2015-02-24 20:07

往生際の悪い自爆テロ


民主党の玉木らに迂回献金疑惑を追及されていた西川農相が電撃辞任した。西川農相は合法を主張し、誤解を招かないよう返金もしたが、客観的に見ればグレーだ。しかし、国会で追及するほどの問題とも思えず、要は「くだらない」の一言に尽きた。

ところが、追及していた玉木自身にも脱法献金疑惑が生じ事態は一変した。俄然面白くなった。何が面白いかと言えば、献金追及は自爆テロなのに、玉木は自分だけ助かろうと詭弁を弄しているからだ。潔く逝けば良いのに、実に往生際が悪い。

玉木の脱法献金疑惑とは、同じ人間が社長を務める8社から、政治資金パーティー券代として計280万円を受け取っていたことだ。政治資金規正法の献金上限を回避するため、グループ会社で分散献金したわけだ。第一報は産経新聞が報じた。

このことについて、玉木は次の様な言い訳を並べている。

・安倍政権と産経新聞による口封じである
・8社はそれぞれ別会社、何故なら所在地も従業員も違うから
・政治資金パーティーではなく懇親会である
・パーティーで利益は出なかったから問題無い


必死だな(笑)。

まず、「安倍政権と産経新聞による口封じ」なる陰謀論だが、脱法献金が事実なら陰謀論も糞も無い。まして、玉木は本献金問題の中心人物だ。「追及している側はどうなの?」、と疑問に思われることは自然の流れだろう。人を呪わば、というやつだ。

しかも、第一報が産経新聞だったというだけで、その後すぐに朝日新聞なども報じている。陰謀論を語るのなら、産経新聞だけを標的にするのではなく、もっと大規模な口封じ作戦を疑うべきだろう。玉木、お前はそれほどの大物か?(笑)。

「所在地も従業員も違う別会社だから」という説明も失笑ものだ。指摘されているのは「同一人物が社長を務めている」ことで、別会社であることなど聞かれていない。違法献金を問われているのでは無く、非倫理的な献金の責任を問われているのだ。

別会社の理由もそうだが、「懇親会」とか「利益は出していない」とか、聞かれてないことまでペラペラ喋るのは、やましさを隠したい人間の自己防衛であろう。「同一人物が社長」というのは、よほど触れられたくない不都合な事実に違いない。

で、利益を出さない政治資金パーティーなどあり得ないわけで、玉木の説明はウソに決まっている。また、かりに懇親会ならば、やはり同一人物が社長を務める8社と懇親会を行ったことについて、政治倫理的な問題が問われることになる。どう見ても癒着だ。

往生際が悪い。その程度の弁明しか出来ないのなら、やはり脱法献金は事実なのだろう。政治資金規正法に違反していなくとも、倫理的観点から速やかに責任を取るべきだ。西川農相は辞任したのだから、その戦果を冥土の土産に腹をくくれ。

自爆テロは成功した。実行犯が生き恥を晒すな。自爆テロの呼称がお気に召さないなら、神風特攻に変えてやっても良い。さっさと逝くべし。




朝日:民主・玉木議員後援会、同じ社長の8社から280万円
http://www.asahi.com/articles/ASH2Q536CH2QPLXB00D.html
 民主党の玉木雄一郎衆院議員(香川2区)の後援会が2010年、香川県内の支援者の男性がいずれも社長を務める8社から、政治資金パーティー券代として計280万円を受け取っていたことが、収支報告書から分かった。
 政治資金規正法は、「同一の者」から150万円を超えるパーティー券の支払いを受けることを禁じている。玉木氏は朝日新聞の取材に、「会社はそれぞれ実体があり同一ではなく、違法性はない」と話した。
" たまき雄一郎後援会の収支報告書に、10年5月に8社から各30万~50万円が支払われたとの記載がある。
 政治資金に詳しい日大法学部の岩井奉信教授(政治学)は「規正法上は違法性はないが、こうした形を許せば分散献金がいくらでもできる。法改正を含めて制度の見直しが必要だ」と話した。"
 玉木氏は「会社は所在地も従業員も違う。地元のパーティーは資金集めより、懇親会の性格が強い。返還は有権者への寄付になってしまう」と話した。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治家
ジャンル:政治・経済

  1. 民主党
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

パーティ券は買って貰うのに企業献金は禁止して改革政党だと威張ってたにやけ顏の代表も居ましたが…
同じ人が代表の会社8社はダメでしょう(笑)質疑の際良心が痛まなかったんですかね〜
  1. 2015-02-25 10:30
  2. URL
  3. 大門 #-
  4. 編集

To 大門さん

こんばんは。

政治資金規正法に違反していなくても、常識的に考えて倫理に反していますよね。それを堂々と「違法じゃないから問題なし!」と言える神経が、もう我々一般人の感覚と乖離していると言えます。

そんな人間だから、きっと質疑中に心が痛むことも無かったのだろうと思います。

  1. 2015-02-25 20:52
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する