2015-01-26 21:10

泣きが入るまで翁長は無視する方向で

反基地プロ市民らの手先となり、自民党を裏切った一方で共産党との親交を深め、「あらゆる手段で辺野古移設を阻止する!」と政府を挑発する翁長沖縄県知事。そんなサヨク的エゴ丸出しの翁長に対し、自民党は放置プレイを継続中だ。

当然である。翁長と話すことなど何も無い。どうせ会談しても一方的要求を並べるだけなのだから、「対話」する姿勢を見せるまで、徹底的に突き放すべきだ。ここで下手に譲歩したところで、翁長は感謝するどころか増長するだけだ。無視無視。

no-risuが見たところ、すでに放置プレイの効果は現れている。お仲間のサヨク議員やメディアやプロ市民は、自民党の冷遇に激怒発狂し、翁長にさらなる強硬な姿勢を求めているが、翁長自身は結構こたえている様に感じる。

そりゃそうだろう。周りで騒ぎけしかけるだけの連中は気楽だろうが、代表者として一人で政府与党と対峙する翁長のプレッシャーは並大抵ではあるまい。しかも、今は政府与党を批判しているお仲間だって、いつ自分に矛先を向けるか知れない。

翁長が余程のアホで沖縄王国に君臨する気なら別だが、沖縄県知事としての職務と責任を理解する人間であるのなら、沖縄革新サヨクの突き上げと、政府与党の冷遇という逃げ場の無い板挟みに、平気でいられるわけがないのだ。

さて、早くも悲惨な状態の翁長だが、辺野古埋め立ての一時停止を政府に要求する予定らしい。要求と言っても、内輪の第三者委員会で言及するだけで、その弱気な姿勢にサヨク県議らから「防衛局に直接言え!」と発破をかけられている。

しかし、威勢だけは良いものの、実情は極めてお粗末だ。第三者委員会とは、仲井真前知事の辺野古埋め立てに係る承認判断について、撤回するべく粗探しを行う「検証」委員会である。肝心の第三者委員会だが、未だに人選が終わっていない。

そもそも、検証が終わるまで埋め立て工事を中断せよと言うが、第三者委員会がいつまで検証を行うのかすら不明だ。政府は5年以内の辺野古運用停止を目指し、それを公にしているというのに、期間不明の検証など待ってられるわけなかろう。

もしも工事を中断すれば、だらだらずるずると検証されかねない。工期の遅れに伴う損失を補償するなら妥協の余地も若干はあろうが、ただ一方的に中断を求められても無視するしかない。どうしても止めたければ、仮処分を求める訴訟でも起こせ。

苦しい立場の翁長だが、「検証した結果、法的な瑕疵があれば取り消しを検討し、瑕疵がなくても撤回は可能」などと虚勢を張っている。瑕疵が無ければ撤回できるわけがないのに、だったら検証作業などせず今すぐに撤回してみろと言いたい。

翁長もやがて気がつくだろう。今自分を持ち上げている連中が、決して味方などではないことを。奴らが欲しているのは都合の良い傀儡であって、それが翁長である必要性は無いことを。だから、都合が悪くなれば簡単に手のひらを返すことを。

徐々に追い詰められてはいるものの、翁長にはまだ余裕が残っている。自分は仲井真前知事とは違う、とでも思っているのだろうか。しゃらくさい。翁長は仲井真よりはるかに小物だ。長くは持つまい、泣きが入るまで徹底的に放置するべし。




琉球:辺野古海上工事、承認検証中は停止を 翁長知事表明へ
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-237735-storytopic-3.html
 翁長雄志知事は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けて沖縄防衛局が15日から再開した海上工事について、埋め立て承認の検証終了まで工事を進めないよう近く表明する。仲井真弘多前知事の埋め立て承認を検証する「第三者委員会」の発足を発表する際に、言及する方向で文言の調整を進めている。
 翁長知事は沖縄防衛局が海上工事を再開した15日、「(再開は)大変残念」と不快感を示し、一時見合わせなどを求めた。一方、第三者委の検証が終了するまで作業の見合わせを求めるかについては「チームの立ち上げを踏まえて議論し、判断したい」と述べるにとどめていた。
 これに対し、県議会の与党議員らが「知事として正式に防衛局へ工事中止を訴えるよう声明を出すべきだ」などと申し入れていた。
 県は埋め立て承認を検証する「第三者委員会」について、23日に予定していた委員らの発表を来週に延期する。環境分野の委員の人選が難航しており、委員の選定、調整作業を急ぎ、月内には発表したい考え。
 翁長知事は1月下旬から2月上旬までに初会合を開き、検証を進めていく意向だが、遅れが生じる可能性がある。知事は検証した結果、法的な瑕疵(かし)があれば取り消しを検討し、瑕疵がなくても撤回は可能との見解を示している。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:沖縄問題
ジャンル:政治・経済

  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

今や立場が逆転したかの観さえありますね。
  1. 2015-04-20 19:40
  2. URL
  3. 通りすがり #-
  4. 編集

To 通りすがりさん

こんばんは。

翁長は相変わらず追い詰められている様に見えます。顔色も悪いです。安倍総理との会談では、余裕の笑みを浮かべる安倍総理のおかげで、翁長のひきつった表情が余計に際立ちました(笑)。

  1. 2015-04-20 20:33
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する