2015-02-16 20:30

辺野古作業の一時中止要求?、やれるもんならやってみろ


就任2ヶ月、当然のことながらまだ何も成果を出せていないのに、記者会見で問われて「2・3年分の仕事をした」と自画自賛した翁長沖縄県知事。翁長は沖縄県議・那覇市議・那覇市長を歴任してきたが、余程仕事をしてこなかったに違いない。

さて、その翁長が辺野古移設に係る海上作業について、作業一時中止の要求を検討している。先週、各メディアがさも大問題かの様に報じ、「むむ、中止要求とは穏やかでないな」と身構えたら、「の検討」とあってずっこけた。東スポか(笑)。

翁長が作業一時停止要求の検討を始めた理由は、作業海域を示すフロートのアンカー(20トンブロック)が巨大であることと、そのアンカーが珊瑚を傷つけていることだ。しかし、これらは作業中止の根拠になり得ないだろう。

アンカーの投下について、県は「アンカーは勝手に投下して良い」と国に伝えていた。そりゃそうだろう。アンカーごときで一々許可もへったくれもない。なのに、今になって「思っていたより大きい」何て理由で工事を差し止められるわけが無い。

珊瑚の損傷もくだらない難癖だ。珊瑚を損傷させるのは、投下したアンカーが直撃した部分と、アンカーとフロートを繋ぐ鎖が当たる部分だけで、損傷面積は極めて限定的となる。薄汚れた珊瑚が、少しばかり損傷したところで何だと言うのか。



辺野古トンブロックサンゴ破壊


勘違いしている人も多いだろうが、現場海域は「珊瑚」と聞いてイメージする様な、色とりどり豪華絢爛な珊瑚礁海域ではない。報道ステーションで現場の海中映像を見たが、平らで一面真っ白の荒涼とした光景は「死の海」をイメージさせた。

海底が白いのは、珊瑚の死骸などが積もっているからだろうか。海底を見渡すと、ぽつん、ぽつんと、岩の様な塊が転がっている。珊瑚だ。そんなものが、少々崩されたり削られたりしたところで、騒ぎ立てる方が大袈裟にすぎるというものだ。

作業停止要求?、やれるものならやってみろ。要求して作業を停止させられたら、今度は本当に「成果」として胸を張れるだろう(笑)。




沖縄:辺野古 知事が作業一時中止の要求検討
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=102828
 翁長雄志知事は13日の記者会見で、沖縄防衛局が名護市辺野古の海上に設置したトンブロックなどがサンゴを壊している問題を受け、沖縄防衛局に海上作業の一時中止を求めることを含めて対応を検討していると明言した。
 知事は「今回のトンブロックは、普通で言うアンカーから逸脱している。所管の農林水産部には一時停止を含め検討するよう指示しており、辺野古基地は造らせない認識でしっかり対応したい」と述べた。
 在沖米海兵隊の現職大尉など米軍幹部から、基地建設に反対する市民への問題発言が相次いでいることには「たいへん残念というか、憤りもある。沖縄にどれだけ日米安保体制の過重な負担が来ているか、現場の状況を分かっているのか。良き隣人には、ほど遠い」と批判した。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:沖縄問題
ジャンル:政治・経済

  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

どうやら…

愈々、国は辺野古テント村の強制撤去を視野に入れているようですね。そりゃそうです、何故ならあの巣窟は存在自体が違法なのだから。山城のバカは「我々がしていることはギリギリの抵抗だ!国がやっている違法行為の方が大問題だ!」と大発狂していますけれども笑い話です。何故なら、辺野古テント村は道路法に違反しているから。それで国相手に喧嘩を売るとは上等ですね。反対派一味は一人残さず全員国会議事堂前で公開処刑に処してやればいい。国は奴らの暴挙に対しては毅然とした態度で怒りの鉄槌を下してほしいです。
  1. 2015-02-20 19:10
  2. URL
  3. calm #ElzBxJP2
  4. 編集

To calmさん

こんばんは。

ちょうど、キャンプシュワブ前テントの撤去騒動について書き進めていたところです。たぶん、今夜中にはアップできると思います。是非とも強制撤去してほしいですね。

ところで、キャンプシュワブとは関係ないですけど、高江にあった反対派テント(主は同じヘリ基地反対協)が19日夜に何者かに撤去され、きれいさっぱり跡形も無くなったそうです。ザマァ!(笑)。

  1. 2015-02-20 20:14
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する