2014-07-06 20:52

ゴロツキに頼ると後が怖い、韓国は大丈夫か?


中国の習近平が訪韓し、朴槿恵大統領と100分にわたる首脳会談を行った。日中韓のマスコミは中韓の蜜月ぶりを強調しているが、その裏でひっそりと伝えられる首脳会談の結果を見ていると、他人事ながら韓国の今後を憂慮せずにはいられない。

中韓蜜月を報じるマスコミは、中国の「プレゼント」も大きく報じている。友好の証としてパンダを貸与することや、韓国キムチを輸入するために衛生基準の改正を約束したことなどだ。だが、そんなことは些細なパフォーマンス、目くらましである。

まず、首脳会談は60分の予定だった。しかし、韓国サイドが予定していなかった日本批判を中国が始めたため、予定を大幅に超える100分の会談になった。中国CCTVは、会談の中で習近平が「抗日勝利70周年記念行事を開催しよう」と提案したことを報じた。

韓国の中央日報によると、抗日記念行事の話について韓国サイドは非公表にすることを望んだらしい。ところが、中国サイドは韓国の意向を無視、中国CCTVに情報を流して公表してしまった。

全体的な傾向として、韓国サイドは日本批判を控えたかった様子が見て取れる。これは韓国メディアにも同様の見解が見られ、「日韓関係を憂慮するアメリカに釘を刺された」との見方が強い。しかし、no-risuは全く別の理由があるように思えてならない。

別の理由とは、韓国政府が、少なくとも朴槿恵大統領が、ゴロツキ中国に頼ったことに後悔と恐怖を感じ始めているのでは?、ということだ。元々は韓国から中国にすり寄り、「対日共闘」を持ちかけたのだが、主導権が逆転している様に見えるのだ。

最初は良かった。韓国の目論み通り、中国は積極的に歴史問題で日本批判を始め、ハルピンに安重根記念碑の設置をお願いしたら立派な記念館を作ってくれた。「ウリに逆らうとこうなるニダ!」、「いい気味ニダ!」、韓国はさぞ気分が良かっただろう。

しかし、その後の韓国は要所要所で日本批判を抑制しようとする姿勢を見せ始める。アメリカの機嫌や国内経済の問題などもあり、「そ、そろそろ勘弁してやるニダ!」とひとまず矛を収めようとしたのか。韓国メディアにも、日韓関係の改善を求める記事が増えていた。

だがしかし。韓国が日本批判を抑制しようとすると、図ったかのようなタイミングで中国が日本批判をするようになった。「一抜けたは許さないアル」、「この意味分かっているアルな?」、韓国に向けた恫喝的メッセージが含まれている様に思えてならない。

ロイターが小さく報じていたが、首脳会談で中国は韓国中央銀行に元決済を可能とするよう要求し、韓国はこの片務的な金融緩和を認めた。断ることが出来ず、認めさせられたのではないか。

抗日勝利70周年記念行事も、韓国メディアは「朴槿恵大統領は回答しなかった」と報じているが、非公表の約束をあっさり反故にした中国様に対し、おそらく韓国はこれを断ることなど出来まい。中国が「やる」と言えば、韓国は「ニダ」としか言えないのでアル。

韓国キムチの輸入にかかる規制緩和など、中国にしてみればノーリスクだ。朴槿恵がわざわざ要求したのは、他に適当な要求が用意できなかった、中国様に対してはこの程度の要求しかできなかったからで、精一杯の意地がキムチだったのではないか。

韓国のキムチ市場には、中国産の輸入キムチが溢れている。中国は韓国から輸入しなくても、国内で大量に生産されている。「本場」というだけの付加価値で、韓国産キムチが中国でどれほど売れるだろう。まだ、日本が輸出した方が売れそうだ。

韓国政府とて馬鹿ではない。

口では「歴史に向き合わない日本は世界で孤立するニダ!」と吠えても、現実的に国際社会で嫌われ孤立しているのは中国であることくらい理解している。それでも感情を抑えられず、日本憎しで中国に接近したら、深みにはめられて引き返せなくなった。

日本に嫌がらせをしようと軽い気持ちで中国を利用しただけなのに、気がついたら中国が日本叩きに本腰を入れ始め、物事が勝手にどんどん動き始めた。もはや韓国がコントロールできる段階ではなくなった。「まずいことになってきたニダ」、と。

no-risuが見るに、朴槿恵大統領や韓国政府はこの非常事態を理解している。理解していると言うことは、焦り・恐怖・後悔を感じているはずだ。一方で、韓国民には事態を理解している様子が見られない。習近平の訪韓を歓迎し、中韓蜜月に大喜びしている。

「今こそ米中の橋渡し役になるニダ」、「中韓で新たな国際勢力を形成するニダ」、「日本ざまみろニダ」、等と哀れな妄想を楽しんでいる。中国が韓国とwin-winの関係を求めているわけが無いのに。対等扱いされているわけが無いのに。

