2014-07-10 21:24

北海道は鉄道を全廃したら?


7月20日に開催される、札幌市の陸上自衛隊丘珠駐屯地の航空イベントで、北海道では初となるオスプレイの展示が行われる。良いことだ。マスコミらがキケンキケンと喚く悪魔の欠陥機がナンボのものか、市民が自らの目で確かめる貴重な機会となる。

しかし、案の定この計画に異を唱えるメディアが現れた。メディアとは「北海道新聞」だ。言わずと知れた、北に燦然と輝く売国サヨクメディアの雄である。北海道新聞は道内でのオスプレイ展示に反対で、反対理由は「道民の安全が脅かされる」からだ。

北海道新聞によると、オスプレイを北海道に運び込み展示することは、道民の命を軽んじ道民の安全を脅かす非人道的な蛮行に他ならず、展示会場までの飛行中に重大事故を引き起こす可能性もあり、地元住民は不安で夜しか眠れないらしい。

アホかと。そんなに道民の安全を重視するのであれば、オスプレイよりもっと危険なアレがあるだろう?。事故と不祥事を連発させたJR北海道、鉄道こそ道民の命を守るために全廃したらどうか。反鉄道運動を行い、廃炉ならぬ廃線を目指してデモや集会をすればいい。

なんせ、鉄道の危険度はオスプレイや原発の比ではない。

2011年5月、列車が脱線して炎上、上客78人が負傷した。翌6月には車両から白煙発生、信号機誤表示、居眠り運転、7月には車両事故、11月には読書運転に片目運転、12月には普通列車と貨物列車がそれぞれ脱線、さらに2012年3月4月9月にまた脱線事故、その間にも発煙や火災多数、2013年にも7月までに車両火災や発煙が7件、8月9月には貨物車両脱線事故、他にも不祥事のオンパレードだ。死人が出ていないのは奇跡である。

こんな危険な鉄道を放置して、オスプレイを批判するとは如何なる合理的理由によるものか。道民の安全はどこに消えたのか。北海道新聞には納得のいく説明を求めたい。まあ、説明など出来るわけがないか。だって、本音では道民の安全なんて眼中に無いのだから。

北海道新聞ら反戦派の目的はオスプレイ批判であり、「道民の安全」は後付けの理由に過ぎない。だから、オスプレイより危険な何かが存在しても、道民が危険にさらされていても、連中はオスプレイを優先して批判する。ちなみに、反原発にも全く同じ事が言える。

詭弁も大概にしろ。本気で道民の命を心配するのなら、リスクに準じた議論をするべきなのだ。現実に鉄道のリスクはオスプレイより高いのだから、「最低でも県外!」とか「即廃線!」とか「フクチヤマを忘れるな!」とか声を上げればいいじゃないか。

もちろん、鉄道が無くなれば道民の暮らしや経済に大打撃を被る。でも、「経済より命が大事」が北海道新聞らの口癖だ。鉄道が無ければ自家用車やタクシーや運送会社を使えば問題ない。金がかかる?、そんなことは気にしないはずだろう?。

だって、北海道新聞ら左翼のクソ共は、原発停止により巨額の赤字が発生しても、「原発が無くても問題ないことが分かった」などと主張しているじゃないの。同様に、「鉄道より命が大事」と言えばいい。

おりしも、北海道では整備新幹線計画が進められている。JR北海道の事故と不祥事の総括も終わっていないのに、整備を強行するなんてとんでもない話だ。鉄道利権、新幹線村である。

それに、新幹線なんか作ったら、テロの標的にされるかもしれないし、隕石や火山が直撃するかもしれない。沿線地域の活断層調査や避難計画策定や防壁設置など、絶対の安全が保障される安全基準を作るべきだ。新幹線反対は道民の総意である。

さあ、オスプレイよりも鉄道に反対の声を上げようじゃないか。本当に道民の命が大事なら、声を上げずにはいられないはずだ。廃線と県外移設を目指し、「さよなら鉄道1000万人アクション」を設立し、「テツドウいらない」「命を守れ」と連呼すればいい。

まあ、北海道新聞らはやりたがらないだろうな。上にも書いたが、サヨク連中は市民の命や健康に興味が無い。単なる活動の道具だ。反戦・反核・人権活動に利用出来る便利な「弱者様」、市民でも女性でも子供でもジュゴンでも何でも道具に利用する。

だから、北海道新聞らはオスプレイの墜落を望んでいる。所詮は道具、市民が巻き込まれたらラッキー、犠牲者が子供ならなお良し、片足飛ばされて障害を負ったり死んでくれたら最高にハッピーだ。「堕ちるなら是非とも学校に!」、そう願っているに違いない。

