2014-10-09 21:14

予想以上に深刻な維新の内ゲバ


結い(江田)との野合は必ずや維新の致命傷になる、手遅れになる前に橋下代表は江田を切り捨てるべき、江田を追放してみんなと復縁する絵を描くべき。no-risuはずっとそう主張してきたが、まさかこれほど早く内ゲバが激化するとは思っていなかった。

大前提として、維新にとって民主党は明白に敵だ。民主党内は政策がバラバラで、何より民主党の府市議連は大阪都構想の抵抗勢力だ。連携のしようがない。民主党は解体して一部の同調勢力だけ吸収する、民主党の利用価値はその一点につきた。

民主党を敵と見なすことについては、前野合相手の石原太陽陣営も同じだった。維新も太陽も、政策の面から民主党を拒絶していた。それでも維新と太陽は袂を分かつことになったが、再婚相手の結いは太陽と比較にならない悪妻であった。

何せ、江田は政策より政局を優先する政治屋だ。政策の違いも橋下代表ら大阪維新陣営も無視して、東京で勝手に民主党との連携協議を進め始めた。都構想より野党再編を優先する江田を見れば、橋下代表ら維新陣営が激怒するのも当然だろう。

維新には江田に同調する馬鹿もいて、松野代表代行は橋下代表らに断り無く民主党との選挙協力を協議し始めた。ご存じの通り、松野は民主党の泥船から逃げ出し維新に拾われた。江田といい松野といい、何故こうも簡単に恩を仇で返せるのか。

そして10月3日、松野は「次期衆院選に向けた民主党との候補者調整」を発表した。橋下代表らは何も知らされておらず、橋下代表は「民主党とは手を組めない。東京だけで勝手に話を進めるのは困ると江田憲司共同代表に伝えた」と激怒した。

ところが、江田は橋下代表の苦言を無視した。それどころか、自分に命令する橋下代表に意趣返しするかの様に、翌日4日に出演した東京MXテレビの中で、民主党との再編後を念頭に「新党名は『民主自由党(民自党)』にする」と衝撃的構想を明かした。

もちろん、「民主自由党(民自党)」なんて党名は江田の勝手な構想で、橋下代表らは何も聞かされていないし、聞かされたところで容認するわけが無い。そんなことは、野合の際に新党名で揉めに揉めた江田自身が一番よく分かっているはずだ。

そんなだから、低脳極まりない民主党にすら足下を見られる。おそらく、江田あたりが「いやぁ、大阪が色々と五月蠅くてねぇ」とでもこぼしたのだろう。10月6日の記者会見で、民主党の海江田が「国会のことは江田さんたちと話せばいい」と言い放った。

要するに、「橋下代表らとの協議は必要無い」と言っているわけだ。しかし、共同代表制とは言いながらも、維新は実質的には橋下代表の党だ。海江田の発言は「維新は江田代表の党」と言っているに等しく、明らかに喧嘩を売っている。もしくはただの馬鹿か。

橋下代表でなくとも、維新に誇りを持っていれば激怒必至の暴言なのに、江田ら東京の国会議員団は海江田に抗議しなかった。何故抗議しなかったか、そんなことは分かりきっている。

動かない江田に業を煮やした橋下市長は9日、「僕も維新の共同代表だが、ないがしろにされた。海江田代表に一発殴られたんだから殴り返してもらわないと困る」、「東京のメンバーは怒り方が足りない」、と再び江田に苦情を伝えた。

その後の江田の動向は定かでないが、まず間違いなく江田は海江田に抗議しないだろう。江田にとって、橋下代表はすでに用済みなのだ。むしろ、都構想に固執し野党再編の障害となっている橋下代表らは目の上のたんこぶでしかない。

今、江田が懇ろになりたいのは、橋下代表ではなく民主党の海江田である。そして実際に懇ろだから、海江田もあの様な無礼を働くことが出来た。海江田の発言は江田の意向と一致しているから、江田は何も抗議しないのである。

