2014-06-09 21:46

「困惑」の多用に「違和感」

日本語には「なんとなくそれっぽい言葉」がある。直接的な表現を避け、波風を立たせず、かといって嘘でも間違っているわけでもなく、曖昧で誤魔化しのきく便利な言葉だ。しかし、便利であるが故に多用しがちになり、依存するうちにやがて思考停止へと陥る。

昨今の報道を眺めていると、「困惑」の文字をやたらと目にする。試しにgoogleニュースで「困惑」をキーワードに抽出すれば、政治経済外交からエンタメまで幅広い記事が大量にヒットする。

適当に抜き出すとこんな感じだ。


読売:中国、南沙で新たに埋め立て?比大統領「困惑
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140605-OYT1T50116.html?from=ytop_main1

朝日:「なぜ今」、ベトナム困惑 南シナ海掘削、友好ムード一転
http://www.asahi.com/articles/DA3S11123000.html

日経:学童保育「40人」、現場や自治体困惑 「すぐ確保難しい」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2601W_V00C14A6CC1000/

沖縄:川内原発避難推計:目立つ問題点 周辺自治体困惑
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=71202

毎日:STAP細胞:論文撤回、小保方氏代理人は困惑
http://mainichi.jp/select/news/20140604k0000e040225000c.html

毎日:美味しんぼ:被害調査の市民団体「事前に接触無く困惑
http://mainichi.jp/select/news/20140516k0000e040227000c.html

産経:「ゆとり社員」に困惑する職場が急増?
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140603/prl14060310570033-n1.htm

産経:創価学会、「見解」独り歩きに困惑 集団的自衛権「あくまで慎重に」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140520/stt14052010320002-n1.htm

産経:関電「困惑」…赤字解消シナリオに暗雲漂う
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140521/waf14052122460048-n1.htm


みんな困惑しすぎだろう(笑)。

でも、何かおかしくはないか。困惑と同様に多用される言葉に「違和感」もあるが、マスコミが用いる「困惑」にこそ違和感を覚える。「それって困惑か?」、と疑問に感じる「困惑」が多すぎる。

関西電力の記事は、大飯原発再稼働差し止めの仮処分を認めた福井地裁のトンデモ判決に関するものだが、関西電力の心中は「困惑」ではなく「焦り」や「苛立ち」ではないのか。

ゆとり社員に愚痴をこぼす人は、「困惑」より「呆れ」とか「怒り」の感情が湧くのではないか。

美味しんぼで勝手に名前を出された市民団体は、「困惑」ではなく「迷惑」とか「不快感」を感じているのではないか。

南シナ海を侵略する中国に対し、フィリピンやベトナムの抱く感情は「困惑」ではなく「激怒」や「恐怖」ではないのか。

困惑はある種の思考停止状態だ。わざわざ報じる意味など無い。そりゃみんな一瞬は困惑しただろうけど、困惑しっぱなし何てことはあるまい。重要なことは困惑した後、どのような決断をしたか、どんな風に考えたか、どう意思表示をしたかだ。

実社会において、大人の「困惑」はみっともない。もし仕事で「私困惑してますぅ~」などとアタフタしている馬鹿を見かけたら、no-risuは張り倒して説教をかますだろう。いつまでも困惑するのは、知識・経験不足により判断出来ないか、単に無能だからだ。

分からないことがあれは、自分で勉強するか誰かに聞くか何かしら努力すれば良いわけで、堂々と「ワタクシは困惑しております!」などと思考停止を晒す人間は社会人失格である。記事の人々だって、本当に「困惑」しているわけではあるまい。

マスコミは言論のプロなのだから、「困惑」や「違和感」の安易な多用を慎め。必要な情報も意味も喜怒哀楽も何も無い、空虚な「困惑」で記事を誤魔化し妥協するな。もし、誤魔化し・妥協の自覚が無いのなら、それこそ自分の思考停止に危機感を持つべきだ。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

呼びそうだ→あんた等が呼び込んでいる

こんばんは。
マスコミ諸氏は、
「困惑が広がっている」
「違和感を感じる」
「○○を呼びそうだ」
「○○言えそうだ」
「○○の意見が広がっている」
などと、自分達の主観や主張をさも世論の既成事実であるかのように使います。
このような言葉遣いが出た場合、
「かなり怪しい」
「マスコミが信じる方向に誘導したい」
「反対意見をなんとしてもつぶしたい」
と思った方がよろしいと思っています。
マスコミ諸氏からはそういう意図はないとの意見が出そうですが、彼等の過去の言動と事の成り行きからは、そうとしか言えなく。
  1. 2014-06-10 20:21
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

To kogumaさん

こんばんは。

「困惑が広がっている」より「波紋が広がりそうだ」が常套句ですよね。「呼びそうだ」の場合は「議論を呼びそうだ」になるかと。

自分達の主観や主張をさも世論の既成事実であるかのように使うだけではなく、世論誘導したい醜悪なマスコミの意図が丸出しです。

マスコミは非を認めるわけにはいかないので否定するでしょうけど、そんなものは嘘に決まっていて、今時誰も信じないでしょうね。

要するに、マスコミは国民をなめて見下しているんですよ。もうそんな時代ではないと思いますが、それでもまだかなりの効果があるのでしょうね。


  1. 2014-06-10 21:28
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する