2014-07-17 21:05

川内原発は日本一危険な原発?


火山


原子力規制委員会による審査が終了し、川内原発(九州電力)は今秋にも再稼働する見通しとなった。反原発派は「日本一キケンな原発を再稼働させるな!」と怒り狂っている。いったい、いつの間に川内原発が「日本一危険な原発」と認定されたのか。

反原発派が「日本一危険」と判断する根拠は火山リスクだ。「火山についての検証が不十分」、「火山の影響を反映させた避難計画が必要」、「火砕流で原子炉が爆発する」、などと主張している。しかし、これらの主張は本当に妥当なのか。

火山列島日本には、監視を必要とされる活火山が多数存在する。気象庁が認定しているのは47火山で、川内原発と関わりがある火山は霧島山と桜島の二つ。ただ、どちらも距離や地形から、火砕流が原発に到達するとは考えられていない。

では、「日本一危険な原発」の根拠となる火山リスクは何か。川内原発の火山リスクとは、通常の火山噴火とは全くの別物、超巨大噴火だ。7500年前に南九州の縄文文化を崩壊させた破局噴火である。

おそらく、大半の反原発派はこれを理解していない。それは、彼らが求める避難計画の規模からしても明らかだ。火山リスクを正しく理解していないくせに、「日本一危険な原発」と主張しているのである。「キケン!」と主張したくて辛抱たまらんのである。

さて、反原発派の間抜けっぷりは脇に置くとして、破局噴火が発生すれば川内原発も無事では済まない。そのリスクが存在することは間違いない。破局噴火は地球環境に影響を及ぼす規模で、南九州壊滅の危機をはらむ絶望的自然災害だ。

確かに、破局噴火を現実的リスクに捉えて向き合えば、反原発派の言う様に「川内原発は日本一キケン」と評価出来るかもしれない。おめでとう、反原発派の大勝利だね!。まあ、本当は「頭のおめでたさが大勝利」なんだけどね!。
「破局噴火が起こるから再稼働反対」。反原発派は破局噴火級のアホだ(笑)。

破局噴火に備えるのであれば、再稼働とか廃炉とか半径30キロ圏内の避難計画とか、そんな悠長なことを考えている場合ではなかろう。放射能の前に火砕流や火山弾で死んでしまう。避難計画を作るなら、南九州全域からの退避計画が必要になる。

反原発派は「命が何より大切」と言う。人命への危険レベルは、川内原発事故より破局噴火の方が圧倒的に高い。したがって、破局噴火の影響を恐れるのなら、原発事故より先に噴火そのものから人命を守ることを考えるべきではないのかね?。

まあ、どうせ反原発派は内容を理解せずに喚いているから、こんなことを話しても無駄か。「火山」が再稼働反対カードになると知り、何も考えず脊髄反射的に「火山ガー」と喚き散らしているだけだ。

それに、説明しても彼らが理解するとは思えない。反原発派の目的は原発ゼロ社会であり、人命救助ではないからだ。「火砕流で大勢の人が死ぬよ!」と訴えても、「原発と何の関係があるの?」と聞き返され、無関係と分かればさっさと立ち去るだろう。

彼らにとって、「人命」は反原発活動の道具だ。人命カードである。だから、火山リスクも原発へのダメージにのみ関心を持ち、人命へのダメージには無関心でいられる。

所詮は道具だから、「福島原発事故で誰か死ね」、「放射能で死ね」、「子供は内部被曝でガンになれ」、と願っているだろう。原発「関連死」では不十分、直接的な健康被害や死人が出てこそ、人命カードは光り輝き威力と価値を増すのである。

「川内原発は日本一危険な原発」、この評価は妥当性に欠ける。反原発派による捏造だ。川内原発は通常火山の影響を受けないし、破局噴火は原発に矮小化すべき問題ではない。「南九州自体が日本一危険」と言うならば、まあ納得出来る。




毎日:川内原発:審査書案「火山の検証が不十分」市民団体問題視
http://mainichi.jp/select/news/20140716k0000e040265000c.html
 大阪市を拠点に脱原発を目指して活動する市民団体「美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会」の小山英之代表は、川内原発の審査書案について「火山についての検証が不十分で、避難計画の実効性を審査対象にしていない」と問題視する。今回の審査書案は他の原発審査のモデルケースとされる見込みだ。「安全審査の問題点を福井県や周辺府県の住民に知ってもらい、再稼働に必要な地元合意の段階で再稼働に歯止めをかけたい」と話した。

毎日:川内原発:火山対策、予知頼みの無謀 専門家警告
http://mainichi.jp/select/news/20140626k0000e040260000c.html
" ◇火砕流で原子炉爆発の恐れ
 原子力規制委員会による九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)1、2号機の適合性審査が、大詰めを迎えている。安倍政権は「再稼働1号」と期待するが、周辺は巨大噴火が繰り返されてきた地域だ。このまま通して大丈夫なのか。他にも同様のリスクを抱える原発がある。東大地震研究所火山噴火予知研究センターの中田節也教授(火山岩石学)に聞いた。【瀬尾忠義】・・・"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:原発再稼働
ジャンル:政治・経済

