ焼香所を訪れた。しかし遺族らは弔問を拒否し「報道局長は誰だ」などと言いながらKBS幹部らに詰め寄り、うつむいて何も語らなかった取材主幹を殴り遺族待機所に連れていった。警察によると、問題の報道局長はこの日国防部(省に相当)との打ち合わせがあったため焼香所には訪れなかったという。遺族らはその後午後8時30分まで、報道局長を含むKBS幹部らの謝罪を要求し続けた。
 しかしそれでも報道局長は姿を現さなかったため、事故で犠牲となった壇園高校のある生徒の父親が子どもの遺影と位牌(いはい)持ってKBSに行くことを提案し、これに150人以上の遺族が同じく子どもの遺影と位牌を持って同行した。遺族らは30人乗りのバス6台に分乗してKBS本館に到着。建物の前で「報道局長が姿を見せて直接謝罪をしないのであれば、大統領府に直接乗り込む」などと叫んだ。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本と韓国
ジャンル:政治・経済

  1. 韓国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

 ハハハ!! ここまくるともう漫画の域ですね。

 2ちゃんにこの沈没事件について「大惨事なのにまるでドリフのコントをみているようだ」と言うカキコがありました。

 全く同感でした。

 しかしこれを見ると韓国人が求める謝罪と言うものの意味は、日本人が考えてる謝罪とは根源的に違うのだと考えざるを得ません。

 だって連中はこれまでパククネとかKBSとかに謝罪を求めてヒステリーを狂乱しながら、不思議なことにフェリー会社には謝罪を求めていないのですよ。

 どう考えてもこの事故の直接責任はフェリー会社です。 

 一体何を考え要るんでしょうね?
  1. 2014-05-11 23:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

確かに、韓国人の考え求める謝罪と、日本人の思うそれは根本的に違いますよね。質や度合も何もかも。遺族のやり玉に挙げられている韓国政府の対応に注目すれば、歴史認識問題における日本の対応方法のヒントになるかもしれません。

韓国政府がどうやって遺族の溜飲を下げるのか、どうやって和解するのか、貴重な参考事例になりそうです。もっとも、パククネに事態を沈静化させる能力があって成功すればの話ですけど。

また、船会社でなく政府に謝罪を求める性格について、おそらく彼らの中ですでに格付けが済んでいるのでしょう。自分達の格上は明らか、わざわざ相手にするまでもない、と。一方、パククネら巨大権力者との格付けは済んでいない。当然、被害者様は自分達が格上と考えるわけで、上下関係の否定に繋がる言動は絶対に許せないのでしょう。

「立場をわきまえるニダ!」、「理解したら謝罪と賠償するニダ!」、そういうことなんだと思います。


  1. 2014-05-12 20:14
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する