2014-06-30 21:39

橋下市長の放射脳は治る気配無し


6月26日に電力各社の株主総会が開催され、関西電力には今年も橋下市長が乗り込み反原発演説を展開した様だ。橋下市長はさんざん関電経営陣を批判した挙げ句、「答弁次第では本日をもって物言う株主に売り渡す」、等と恫喝したらしい。

橋下市長がすでに「物言う株主」だろう(笑)。それはさておき、朝日新聞によると「物言う株主」とは外資系ファンドを想定しているらしい。インフラ株をハゲタカ外資系ファンドに売り払うとか、橋下市長は原発問題になると本当にダメな奴になる。

そもそも、橋下市長が希望する様な反原発外資ファンドがあるのかね。外資ファンドは利益が全て、それも短期利益が大好物だ。外資ファンドが関電の株を持てば、彼らは関電の業績を上げるために「物を言う」。ならば、何を言うかは自ずと分かるだろう。

まず間違いなく、真っ先に要求してくるのは「電気料金の値上げ」で、次に「原発の再稼働」である。関西電力は巨額の赤字を垂れ流しており、赤字を解消するには値上げと原発再稼働しか手段が無い。再稼働には時間がかかるから、まずは値上げだ。

値上げされれば企業も庶民も大打撃だが、外資ファンドにとって他人の苦しみなど知ったことではない。文句は株を売った橋下市長に言え、と。で、橋下市長は弁明するのだ。「値上げは関電が悪い」、「原発に固執し経営改善しなかった関電の責任」、と。

大阪市の関電株は時価総額800億円だ。橋下市長ら放射脳が妄想する、クリーンエネルギーの技術革新とか、市場規模を大胆に縮小させる節電とか、経済より命が大切とか、そんなお花畑思想に巨額資金を投じる外資ファンドが本当にあるのかね(笑)。

しかも、再生可能エネルギーの固定買い取り制度はとっくに法制化されている。つまり、外資ファンドが反原発で利益を生み出す肝、再エネ施設への投資とそれを転売する環境は整っている。今さら大株主になり、総会で反原発を求め「物言う」メリットが無い。

まあ売ってみろよ(笑)。

「答弁次第では本日をもって物言う株主に売り渡す」が恫喝でないのなら、市議会の承認を得て直ちに売り払え(笑)。




朝日:橋下市長、関電株を「物言う株主」に売却方針
http://www.asahi.com/articles/ASG6V64WTG6VPTIL01Y.html?ref=reca
 関西電力の筆頭株主である大阪市の橋下徹市長は26日、「市が株主で居続ける必要はない。物言う株主が関電をチェックしないとダメだ」と述べ、関電株を外資系ファンドなどに売却する意向を示した。大阪市役所で記者団に答えた。
 橋下氏はこの日、2年ぶりに関電の株主総会に出席。原発再稼働にこだわる経営陣の責任を追及し、「答弁次第では本日をもって物言う株主に売り渡す」と迫っていた。
 市は現在、関電株のうち8・9%(8374万株)を保有。26日の終値(949円)で換算すると、時価は800億円近くなる。ただ、市の条例では1億円以上の株式を売却するには市議会の承認が必要。市幹部は「市場への影響が大きく、全株売却は非現実的だ」と指摘する。
 一方、関電の八木誠社長は総会後の会見で「引き続き株主の皆様に株を持ってもらえるよう努めたい」と述べた。関電幹部は「橋下市長にとってメリットがない。揺さぶりをかける手段ではないか」と話した。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:橋下徹
ジャンル:政治・経済

  1. 反原発
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

おはようございます。

大変お恥ずかしい話ですが、私は3.11まで電力会社各社が上場企業である、ということを忘却していました。そしてその後その事実を認識するにつけ、大変恐ろしいことだと思ってます。

制度的には日本の根幹を成す電力会社が「外資系企業」(外資とは別にキャピタルゲインを狙う企業のみではありません)になる可能性があるわけで・・・

ご指摘の点もごもっともですが、そもそも電力会社などは国策企業・国営企業であるべきではないでしょうか。
  1. 2014-07-01 09:22
  2. URL
  3. toshita1967 #-
  4. 編集

こんばんは。

物言うのは結構ですが、自国のインフラ株や支配権を手放すことは、国民の殺生与奪を他国に握られることに他ならないことが分からないのでしょうねぇ。
これまで日本国民の利益に貢献した海外ファントがあったら知りたいもので。
支那の傀儡ファンドに関電株を握られた日には、関西にはぺんぺん草も生えないかと。
  1. 2014-07-01 19:46
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

To toshita1967さん

こんばんは。

インフラ企業は民間企業と同列に扱うべきではない、そう思います。利益追求は馴染まず、公的な性質が強いですからね。ただ、国策企業・国営企業にまでして国が管理すべきか、と聞かれると、必ずしもそこまでする必要は無いと思います。

国営企業といったお上の商売は、往々にしてろくでもありませんから。なので、半官半民の現状のシステムは結構バランスが取れていると思います。

ただし、総括原価方式と異様に高い給与水準は見直さねばなりません。待遇は国家公務員に準ずるべきで、民間の企業努力効果を出すためにも総括原価方式は撤廃すべきですね。

  1. 2014-07-01 21:48
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To koguma さん

こんばんは。

原発推進派を苦しめるためなら手段を択ばない、何がどうなろうと知ったことではない、そう盲目に陥るのが放射脳の恐ろしいところですね。

本件で言えば、橋下市長は反原発路線に進まない関電経営陣を全員クビにしたいと本気で思っていて、それを実現させるために本気で恫喝したのでしょう。痛い人間ですよ。


  1. 2014-07-01 21:54
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

意外でした

何年か前に、あと二年ぐらいで電波を出し始めるだろうなあと思ってましたが、まさか放射脳を出すとは意外でした。
一体なんで本気で原発ゼロなんて思想になっているのか理解に苦しみます。まじですか?て感じ。
  1. 2014-07-06 14:48
  2. URL
  3. 最強の獣うさこ #-
  4. 編集

To 最強の獣うさこさん

こんばんは。

橋下市長は、すでに「何年か前」に放射脳を発症しています。

府市エネルギー戦略会議を立ち上げて、原発ゼロを本気で実現するべく飯田など怪しげな環境学者を集め、荒唐無稽な将来像を導き出しました。

戦略会議は内ゲバなどで崩壊しましたが、橋下市長のエネルギー戦略は未だに戦略会議がベースになっています。

  1. 2014-07-06 20:03
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する