2014-11-06 21:41

安倍総理とネオナチの共通点って何?


安倍総理を批判するサヨクのクソ共は、平然と安倍総理をナチスやヒトラーやネオナチに例える。しかし、安倍総理のどこがナチス・ヒトラー・ネオナチと似ているのか、正確かつ具体的な説明が出来るサヨクはどれほど居るのだろうか。

主な安倍総理批判を列挙すると、強権政治、軍国主義、秘密主義、愛国主義、といったものだろう。

強権政治批判は、多数決で法案を通す姿勢に対する批判だ。選挙で選ばれた国民の代表による多数決は民主的手法だと思うが、サヨクは反対する法案に限って強行採決などと多数決批判を行う。非合理的だが、彼らは何の矛盾も感じていないらしい。

軍国主義批判の代表例は集団的自衛権だろう。しかし、集団的自衛権はどこの国も有する国際社会に認められた権利であって、これを軍国主義と批判するなら世界は軍国主義とヒトラーで溢れかえっていることになる。国連はナチスだ(笑)。

秘密主義批判は特定秘密保護法だが、何でもかんでも情報公開するべしとするサヨクには賛同しかねる。情報公開の美名に思考停止し、公開することによる弊害・リスクを無視しているからだ。

よく反対派は「ツワネ原則」を持ち出して特定秘密保護法を批判するが、彼らはツワネ原則の中身を知らずに騒いでいるとしか思えない。ツワネ原則の条文を読めば、情報規制の度合いはツワネ原則の方が強力だと分かるはずだ。

愛国批判は道徳教育あたりか。サヨクは、国による特定価値観の押しつけとか、多様な価値観の否定などと批判するが、人間性の基盤となる道徳・倫理観は大人が徹底的にたたき込むべきで、多様な価値観はその基礎の上で初めて開花するものだ。

さて、これら歪んだ強権政治・軍国主義・秘密主義・愛国主義批判が、サヨクらによる安倍総理批判の根拠なわけだが、これのどこがナチスやヒトラーやネオナチに相当するのだろうか。

11月1~3日、共産党は東京都江東区の夢の島公園で「第41回 日本共産党の赤旗まつり」を開催した。この中で開催されたドラムイベントで、ドラムのヘッド部分に安倍首相の白黒写真が貼り付けられていたことが物議を醸している。



安倍ドラム


チョビ髭を書き加えヒトラー風に仕立てられた安倍総理の遺影、画像からはそんなイメージを抱く。参加者は、ヒトラー安倍の写真をバチで叩き、面白楽しくドラムの演奏を学んだらしい。みんなで楽しく笑顔で人権侵害か。最低の人間性だ。

J-CASTニュースが主催者である共産党の広報部に取材をしたところ、「(安倍首相をヒトラーになぞらえたことは)首相のネオナチ的な言動から、なぞらえる人がいるのは当然」、「表現の自由だから問題無し」、と容認する見解を示したそうだ。

「ネオナチ的な言動」、ねえ。

ネオナチ思想は、「アーリア人優越論に基づく外国人や移民に対する蔑視・排斥」だが、安倍総理がこれに相当する言動を示した事例は何かあっただろうか。少なくともno-risuの記憶には無い。共産党やドラムを叩いたアホ共には説明できるのだろうか。

「優秀な日本民族の国から外国人を追い出せ!」、そんなこと安倍総理は一度も言っていない。特定秘密保護法や集団的自衛権や道徳教育は、ヒトラー・ナチス・ネオナチと類似しない。顔写真に辱めを与えられる正当な理由とはいったい何だ?。

さっぱり分からん。「まるでヒトラー」。「ネオナチと思われて当然」。「ナチス」。全て結論だ。でも、結論に至った過程や根拠は示されない。客観的に見て、彼らの安倍総理に対する罵詈雑言は、悪意に満ちた誹謗中傷・人権侵害としか思えない。