江田の目標は野党再編であり、乗っ取り・取り込みが目的で維新に接近した。党内融和とか橋下代表らとの関係改善とか、そんなものに興味は無い。維新は最大の理解者であった石原を切り捨て、愚かにも野心見え見えの江田を迎え入れた。

首尾良く維新に潜り込んだ江田は、維新の実権を掌握しつつ民主党の吸収を目論み、海江田は馬鹿だからあっけなく取り込まれた。因縁のみんなの党は自壊の様相を呈している。後はそれらを束ね、ゆくゆくは「民主自由党」の代表に君臨する。

これが江田のストーリーだろう。橋下代表よ、結い(江田)との野合は必ずや維新の致命傷になるぞ。手遅れになる前に江田を切り捨てよ。江田を追放してみんなと復縁する絵を描くべきだ。急ぐべし。リミットは思っていた以上に近そうだ。




読売:「民主一部が維新をぼろくそ」、橋下氏協力否定
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20141004-OYT1T50011.html
 維新の党の橋下共同代表(大阪市長)は3日夜、大阪市役所で記者団に、民主党との衆院選の選挙区調整について「民主党の国会議員の一部は維新のことを、ぼろくそに言っている。『握手をしましょう』と言われても無理。選挙協力なんて意味がない」と述べ、否定的な考えを示した。・・・

産経:再編後は「民自党」? 江田氏が新党名…橋下氏には相談なし
http://dmm-news.com/article/892243/
" 「将来は『民主自由党』をつくる」
 維新の党の江田憲司共同代表は4日、東京MXテレビ番組で、民主党の一部を含む野党勢力を結集させたときの新党名を「民主自由党(民自党)」とする構想をぶちあげた。・・・"


朝日:「ないがしろにされた」橋下氏、「海江田氏を殴り返せ」
http://www.asahi.com/articles/ASGB93F13GB9PTIL004.html
 維新の党の橋下徹代表(大阪市長)は9日、民主党の海江田万里代表が橋下氏との対話に否定的な発言をしたことに対し、「僕も維新の共同代表だが、ないがしろにされた。海江田代表に一発殴られたんだから殴り返してもらわないと困る、と江田憲司代表に強く言った」と話した。大阪市役所で記者団に語った。
 海江田氏は6日の記者会見で「国会のことは江田さんたちと話せばいい」と言及。橋下氏は「海江田氏が本当に政治というものを心得られているのかどうか疑問だ。信頼関係を築かないで民主党はどうしろというのか」と不快感を示した。・・・






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:橋下徹
ジャンル:政治・経済

  1. 橋下徹
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

おはようございます。

くだらない・・の一言に尽きます。
野党に国会で問題提起してほしいことは沢山あります。

例えば、なぜ選挙の洗礼を受けず、責任も取らない民間議員が国策の重要事項の決定に関与できるのか。小泉時代以来、彼らの言ってきた理論は全く真逆の結果しか残していないですよね。

本元の「国会議員」がこんなことにうつつを抜かしているからこういうことになるのでしょうね。

野合などせずとも、きちんとした旗を立てれば自然と心ある人が集まってきてくれると思うのですが・・
  1. 2014-10-10 09:35
  2. URL
  3. toshita1967 #-
  4. 編集

To toshita1967さん

こんばんは。

くだらないですよね、民主党の国会戦略も含め、今の野党の動きはことごとくくだらない。あんなの、うちの会社なら速攻で窓際送りですよ。

>野合などせずとも、きちんとした旗を立てれば自然と心ある人が集まってきてくれると思うのですが・・

それを体現していたのがみんなの党だったと思います。政策の違いでボロクソに書いてきましたけど、政策が一貫していて、じりじりと勢力拡大を続けてこられてのは大したもんだと思いますよ。天晴です。

まあ、それも江田のせいで台無しですけどね。喜んでよいのか悲しむべきなのか・・・。

  1. 2014-10-10 22:08
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する