まったく。何が「地元の不安は払拭されていない」だ。どうせ地元民に聞いてもいないくせに、判断に必要な情報も報じていないくせに、無責任な勝手をぬかすな。



北海道:オスプレイ 札幌展示の再考求める
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/550298.html
" 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備されている新型輸送機MV22オスプレイが、道内で初めて展示される。札幌市内の陸上自衛隊丘珠駐屯地で20日に開かれる航空イベントがその場だ。
 開発当初から墜落事故が相次ぎ、6月にも沖縄県での訓練飛行中に金属部品を落下させる事故を起こした。問題の機種である。"
" イベントでは展示だけだが、会場には住宅地の上空を通過して入る。東日本での初飛行となる。
 重大事故が起きる可能性も否定できない。主催者の北海道航空協会(札幌)には再考を促したい。"
" 協会には航空各社をはじめ民間企業約70社が加盟している。今回の展示は、協会が防衛省を通じて米軍に依頼したという。
 展示は昨年12月に宮崎県で初めて行われ、多くの人を集めた。このためか、米軍は前向きで、防衛省も「国民理解が進む場を増やしたい」と積極的だ。
 今回の展示には、オスプレイに対する道民の抵抗感を和らげる狙いが透けて見える。"
" 既成事実を積み重ね、道内での飛行訓練の実施につなげるつもりなら、容認できない。
 防衛省は2018年度にも自衛隊にオスプレイを導入する方針を決めている。展示は道内配備を円滑に進めるための布石とも受け取れる動きだ。
 2年前、日本に配備されたオスプレイの飛行訓練は今後、防災訓練も含め、日本各地に拡大するとみられている。"
" 訓練地の分散は沖縄の負担軽減につながると、政府は主張する。
 だが、オスプレイの配備自体が沖縄に負担増を強いたことを忘れてはなるまい。負担軽減の最善策が、あくまで配備の見直しであるのは自明の理だ。
 道内ではすでに、陸上自衛隊矢臼別演習場(根室管内別海町など)や空自千歳基地(千歳市)が米軍訓練を受け入れている。"
" 矢臼別では昨年、りゅう弾の演習場外への着弾事故も起こった。地元の不安は払拭(ふっしょく)されていない。
 こうした現状に、オスプレイの飛行訓練が加われば、道民の安全はいっそう脅かされる。そんな事態は避けねばならない。"
" 安倍晋三政権は集団的自衛権の行使容認を閣議決定した。日米同盟の強化ばかりが優先される姿勢に懸念が広がっている。
 道民の命が軽んじられぬよう、道などは米軍や国に情報開示や安全対策の徹底などを、いっそう求めていく必要がある。"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(5)

コメント

 今度の航空ページェントは、ワタシも妹もすご~~く楽しみにしているのに、反対するなんて絶対に許せません!!

 このオスプレイの飛来には札幌市も反対なので、頭に来て市役所に電凸したら、事故率その他のデータは見事に何も調べていませんでした。

 素晴らし税金泥棒ぶりです。

 しかし本来道民の生命を守る為なら、北海道にも是非オスプレイを配備して欲しいです。
 
 飛行距離、速力、そして積載量と安全性からいって、災害時や緊急の救援用に素晴らしく有効ですから。
 これを丘珠に置けば、道内全域をカバーできますからね。
  1. 2014-07-10 22:54
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

イベント見に行かれるとは羨ましいですね、ぜひ楽しんできてください。きっと、イベントの様子はブログに書かれると思いますので、私はそれを楽しみに待ちつつマスコミの反応でもうかがって過ごしますよ(笑)。

札幌市のどこの部署に問い合わせたのか分かりませんが、一般職員何てそんなものでしょうね。興味無いでしょうし、もし個人的に思うところがあってもグッと胸にしまうしかないのだと思います。公務員ですからね。しかも札幌市ですし・・・。

オスプレイ、札幌までの道中でうちの街の上空も飛んでくれればいいのですが、まあ無いでしょうねぇ(笑)。


  1. 2014-07-10 23:53
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

旦那
もっと危険なもの忘れてすぜ。
自動車ですよ。
たしか今年は北海道ではまだ鉄道事故の死人は出てないでしょう。

でも交通事故ははるかに多いんですよ。特に北海道のドライバーの事故の多さは有名ですからね。
こんな危険なものは廃止でしょう。

その他にも省エネ、環境の観点からも重要でしょうね。こういった点では少しくらいの不便はいとわないんでしょう。

あと火力発電も辞めたほうがいいですねえ。たかが電気じゃないですかあ。
石油や天然ガスの確保で戦争は起きてんですからそれを使わないのが憲法9条に則した生き方ってもんでしょう。

  1. 2014-07-11 00:10
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

丘珠の航空ページェントって

北海道新聞が協力してるわ。
自衛隊と一緒に名前が出ています。

http://sky.geocities.jp/haa_web/pageant/pageant.html

不思議な世界です。
  1. 2014-07-11 00:22
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

To kazkさん

こんばんは。

自動車リスクの話は私も過去に何度か使用済みなので、今回はあえて別のリスクを取り上げてみた次第です。それに、自動車の例えは反原発派も飽き飽きしている様で、「また自動車かよ、ハイハイ」等と無視する傾向が強くなってきているのもあります。

まあ、無視するだけでもっともらしい反論は無いのですけど。

原発の代替に火力を使っていることについて、反原発派に環境問題を突きつけても理解してくれませんよね。「だからこそ太陽光や風力」とか「省エネを推進するべき」などと、非現実的なお花畑で逃げます。相手にしてられません(笑)。

北海道新聞やその他サヨクメディアが自衛隊イベントに協力しているのは、単純にプレス用の優先パスが欲しいだけでしょうね。良い場所から写真を撮るとか、関係者に取材しやすいとか、それだけの目的だと思います。

私が朝日新聞を買うのと似た様なもんかと(笑)。
  1. 2014-07-11 19:22
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する