2014-09-24 19:48

在日にナマポ支給したけりゃ改憲したら?(笑)


本年7月、最高裁判所は「生活保護法は永住外国人を対象としていない」と判断、「在日を対象としないのは憲法違反アル」とした原告の中国人婆の全面敗訴を下した。この最高裁判決により、支給対象から永住外国人を除外する動きが現実化しつつあるらしい。

大変結構。法的根拠も無く税金を垂れ流すなど、財政規律上大問題だ。在日外国人に対する生活保護は、可及的速やかに打ち切られねばなるまい。日本は法治国家なのだから、最高裁判決の決定は最大限尊重し、判決に沿うように努力を尽くさねばならない。

当たり前の理屈だと思うが、人権精神溢れる東京新聞様の考えは異なる様だ。驚くべき事に、「本来は、外国人の受給権を法律に明記すべきだ」「永住外国人の生活保護バッシング」、と最高裁判決の遵守を拒否しているのである。
しかし、この主張はさすがに苦しい。

東京新聞は「外国人の受給権を法律に明記すべき」と言うが、その「理由」について示されていないからだ。何故、外国人の受給権を法律に明記するべきなのか、何故、明記することは本来の姿と言えるのか、合理的・論理的理由が一言も説明されていない。

自分は理由を示さないくせに、最高裁判決を尊重する人々の意見に対し、「永住外国人の生活保護者をバッシングしている」と批判するのは卑怯だろう。順法精神溢れる国民意見を、「バッシング」と決めつける行為こそ「バッシング」ではないのか。

生活保護法は、憲法25条の理念に基づいている。憲法25条には、「全て国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」と書かれている。

国の責任は国民に限定されており、在日外国人に対する責任まで国に要求することは、憲法の拡大解釈・恣意的運用ではないのか。在日外国人を対象としたければ、生活保護法改正の小細工ではなく、大本となる憲法の改正を要求するべきだろう。

第一、憲法改正せずの解釈改憲を批判してきたのは、他でもない東京新聞自身ではないか。集団的自衛権に関し、一貫して安倍内閣の解釈改憲を批判してきた。だったら、本件でも解釈・運用ではなく憲法25条の改正を求めねばダブスタだ。

両院の各総議員3分の2以上の賛成と、国民投票で過半数の信任が得られたら、憲法を改正して在日外国人の生活保護も認め、生活保護法を改正すれば良い。それまでは凍結するのが筋だろう。最高裁判決で法的根拠は否定されているのだから。

ところが、東京新聞は絶対に憲法改正を主張しない。改憲議論は9条改正に繋がりかねないし、在日利権について国民に知られたくもないからだ。国民的議論などもってのほか、9条と在日を守るためならば、理由も法律も国民が知る必要も無いのである。

まったく。サヨクのご都合主義には心底うんざりさせられる。在日への生活保護は直ちに打ち切るべし。支援したい人が社団法人でも基金でも作り、支援したい人だけで勝手に支援すればよろしい。自己中な感情論で国民に善意を強要するな。




東京:永住外国人の生活保護バッシング 地方や国政で除外求める動き
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2014092102000181.html
 生活保護の支給対象から永住外国人を除外する動きが現実化しつつある。千葉県習志野市議会には「支給停止」を求める陳情が提出された。国政では、次世代の党が生活保護法改悪を検討する。外国人を同法の対象外と判断した七月の最高裁判決を機に、ネット上では、外国人受給者への誹謗(ひぼう)中傷が横行していた。本来は、外国人の受給権を法律に明記すべきだが、政治の現場は真逆の方向に走り始めた。 (白名正和)




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:憲法改正論議
ジャンル:政治・経済

  1. 生活保護
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

こんばんは。

日本を超えたとのたまわる中韓は、他国に住む同胞の面倒を見ることはありません。その国に押っつけて知らんぷりです。
日本の場合、大マスコミをはじめとするあっちの方々が、日本政府に彼等の面倒を見させようとします。これら内通者の大体が護憲派と呼ばれますが、彼等は9条ガーと叫んでも25条ガーとは絶対に言いません。諸国の信義と公正を信じると書いてある憲法前文も口にしません。特亜+露は日本にとってとても公正ではありませんし信じられる国でもありません。

声がでかい日本国籍を有する中韓の傀儡人民や、特別永住者等には困ったものです。
  1. 2014-09-24 22:21
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

To kogumaさん

こんばんは。

韓国人などは、在日韓国人を思いっきり見下しているそうです。東京の韓国人学校では、在日韓国人とニューカマーの割合が半々くらいなのですが、裕福なニューカマーが在日に対して凄まじい差別をはたらき問題になっていると聞きます。韓国人は排他的ですからね、社会保障どころの話ではありません。

中国の社会保障はよく知りませんが、機能している様には見えませんね。本国でもあの有様ですから、在日華人に手を差し伸べるなんてことはあり得ないのでしょうねぇ。

在日ナマポは、これも在日特権に他なりません。最高裁判決がそれを証明しています。さっさと凍結してほしいもんです。とかいうと、「ヘイトスピーチ」とかレッテルを貼られるのでしょうが(笑)。

  1. 2014-09-24 22:44
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する