2014-09-26 21:59

反原発が温暖化対策?


無能との呼び声高い韓国の潘基文国連事務総長が、「気候変動サミット」なる会議を呼びかけ、ニューヨークの国連本部で9月23日に開催された。サミットでは、これまで温室効果ガス削減に消極的だった米国と中国が前向きな姿勢を示したらしい。

一方、日本は震災・原発事故からの復興真っ只中、具体的な削減計画を示すことは出来なかった。で、サヨクメディアが嬉々として日本批判を展開しているわけだが、「原発依存脱却こそが温暖化対策である!」、とまで言い放つ新聞社が現れた。

新聞社とは琉球新報だ。9月25日の社説、「気候変動サミット 日本は脱原発が最優先だ」を読み、さすがに閉口した。「反原発は盲目」と言われるものの、温暖化対策の切り札である原発の廃止が温暖化対策とは、こじつけ・非論理的にも程がある。

琉球新報の理屈はこうだ。

1.原発の温室効果ガス削減効果は大きい
  ↓
2.安倍総理は原発再稼働を目指している
  ↓
3.温暖化対策も原発頼み
  ↓
4.原発以外の温暖化対策が打ち出されない
  ↓
5.原発を無くせば温暖化対策が進む
  ↓
6.安倍総理は原発依存から脱却するべき


滅茶苦茶だ(笑)。

まず、「原発による温暖化対策の否定」が前提に置かれている時点で、結論ありきの歪んだ主張だと分かる。原発を否定したいがため、温暖化対策を理由に持ち出して、予め決められた結論へ強引に誘導するから杜撰極まりない社説になるわけだ。

この社説はウソが多すぎる。原発頼みで他の温暖化対策が蔑ろにされていると言うが、それは具体的にどの様な対策なのか。原発以外の温暖化対策とは、具体的にどの様な対策なのか。琉球新報の社説には一言も書かれていない。

当たり前だ。原発が他の温暖化対策を阻害している事実は存在しないのだから。元々、日本の温室効果ガス排出源は発電所(主に火力)が突出していた。震災前で25~30%を占め、震災後には原発停止に伴う火力発電の増強で40%に跳ね上がった。

次に多いのは産業関連だが、国が指導せずとも企業は自主的に省エネ(コスト削減)に取り組んでいる。その次は運輸関係で、国はエコカー減税を実施したり、最近では「水素自動車」に助成金を投入するなど、原発に関係無く継続的に取り組んでいる。

原発事故の前後で、国の温室効果ガス削減の取組は変化していない。変わったのは、最大の温室効果ガス排出源である発電所に係る部分だけだ。そして、40%を占める発電所の排出量を削減せずして、日本の温室効果ガス削減は不可能である。

つまり、原発を抜きにした温暖化対策は成り立たず、その他の対策が原発により阻害されているという事実も無く、琉球新報の主張は事実に基づかない妄想の産物としか言いようが無い。

なお、社説は他にもウソが多用されているので以下に指摘しておく。

まず、「国連気候変動サミット」の性質だ。琉球新報は「世界のリーダーが認識を一つにした画期的な会合」と賛辞を送っているが、これは完全にウソだ。冒頭に説明したとおり、会合は潘基文国連事務総長による思い付きの産物に過ぎない。

気候変動に関する国際連合枠組条約に基づく締結国会議(コップ)とは異なり、「国連」とか「サミット」とか名称だけ立派でも、実態は次回会合すら不明の「国連サミット」だ。潘基文は「歴史的な日」と自画自賛したが、共同声明の一つも作られず閉幕した。

そして、この軽薄な会合なら責任が発生しないことを良いことに、国際的温暖化対策への参加を拒否してきた米国、削減どころか「排出量増加は途上国の権利」と言ってはばからない中国は、「温暖化対策がんばります!」と「前向き」な演説を行った。

米中も具体的な対策は示していない。そりゃそうだ。そんな気はさらさら無い。「やらない」とは言えないから、「努力する姿勢の表明」という外交的演説を行った。つまり茶番だ。これを真に受けて賞賛するのは、日本の馬鹿メディアくらいなものだろう。

その馬鹿メディアである琉球新報は、米中(特に中国)の表明を絶賛した上で、「日本は存在感を失い、孤立どころか完全に埋没した」、「日本の指導力の欠如が際立った」、「日本が国際社会を失望させたのは極めて残念」、などと言いたい放題だ。

だいたい、どうして日本が温暖化対策の先頭に立たねばならないのか。

先頭に立つと言うことは、国際社会という他国に日本の労力と金を拠出することだ。たかだか4%弱にすぎない排出量の日本よりも、排出量世界第1位(27%)の中国や、第2位(17%)の米国に責任を求めるのが筋だ。次点は世界3位(6%)のインドか。

「日本が国際社会を失望させた」なんてのも大ウソだ。「失望した国際社会」とは具体的にどこの国なのか。そもそも、各国は「国連気候変動サミット」に何の期待もしていなかったはずだ。期待していないのだから失望することも無い。

具体策を示さなかった日本を批判するなどとんだお門違いで、潘基文の気まぐれによる催しのために具体策を準備する方が愚かしい。現に、新たな具体策を示した国は一つも無かった。日本が具体策を示すなら、条約に基づいたコップで説明すれば良い。