J-cast:共産党、赤旗まつりで「安倍叩き」 首相顔写真入りドラムを叩く
http://www.j-cast.com/2014/11/04219973.html?p=all
2014年11月1~3日の3日間、日本共産党は東京都江東区の夢の島公園で「第41回 日本共産党の赤旗まつり」を開催した。志位和夫委員長によるスピーチはもちろん、各地の特産品販売や音楽イベントなどでにぎわい、3日間で約15万人を動員する盛り上がりを見せたという。
その中で物議をかもしているのが、安倍晋三首相の顔写真をデザインしたドラムを叩く催しだ。党期待の若手、吉良佳子参院議員がその様子をツイッターで紹介したことで瞬く間に拡散され、ネットでは「ちょっとやりすぎでは」と批判を集めてしまった。
問題視されているのは、1日に行われた「ドラム・レクチャー」だ。「イルコモンズ」名義で社会運動に参加している現代美術家で文化人類学者だという小田マサノリさんが企画した、ドラム演奏を教える催しだ。
" ツイッターなどに出回っている画像をみると、このとき使われた一部ドラムのヘッド部分に安倍首相の白黒写真が貼り付けられている。さらに鼻の下にひげが書き加えられ、ナチス・ドイツのアドルフ・ヒトラーをほうふつとさせるデザインになっている。レクチャーではこれを叩いて、ドラム演奏が教えられたようだ。
その様子を注目株の吉良氏が「ドラムレクチャーなう」などとして、ドラムの画像をツイッターに複数回投稿したため、瞬く間に拡散。"
"「首相を叩いて喜んでるんですか...もはや、完全に常軌を逸脱してる」
「品が無さ過ぎ。よく人にヘイトだ差別だと言えたもんだわ」
「国会の内外で『安倍叩き』で自己満足、まともな国民は支持していない」
などと「やりすぎ」だという意見が噴出した。"
吉良氏はドラムを叩いている写真は掲載していないが、これまで複数回、国政選挙に出馬したことがある池内さおり氏は「熱く盛り上がりました!これからも叩くぞー!!!」とドラムを肩にかけて叩く様子を投稿した。周囲には笑顔の人がたくさん写っていることから、少なくとも現場で問題視する人はいなかったようだ。
" 2人のツイッターには、「こんなヘイトが共産党の世界では許されるのですか?」「幼稚な嫌がらせして楽しいの?」といったメッセージが送られているが、4日15時現在、ドラムについて言及はない。
党の広報部はJ-CASTの取材に対し、催しが波紋を広げていることはすでに知っているとした上で、「表現の自由」と問題視しない意向だ。安倍首相をヒトラーになぞらえたことは「首相のネオナチ的な言動から、なぞらえる人がいるのは当然では」という見解を示した。"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民
ジャンル:政治・経済

  1. 自民党
  2. TB(1)
  3. CM(4)

コメント

こんにちは。

記事をなぞるようですが、アッチの方々は、

①多数決による民主主義は自分達のためにだけ存在し、都合が悪い場合は「少数意見に配慮しろ「ミンイガー」
「国民が反対している」と叫ぶ。
自分達野池氏を見せるためにあらゆる議事妨害をするが、大体みっともない醜態をさらす。
②集団的自衛権や憲法解釈変更、防衛費の微々たる増額に反するが、中国の軍拡、
特亜が日本を仮想敵国にしていること、尖閣竹島(+北方領土)には口をつぐみ、
あまつさえ領海侵犯を領海侵入という。
③「情報公開ガー」と特定秘密保護法に反対するが、いわゆる在日特権など自分達に都合が悪いことは秘密にする。
マスコミはかねてよりお仲間の特定秘密を報道しない。
④日本人が日本に対する愛国は批判反対するが、特亜へのそれには賛成する。

首相や官房長官は今更何も言いませんが、いつかは「第4の矢」を放ってくれるでしょう。それ以前に彼等がブーメランを放ってますが。

表現の自由どころか自由がない共産主義をあがめる日本共産党が「表現の自由」と言えるのは、日本の自由主義をあの共産党が謳歌しているわけです。上記4つも日本が自由主義国家だから出来るのがことですが、その日本をおとしめようとするアッチの方が買って。
粛正祭り真っ最中の北京や平壌でキンペーくんや金三代の顔ドラムをやって抗議や公権力を行使されたら「表現の自由だから」と言ったら日本共産党を少しはほめてあげましょう。
  1. 2014-11-07 06:10
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

>秘密主義批判は特定秘密保護法だが、何でもかんでも情報公開するべしとするサヨクには賛同しかねる。情報公開の美名に思考停止し、公開することによる弊害・リスクを無視しているからだ。

 尖閣近海で海上保安庁の巡視船に体当たりした中国船の動画を、海保職員がネットに公開した時には、ブサヨ政党一同と朝日や毎日やその他ブサヨマスゴミが揃って秘密保護法を作れ、あの海保職員を逮捕しろと喚いていましたけどね。

 あれはどう見ても国民が知る権利の持つ動画だけど・・・。
  1. 2014-11-07 10:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To koguma さん

こんばんは。

>表現の自由どころか自由がない共産主義をあがめる日本共産党

肝ですよね。ここが。

現状、日本で表現の自由だ思想良心の自由だ言っている団体は多々ありますけれど、その権利を最も侵害するのがその「自由」を求めてデモだ集会だ行っている連中の主義主張なんですよね。

これを議論せず安倍自民党の批判をしても、ポピュリズムでしかないと思うのです。

しかし、今のところこの正論を指摘するのではせいぜい産経新聞や一部雑誌くらいで、社会の木鐸の皆様はヘイトスピーチに思考停止して表現の自由の議論から目を逸らしています。

まさに今こそ議論すべきなのに。


  1. 2014-11-07 20:43
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

ですね。一色氏が人生をかけて告発した尖閣動画、サヨクマスゴミは情報管理・ガバナンスを問題視して一色氏と組織を批判しました。中国が何をしたか、民主党が何を隠したか、それが問題なのに、議論をそらそうと必死でした。

彼らが何を隠そうとしたのか、何故隠そうとしたのか、それを考えれば特定秘密保護法の重要性はおのずと理解できます。国民の知る権利と特定秘密は別物なんですよね。マスコミは意図的に混同していますけど、それは違うのだと言うことをもっと周知すべきです。


  1. 2014-11-07 20:50
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ケノーベルからリンクのご案内(2014/11/07 08:50)

江東区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014-11-07 08:51
  2. ケノーベル エージェント