2015-02-14 21:13

施政方針演説=ロシア100:中国90:北朝鮮75:韓国40


2月12日、安倍総理が施政方針演説を行った。外交分野の演説で、安倍総理は特に重要な4カ国、中国・韓国・北朝鮮・ロシアについて述べたが、「韓国は最も重要な隣国です」と言いつつ、韓国に関する発言量は何と4カ国中最低だった。

ちなみに、文章量をざっと計算して比較すると、最も長いロシアを100としたとき、「ロシア100:中国90:北朝鮮75:韓国40」、といった数字になる。韓国だけが突出して少ない。韓国涙目(笑)。でも泣くのはまだ早い、韓国よ希望を捨てるな。

というのも、演説が長ければ良いとは限らないし、中身が濃密なら短い言葉でも十分だからだ。肝心なことは、安倍総理の韓国に向き合う姿勢であろう。だから泣くな、以下に韓・中・ロの発言を並べるから、グッと堪えて顔を上げるニダ!。

・ロシア
 ロシアとは、戦後70年たった現在も、いまだ平和条約が締結できていない現実があります。プーチン大統領とは、これまで10回にわたる首脳会談を行ってまいりました。大統領の訪日を、本年の適切な時期に実現したいと考えております。これまでの首脳会談の積み重ねを基礎に、経済、文化など幅広い分野で協力を深めながら、平和条約の締結に向けて、粘り強く交渉を続けてまいります。

・中国
 日本と中国は、地域の平和と繁栄に大きな責任を持つ、切っても切れない関係です。昨年11月、習近平国家主席と首脳会談を行って、「戦略的互恵関係」の原則を確認し、関係改善に向けて大きな一歩を踏み出しました。今後、さまざまなレベルで対話を深めながら、大局的な観点から、安定的な友好関係を発展させ、国際社会の期待に応えてまいります。

・韓国
 韓国は、最も重要な隣国です。日韓国交正常化50周年を迎え、関係改善に向けて話し合いを積み重ねてまいります。対話のドアは、常にオープンであります。



泣いて良し!。

発言量が少ないだけでなく、内容的にもスッカスカ。言葉が軽い(笑)。

「最も重要な隣国」と述べているが、いかにも「とりあえずこう言っておけば良いだろ」的な印象を受ける。「対話を積み重ねる」とも述べているが、直後の「対話のドアは常にオープン」は、「韓国が対話姿勢を見せろ」と言っているのと同じだ。

また、ロシアと中国ではプーチンと習近平の名前を出し、首脳会談の実績をもって今後の抱負を述べている。が、韓国に同様の文言は無い。韓国だって日中韓首脳会談は行ったのに、この扱いの差は偶然ではあるまい。露骨な韓国軽視だ。

韓国人は、孤立することを何よりも嫌う国民性と評される。軽く扱われたり、無視されることを非常に嫌う。だから、「いかに自分は素晴らしい人間か」について、ウソも織り交えて自己主張にはげむ。でも、その様な人間は韓国人から見てもウザい。

ウザければ嫌われる。孤立を嫌い恐れる韓国人が、韓国人らしくあればあるほど、余計に孤立してしまうわけだ。ヤマアラシならぬ韓国人のジレンマで、この問題は韓国メディアがたまに社説やコラムで扱っている。一応は自覚しているらしい。

そんな韓国人が、日本が気になって気になって仕方ない韓国の皆様が、この施政方針演説での扱われ方に何を感じるだろうか。分かりきっている、みなまで言う必要なし。悔しいのう。背を向けていてやるから、はばからず好きなだけ泣けばよろしい。

まあ、泣き止んでも振り向くつもりはないが。




産経:【首相施政方針演説全文】-11
http://www.sankei.com/politics/news/150212/plt1502120020-n11.html
産経:【首相施政方針演説全文】-12
http://www.sankei.com/politics/news/150212/plt1502120020-n12.html
 日本と中国は、地域の平和と繁栄に大きな責任を持つ、切っても切れない関係です。昨年11月、習近平国家主席と首脳会談を行って、「戦略的互恵関係」の原則を確認し、関係改善に向けて大きな一歩を踏み出しました。今後、さまざまなレベルで対話を深めながら、大局的な観点から、安定的な友好関係を発展させ、国際社会の期待に応えてまいります。
 ロシアとは、戦後70年たった現在も、いまだ平和条約が締結できていない現実があります。プーチン大統領とは、これまで10回にわたる首脳会談を行ってまいりました。大統領の訪日を、本年の適切な時期に実現したいと考えております。これまでの首脳会談の積み重ねを基礎に、経済、文化など幅広い分野で協力を深めながら、平和条約の締結に向けて、粘り強く交渉を続けてまいります。
 北朝鮮には、拉致、核、ミサイルの諸懸案の包括的な解決を求めます。最重要課題である拉致問題について、北朝鮮は、迅速な調査を行い、一刻も早く、全ての結果を正直に通報すべきであります。今後とも、「対話と圧力」「行動対行動」の原則を貫き、拉致問題の解決に全力を尽くしてまいります。
 韓国は、最も重要な隣国です。日韓国交正常化50周年を迎え、関係改善に向けて話し合いを積み重ねてまいります。対話のドアは、常にオープンであります。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍内閣
ジャンル:政治・経済

  1. 自民党
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

いい加減気付いてよ

施政方針演説の韓国の話題はなんか、ついでに触れただけというこれまでも何回と無く語ったセリフでしたね。

確かにロ中の首脳の名前を出してメッセージを伝えましたが南北朝鮮には名前も出さずでこれでは韓国の偏向報道も愕然とするでしょう。

今後は岡田や小池などサヨク気取りの連中のイチャモンというより因縁を吹っかけてくるのでしょうが安倍総理には平然とブーメラン返しをして欲しいものです。
  1. 2015-02-15 05:48
  2. URL
  3. そうかせんべい #-
  4. 編集

To そうかせんべいさん

こんばんは。

まさに「ついで」という表現がぴったりですね。日韓スワップも止める様ですし、韓国は本当に涙目でしょう。もう日本のことは放っておいてほしいですね。大好きな宗主国様とよろしくやっててくださいと。

民主党の岡田は「内容がナイヨウ」と批判していましたが、韓国軽視が癪に障ったのかもしれませんね(笑)。


  1. 2015-02-15 19:44
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する