ウソ、ウソ、ウソ、息をするごとくウソ。よくもここまでウソで塗り固めた社説が書けたもんだ。これら全てのウソが、反原発を正当化するための理由なのだから恐れ入る。琉球新報だけではない。反原発派の知能レベルはおしなべてこんなものだろう。

官邸前などの反原発デモ参加者にこの社説を読ませれば、100人中120人が、「その通りだ!」、「琉球新報は良いことを言った!」、と納得するに違いないのである。




琉球新報:<社説>気候変動サミット 日本は脱原発が最優先だ
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-232054-storytopic-11.html
 地球温暖化対策について話し合う国連気候変動サミットは、米国や中国を含む多くの国が来年3月までに2020年以降の温室効果ガス排出量の削減目標案を出すと表明し、閉幕した。
 開催を提唱した潘基文(バンキムン)事務総長が「歴史的な日」と表現したように、温暖化対策の新たな枠組みづくりに向け、世界のリーダーが認識を一つにした画期的な会合といえる。
 実際、地球温暖化の影響は遠い未来のことではなく、世界各地で頻発する異常気象がもたらす食料不安などの社会的混乱は、私たち人類が直面する今日的課題に他ならない。温暖化対策は待ったなしであり、国際社会の責務である。
 サミットにはオバマ米大統領ら120カ国以上の首脳級が出席。排出量が世界1位の中国と2位の米国が演説し、オバマ氏は米中両国に対策を主導する特別な責任があると強調。中国の張高麗副首相は排出量をできるだけ早く頭打ちにする考えを示した。
 温暖化対策の実効性の鍵を握る二大大国が積極的な姿勢を示した意味は大きい。国際社会に対する公約とも受け取れよう。来年末にパリで開かれる気候変動枠組み条約の第21回締約国会議(COP21)で新枠組みは採択の予定だが、米中は主導力を発揮し、法的拘束力のある合意を実現すべきだ。
 一方、サミットには安倍晋三首相も参加したが、日本は存在感を失い、孤立どころか完全に埋没した。首相は削減目標提出の時期や新たな削減策を何一つ明示できず、発展途上国の温暖化対策を支援するために新設されたグリーン気候基金への拠出額にも言及しなかったからだ。
 各国首脳の熱意と意気込み、危機感が強かっただけに、日本の指導力の欠如が際立った。これまで消極的だった中国でさえ政府高官が来年3月に目標を示すことを明言している。日本が国際社会を失望させたのは極めて残念である。
 そもそも日本が温暖化対策で国際社会に後れを取っているのは、再稼働の見通しが不透明な原発にいつまでもしがみつき、温室効果ガスの削減目標の国内議論を棚上げしているためだ。
 原発依存から脱却しない限り、日本が打ち出す温暖化対策は対症療法にすぎないのは自明だ。安倍首相は今こそ指導力を発揮し、原発に即刻見切りをつけるべきだ。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:脱原発
ジャンル:政治・経済

  1. 反原発
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

流石は沖縄タイムスと並んで赤旗も真っ青と噂されるウルトラレフト琉球新報

こんにちは。
タイトルのフレーズは、何処かで見かけた訳では無くて、私が適当に付けたものです。
でも多分私が見てない膨大なネットの海のなかで似たような事が呟かれていると思います。
ファンタジーもここまで来ると犯罪ですね。

パンギムンの思い付きですか…、穿った見方をすれば、日本の原発技術者奪取を進めている中韓への援護射撃でしょうか。
国連事務総長としては失格ですが、次期韓国大統領候補としては良い手なのでしょう。
  1. 2014-09-27 09:24
  2. URL
  3. もらもら #Fldqm66o
  4. 編集

 感情を抑えて理性で事実と理論により考える事こそ「高学歴」人々のなすべきことなのですけどね。

 高学歴ならそういうことができると考えられてるので、高給や高い地位を与えられるのですけどね。

 しかしこの手も記事を読み、高学歴自称リベラリストを言動を見ていると、これは全く幻想で、知識や教育がいかに人間の理性や常識を向上させることに無意味かを思知らされます。
  1. 2014-09-27 10:39
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To もらもらさん

こんばんは。

犯罪です。犯罪的ではなく完璧な犯罪と断言して問題ないでしょう。

さすがはウルトラレフト、今では仲井真沖縄県知事にも見放され、すっかりプロ市民の機関紙と化しております。しかし、それでも沖縄県では沖縄タイムズと双璧をなすトップメディアなんですよね。よろしくないですねぇ。

ちなみに、社説で日本が基金に拠出しなかったことが批判されておりますが、これ、韓国の基金なんですよね(笑)。言いだしっぺなので、韓国は基金に拠出することを表明しました。まあ、韓国のことなので本当に拠出するのか怪しいもんですけどね(笑)。


  1. 2014-09-27 19:19
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

このアホ共を見ていると、学歴と賢さはイコールではないことがよく分かりますね。まあ、最近は弁護士も仕事の取り合いでかなり苦しいと聞きますし、あれだけ人数が居れば一定数のリベラル弁護士が混ざり集まるのも仕方のないことかもしれません。

まあ、絶対に容認しませんけどね(笑)。


  1. 2014-09-27 19:23
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する