  1. 反原発
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

何が何でも反原発ですからねぇ

こんばんは。

彼等は、地震雷火事親父、近年の豪雨被害より反原発命なのでしょうからねぇ。、
彼等は治水対策のスーパー堤防やダム、災害時の避難のための僻地の道路新設や海岸の堤防建設など、そこの住民の生命安全なんぞ顧みませんから。
そんな彼等は山手線や地下鉄が止まると、防災対策をないがしろにしていると騒ぎます。
そんなに日本は危険だとわめきおののくのなら、災害や人工物の事故が多分日本より少ない、どこか国外に移住して、金銭的に貧乏でも心休まる生活をすればいいのです。
他人の屍の上に自分達の利便利益の享受を最大限に考える輩たちは、絶対そんなことしませんが。
  1. 2014-07-17 22:11
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

To kogumaさん

こんばんは。

仰られている人々は、反原発派というかマスコミの習性ですよね。プロ市民の日常生活は、たぶん私達とたいして変わらないだろうと思います。いつもは普通なのに、こと反原発とか米軍基地とかになると本性をあらわにする、これが恐ろしいところなんですよね。

明確な分類方法とか基準があるわけではないですけど、公共事業に類する防災対策を無駄と言いながらいざ被害が出ると責任を追及する輩と、反原発派とはイコールにならない様に思います。


  1. 2014-07-17 22:24
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

 うわぁ~~!!

 カルデラ噴火の危険を言うなら北海道の泊原発はもっと危険です。 だってあの噴火湾はまさに巨大火山の噴火でできたのです。

 噴火湾がまた大噴火したら、勿論泊原発も無事では済まないでしょう。

 その前に道南道央の市町村が壊滅して、ワタシもよもちゃんもパトカーさんも死んでしまうでしょうが・・・・。
  1. 2014-07-18 12:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

反対派が言う「安全」って何なんでしょう。この世に「安全」なものなど何一つ無いのに。

「安全」だと言われる民間航空機でさえ撃墜される世の中なのですよ・・・・。

以前、ある作家が、飛行機の安全性について問われた際にこう答えたそうです。

機体が墜落するほどの衝撃を受ければ乗客も生きてはいない、彼らが墜落の恐怖を味わう事はおそらく無いだろう、自身にどれだけ安心感を持たせるか、「安全」など所詮は程度の問題だ、と。

今こんなことをおおっぴらに言うと、社会的に抹殺されてしまうかも知れませんね。
  1. 2014-07-18 17:02
  2. URL
  3. cn2100 #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

そう、北海道も危険なんです。

川内原発が日本一ですから、たぶん泊は日本で二番目に危険なんです。
カルデラ噴火が起きれば、泊原発が爆発してみんな死んでしまいます。

でも、泊原発さえ無くせば大丈夫ですよ。原発事故さえ起きなければ、どんな噴火が起きても心配ご無用です。よもぎねこさんもヨモちゃんもパトカーさんも、今日と変わらぬ日常を送れます。


  1. 2014-07-18 22:13
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To cn2100 さん

こんばんは。

真面目に答えさせていただくと、反原発派の安全とは、反原発派の安心ですね。

この世に論理的な100%安全は無いですけど、反原発派の安心には100%が存在します。臭いものには蓋、の理論ですね。ただ、蓋した結果引き起こされる副作用は考慮されませんけど。

>今こんなことをおおっぴらに言うと、社会的に抹殺されてしまうかも知れませんね。

そんなことないですよ。

マスコミの世論調査では反原発派が優勢ですけど、現実には反原発派は多数派になっていない、私はそう信じています。そこまで国民は馬鹿じゃないと思いたいです。

もし殺されそうになったら、返り討ちにしてやりましょう。むしろ望むところです。


  1. 2014-07-18 22:20
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

しかし不思議だなあ。
破局噴火が起きるなら原発の心配なんてあとあと
とにかく逃げなさいという世界です。

どこに逃げるって?

北半球はどこだって危ないから南米ブラジルか南アフリカあたりのことです。
はっきり言って人類の何割家が確実に死ぬ、そういう世界です。

心配する対象が違いすぎます。
まあなんでもいいんでしょう。

そのうちに小惑星の衝突に備えろとか言い出すんでしょうねえ。

こういう現代社会の生存不適格者はどこか1ヶ所に集めてコロニーでも作らせたらいいでしょう。さぞかし人権が尊重された立派な社会を作るんでしょうから。
  1. 2014-07-19 00:26
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

To kazkさん

こんばんは。

不思議ですよねぇ。

でも、私達は不思議に思いますけど、彼らは矛盾や疑問を何にも感じていないんですよね。自分に正直なのは良いことだと思いますが、ここまで来ると自己中やただのバカであって、何事にも限度があるということですね。

>どこか1ヶ所に集めてコロニーでも作らせたらいいでしょう

すぐにいがみ合いを始めそうですね(笑)。内ゲバだらけのギスギスした、経済的にも精神的にも貧しい社会を構築しそうです。

  1. 2014-07-19 20:26
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する