2014-11-28 19:39

北星学園大脅迫事件は学問の自由の問題か?


「植村元朝日新聞記者を辞めさせねば生徒に危害を加える」と北星学園大が脅迫された事件について、下村文科相は25日の記者会見で、「学問の自由が脅かされることに、負けることがないような対応を考えていただきたい」と述べたそうだ。

事件発生からかなり時間が経過しているので、下村文科相の発言は記者に質問を受けてのことだろう。つまり、この事件をまだ風化させたくない記者がいたわけだ。発言を記事にしたのは朝日だけなので、朝日記者が質問した可能性は高い。

朝日が事件に執着する理由は簡単だ。慰安婦問題捏造報道で加害者となった朝日だが、北星事件では朝日が被害者になれる。被害者は批判されにくいこと、弱者の使い方を朝日新聞らサヨクは熟知している。北星事件は朝日の被害者利権だ。

事件の構図は、表面的には「学問の自由を脅かすナショナリスト」VS「脅かされる北星学園大」だ。しかし、実際には「会社と自虐史観を守りたい朝日新聞」VS「偏狭なナショナリスト」で、朝日が北星学園大を矢面に立たせた代理戦争だろう。

この背景を考慮して事件を俯瞰したとき、はたして北星学園大脅迫事件は「学問の自由の問題」と言えるのだろうか。

確かに、教員人事への介入や生徒を巻き込んだ脅迫は、結果として学問の自由を侵害している。その点は考慮されるべきではあるが、それが事件の全てではあるまい。何故ならば、犯人の目的は学問の自由の破壊ではないからだ。

犯人の動機は、朝日新聞の捏造報道及び、記事を書いた植村への憎悪だ。捏造記事を書いた植村が、説明も謝罪もせずのうのうと再就職したことと、採用した北星学園大に対する怒りだ。動機段階において、学問の自由は一切関係ない。

したがって、犯人は植村の再就職先がどこであっても脅迫した可能性が高い。今回はたまたま大学だっただけで、一般民間企業に再就職していたとしても、やはり「植村を辞めさせろ、さもなくば社員に危害を加える」と脅迫したはずだ。

民間企業への脅迫だった場合、当然のことながら「学問の自由を守れ」なんて議論にはならない。それはそれで朝日新聞やサヨク仲間の皆様も黙っていないだろうが、北星学園大脅迫事件とは全く異なる論調になったと思われる。

同じ動機で同じ犯罪を犯せば、まずは核となる同一の罪状がある。本件なら脅迫罪や威力業務妨害か。学問の自由の問題は、結果的に発生した+αだ。+αだから無視しろとは言わないが、核となる罪状がガン無視される現状はおかしい。

生徒と社員の人権、大学と企業の活動の自由は、いずれも等しく守られるべきものだ。なのに、対象が大学だったからというだけで、犯罪の本質より学問の自由ばかり騒がれる。「学問の自由を守れ」の前に、「脅迫は許さない」があって然るべきだ。

下村文科相は、「学問の自由が脅かされることに、負けることがないような対応を考えていただきたい」と述べた。間違いとまでは言わないが、まずは「脅迫に負けることがないような対応を考えていただきたい」、と述べるべきなのだ。

北星学園大脅迫事件は学問の自由の問題か?。

「学問の自由の問題でもある」、と答えたい。そして、ことさらに学問の自由ばかりを強調する朝日らの報道は偏向しており、何故その様な偏向報道になるのかについて考えることこそ、本件を知ることになり、本件から学ぶことになるのだろうと思う。




朝日:下村文科相「負けない対応を」 脅迫巡り北星学園大に
http://www.asahi.com/articles/ASGCT3SX2GCTUTIL00T.html
 慰安婦問題の記事を書いた朝日新聞元記者が非常勤講師を務める北星学園大(札幌市厚別区)の学長が、元記者との来年度の契約を更新しないとの意向を表明していることについて、下村博文・文部科学相は25日の閣議後の記者会見で、「大学教員の人事は各大学の判断による」とした上で「学問の自由が脅かされることに、負けることがないような対応を考えていただきたい」と述べた。
 大学に脅迫が相次いだことについては、「言論に対しては言論で応えるべきで、脅迫行為は決して許されるべきものではない」と話した。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

朝日新聞の罪

「大学教員の人事は各大学の判断による」

植村元朝日新聞記者は、嘘つきである。
少なくとも、慰安婦強制連行を捏造した元凶であり、そのことが世間一般に明らかになりつつある。朝日新聞が改めて謝罪する日も近いであろう。

こんなのを教員にしておいていいはずはない。
「北星学園大は、最低限の良識を発揮して、学問を守ったのである」と私は考えます。

北星学園大脅迫事件は、朝日新聞が朝日新聞の問題を学問の自由の問題、にすり替えようとしているように見えます。

なんにしても、犯人を逮捕するのが急務です。小難しい大問題に摩り替えられる前に、犯人を上げることが最大の再発防止策でしょう。

これは、アサヒの自作自演の狂言ではないかと最初から私は疑っていました。朝日新聞には、珊瑚事件以下、疑うに十分なたくさんの前科がある。
  1. 2014-11-29 08:20
  2. URL
  3. かわた #qFCkdryo
  4. 編集

To かわたさん


こんばんは。

仰る通り、そもそも植村に教職の資格があるのかもっと議論されるべきですね。

捏造記事で日本を貶めたにも関わらず、一方的に捏造を否定し説明も謝罪もせず、取材からも逃げ回っている。こんな人間が大学で教鞭をふるうなど許されるはずがないのです。

なお、犯人は随分前に逮捕されています。続報が無いので、取り調べでどの様な事実が明らかになったのかは全く分かりませんけど。

朝日の自作自演については、私も可能性は無きにもあらずと思いますが、今のところ証拠は無いので小声で言いましょう。

  1. 2014-11-29 17:07
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

TO no-risu さん

分りました。
小さな声で、しかし、アサヒが騒げば、そこらへん中で「内緒の話アルヨ」として吹聴します。
  1. 2014-11-29 19:30
  2. URL
  3. かわた #qFCkdryo
  4. 編集

To かわたさん

こんばんは。

むしろ、過去の実績を大声で叫んだ方が効果的かもしれませんね。ネタも豊富ですし。

  1. 2014-11-29 22:11
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する