2014-10-08 20:01

個人攻撃が野党の仕事か(笑)


一強多弱に焦りと苛立ちを募らせる野党の皆様。「窮すれば通ず」と言うが、民主党の枝野幹事長と維新の党の小沢国会議員団幹事長が8日に会談し、「閣僚の個人攻撃」に活路を見い出すことで一致したらしい。全然「通じて」ない。そこまで堕ちたか(笑)。

言うまでも無いことだが、野党の本分は政策論争である。いくら自民党を潰したくても、閣僚の個人攻撃へのシフトは、「政策論争では勝てません」と白旗挙げる様なものだ。つまり野党失格、政治家としての資質を自ら否定する自殺行為だ。

だいたい、民主党や維新の党の面々は、個人攻撃出来るほどご立派なのか。維新は大半が新人議員で構成され、しかも複数派閥で内紛に明け暮れている。枝野はマシな方だが、民主党議員の質が低いことはもはや国民のコンセンサスだ。

民主党が何か言えば、必ずブーメランが返ってくる。先日も、「うちわ」で松島法相を追及した蓮舫が自分も「うちわ」を配布していたことが判明し、山谷国家公安委員長とヘイトスピーチに係る国会質疑では、野田国義がセクハラ野次を飛ばして自爆した。

懲りない連中だ。あと何発ブーメランを食らえば自覚するのか。信用を無くしたゴミ共が必死に個人攻撃をしたところで、「お前が言うな(笑)」と呆れられるのがオチだ。

そもそも、他人を貶めることで相対的に自分の評価を上げるなど、政治家の資質以前に人間性が問われるべき卑劣な行為だ。民主と維新が「個人攻撃で政党支持率が上昇する」と考えているのなら、それは国民を愚弄しているとしか言いようが無い。

心底情けない。民主党と維新の党が閣僚の個人攻撃にシフトするのは、現実問題として政策論争が出来ないからだ。両党は党内で政策に係る意思統一が出来ておらず、党として政策立案出来る状況ではない。要は、政党のていをなしていない。

政策論争が出来ないから、閣僚の不祥事や失言をあげつらうしかやることが無い。民主も維新も品性下劣な人間の集まりなので、政策では一致出来なくても自民党を貶めるためなら大同団する。これが有権者の代表とか、情けないやら恥ずかしいやら。




時事通信:閣僚追及で連携=民・維
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014100800407
 民主党の枝野幸男幹事長、維新の党の小沢鋭仁国会議員団幹事長は8日午前、国会内で会談し、今後の国会審議では両党が連携し、閣僚の資質などを中心に安倍政権を追及していく方針で一致した。小沢氏は会談後、「予算委員会では質問の擦り合わせを行うことができた。各委員会でもやっていく」と記者団に述べた。会談には両党国対委員長が同席。今後、隔週で協議していくことも確認した。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・時事問題
ジャンル:政治・経済

  1. 野党
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

こんばんは。

以前、野党が麻生閣下に漢字を知らないだのバーに通っているだのと、どうでもいい個人攻撃を行い、それをあっちのマスコミが大々的に宣伝した結果、野党は一時的に王様になり日本は偉い目に遭いました。

夢よもう一度かと。
でも帰ってきたウルトラマン=安倍ちゃんが強くなって帰ってきましたから、今の野党陣営議員がが総引退しないと夢は二度と来ないでしょう。
  1. 2014-10-09 21:00
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

To kogumaさん

こんばんは。

なるほど、政権交代前の絶頂期が忘れられなかった、と。だとしたら愚かですよね。バブル崩壊前の甘美な夢に溺れて杜撰な投資を繰り返す様なもんです。

はっきりいって、民主党にはもう浮上の目なんて無いんですよね。他の野党にもありません。どうやっても無理でしょう。問題は、野党の面々がどこまでそれを自覚できているかですね。

とりあえず、民主と維新は自覚できていない様です。


  1. 2014-10-09 21:23
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する