アメリカ、中国、国民、朴槿恵大統領は非常に難しい舵取りを迫られている。唯一、日本叩きは誰からも容認されるわけで、朴槿恵が日本叩きに逃げたくなる気持ちも分かる(許さんけど)。でも、日本叩きは現実逃避・問題先送りに過ぎず、事態は何も好転しない。

韓国、本当に大丈夫か?。このまま中国に良い様に利用され続けて、無事に着地するビジョンはあるのか?。反日韓国がどうなろうと構わないけれど、さすがにこの状況は心配になるゾ。なお、心配はするけれど、くれぐれも日本に助けを求めないように。

自業自得、自分でどうにかするニダ。



中央日報:習主席の「抗日」提案、韓国が非公開にすると…中国、官営媒体で流す(1)
http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=187319&servcode=a00§code=a30
" 3日の韓中首脳会談後に行われた共同記者会見で、習近平主席は今後の韓中関係に関し、「全面的に協力を深めることで、重大な国際地域問題に対する調整および協力を強化する必要がある」と明らかにした。従来の「戦略的協力パートナーシップ関係」を深めることを明確にしたのだ。共同声明にも「成熟した戦略的協力パートナーシップ関係を構築する」という内容が盛り込まれた。
「成熟した」という表現は、当初中国側が要求した「全面的」よりは程度が低いもので、韓米関係などを考慮した韓国の立場が反映されたという解釈だ。両国は共同声明に「国防・軍事関係の良好な発展傾向を維持し、相互理解と信頼を不断に増進し、領域内の平和と安定の維持に寄与していく」という内容を入れ、安保協力を強化していくことを表した。・・・"


中央日報:習主席の「抗日」提案、韓国が非公開にすると…中国、官営媒体で流す(2)
http://japanese.joins.com/article/320/187320.html?servcode=A00§code=A30
韓中間の微妙な温度差を表した部分もある。日本の共同通信は、習主席が朴槿恵(パク・クネ)大統領に「来年は抗日戦争勝利と光復(解放)節70周年なので中韓抗日記念式を開催しよう」と提案したと、中国CCTVの報道を引用して伝えた。しかし青瓦台(チョンワデ、大統領府)側は韓国メディアの事実関係要請に対し、「単独首脳会談で行われた内容を確認することはできない」という立場を見せた。政府のある関係者は「そのような提案があったのは事実だが、朴大統領は特に返事をしなかったと把握している」と述べた。習主席の提案に負担を感じた韓国側がこれを非公開にしたが、中国側は官営メディアでこれを流したとみられる。習主席は5月のプーチン露大統領との首脳会談でも、反ファシスト勝利および中国の抗日勝利70周年記念行事を開催しようと提案した。・・・




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本と韓国
ジャンル:政治・経済

  1. 韓国
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

 中韓で抗日記念式を行って、中韓の抗日英雄を讃えるとなると、パククネのパパの立場はどうなるんでしょうね?

 中国は勿論、パパの素晴らしい軍歴を知って言ってるんですよ。
  1. 2014-07-06 22:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

もはや引き返せない

さすがにこれは拙いと気が付いたのでしょう。
支持率維持のため続けてきた反日告げ口外交も一向に効果が無く、止め時を失して中国擦り寄りを続けた結果、引き返せない所まで来てしまったことにようやく気付いてトーンダウン。
ところが周近平に退路を断たれて困ってしまった状況に
追い込まれています。
かわす事は出来ないでしょうね。
属国に戻る事がほぼ確定してしまって、後悔しているのではないでしょうか。
まぁ自分達のしてきた行動の結果ですから、
他所の国に助けを求めるのは止めましょう。
今後の展開が楽しみです。
  1. 2014-07-07 17:53
  2. URL
  3. 団塊ノンポリ #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

パククネら韓国は、中国のシナリオ通りに協力し、中国の面子を立てるように気を使い、国内向けには不都合な情報を極力抑えるでしょうね。

米軍慰安婦問題も、国内ではほとんど報じられていませんし。それしか選択肢は無いと思います。


  1. 2014-07-07 19:23
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 団塊ノンポリさん

こんばんは。

今や中国が「告げ口外交」に勤しんでいますからね(笑)。

元はパククネがやってきたことだけに、中国様に真似られても何も言えないでしょう。笑い事ではなくて、韓国は全くろくでもない前例を作ってくれてしまいましたよ。

韓国が中国の属国から逃れる手段、実はまだ一つだけ残されているように思います。「世論の爆発」です。
アメリカに対して大々的な抗議デモが行われた様に、中国の属国化に気が付いた韓国国民が政府に激怒すれば、それを理由に政府も引き返すことが出来ると思います。

中国も、韓国国民の火病はいかんともし難いことを知っているので、ひとまず諦めざるを得ないと考える可能性大です。まあ、今のところ韓国国民にその気配はありませんし、中国もそうならない様に策をめぐらしているでしょうけどね。


  1. 2014-07-07 19:28
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する