2015-03-14 20:15

花粉症に○○が効く効く詐欺


今年も憂鬱な季節が到来した。花粉の飛散が本格化し、花粉症患者であるno-risuにも症状が現れ始めた。目が痒くてクシャミが出る。ただ、花粉飛散量は例年より多いと予想されていたものの、今のところ酷い症状は出ていない。まだ花粉地獄の一丁目である。

この時期になると、必ず「○○を食べると症状が緩和する」といった怪しげな食事療法が跋扈し始める。毎年のように新しい食材がクローズアップされ、もっともらしい「専門家の説明」と共にメディアで劇的な効果が紹介される。今年は「レンコン」だ。

哀れな花粉症患者は希望があればすがりつく。ヨーグルトをなめ、竹酢を風呂に入れ、「紅ふうき」なるお茶を飲み、柑橘を頬張った。しかし、その全てが花粉症患者の期待を裏切った。no-risuも全て試した。効果は全く無かった。

未だにヨーグルトは効果があるかの様に扱われているが、本当に効果があれば次から次へと新しい食事療法など紹介されないだろう。本当に効果があるなら、ヨーグルトだけ食ってれば事足りるのである。効かないから、別の何かが紹介され続ける。

だから、おそらくレンコンも花粉症には効かない。ネットで情報を調べると、レンコンの絶大な効果が書かれている。でも、これまでの食材だって同様の情報が溢れていたはずだ。効くと言った専門家、宣伝番組を作ったディレクターらは全員縛り首だ。

レンコンについては、ポストセブンが魅惑的な提灯記事を掲載している。記事には「食事療法に詳しい埼玉医科大学の和合治久教授」なるセンセイが登場し、「620人で実験したら、3か月間でなんと81%の人に症状改善が見られました!」とのこと。

花粉症患者からしてみれば、81%に効果があるなんて夢のような話だ。感動的ですらあり、ただちにレンコンを買いに行きたい衝動に駆られるだろう。しかし落ち着け同志よ。この検証記事は何かがおかしい。また我々を騙そうとしている。

まず、症状は具体的にどう改善したのか。10回出るクシャミが9回に減ったとか、鼻水が1cc減ったとか、その程度の改善かもしれない。しかも、記事には「ヨーグルトと組み合わせれば劇的な効果」とあり、レンコン単体では劇的に改善しないこともうかがえる。

さらに怪しいのが、「3ヶ月」という不自然に長く設定された実験期間だ。一般的に、花粉症は2月下旬に始まり4月下旬に終息する。3ヶ月だ。GWには通常生活を取り戻す。3月から4月上旬が症状のピークで、その後は緩やかに良くなっていく。

3ヶ月も経てば、普通は症状が改善していくわけだ。3週間ならまだしも、3ヶ月で81%で症状が改善されるのは当然の結果で、それをレンコンのおかげと言うのは無理がある。第一、3ヶ月間も毎日毎日レンコンばっか食ってられっか!、って話だ。

希望を絶って申し訳ない。でも、散々騙されてきたのだから、いい加減に食事療法など効かないと学ぶべきだ。我々花粉症患者は食い物にされている。

レンコンは効かない。レンコンにすがるなど愚の骨頂である。ただ、「じゃあ、お前はレンコンを絶対に買わないか?」と聞かれれば、「買わないとは言っていない!」と答えるが(笑)。まあ、レンコンは普通に美味しいし。フライか天ぷらが好みだ。




ポストセブン:ネットで「レンコンが花粉症に効く」説 医師がその真偽解説
http://www.news-postseven.com/archives/20140330_248617.html
 マスクをして花粉対策用眼鏡をかけて、それでも止まらないくしゃみ、鼻水、目のかゆみ。そんな花粉に悩めるかたに朗報が。実は今「花粉症に効く」と話題になっている食品がある。
" それは「れんこん」。ネット上には、「れんこんを食べて症状が緩和された」という意見が数多く寄せられ、なかには「まったく症状が出なくなった」という人もいるほど。
 食事療法に詳しい埼玉医科大学の和合治久教授は、れんこんの効果を次のように解説する。"
"「これまで、身近な食材で花粉症などのアレルギー反応を抑えられないか研究してきました。そして数ある野菜の中で、れんこんの効果が高いとわかったのです。
 620人を対象にした実験で、れんこんの成分をお茶やみそ汁に入れて摂取してもらったところ、3か月間でなんと81%の人に花粉症の症状の改善が見られました。"
 れんこんには、アレルギーの原因物質『アレルゲン』に特異的に反応する『IgE抗体』を抑制する働きがある『タンニン』などのポリフェノールが多く含まれています。それに花粉症を抑える効果があるんです」
" 1日40g、輪切りで3つほど食べ続けると、約2週間で効果が表れ始めるという。
 和合教授のおすすめは、ポタージュスープにして飲むこと。れんこんの成分を小腸からダイレクトに吸収できるという。
 さらに、れんこん単独ではなく、組み合わせて食べることで効果を高められるという。"
「腸内環境が崩れていると、花粉症などのアレルギー反応が大きく出るといわれています。ヨーグルトなど、乳酸菌の含まれる食べ物と一緒に摂取すると、劇的な改善作用があると、最近の研究でわかってきたんです」(前出・和合教授)
" れんこんの効果は、食べるだけにとどまらない。なんと塗っても効くのだ。
「れんこんに含まれる粘り成分『ムチン』には、粘膜の炎症を抑える効果があります。れんこんを皮ごとすりおろしてガーゼなどで濾し、その搾り汁を綿棒などで鼻の内側に直接塗れば、鼻づまりの解消につながります」(前出・和合教授)"






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル:政治・経済

  1. 花粉症
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

鰯の頭も信心から

ヨーグルトをなめ竹酢を風呂に入れ紅ふうきのお茶を飲み柑橘を頬張り、それで花粉症が治るんだったら万々歳でしょうね。

我が古女房も次は何を食べれば(飲めば)効くんだろうと言ってはいますが特に騙されたと怒ってはいないようです。

まあ毎年、今年の流行のファッションカラーは〇〇色でとか女性週刊誌に乗ったりしますがそれと同じでしょうね。

薬でもなく毒でもない今年の花粉症対策は〇〇を食べましょう(飲みましょう)でも言いと思います。

まあ一種の洒落でいいのではないでしょうか。

これが悪徳商法のネタになり今も効きもしない健康食品で高額のお金を騙されている人と比べれば可愛いものだと思います。

日本には昔から鰯の頭も信心からという諺もありますので効かなかったとしてもそれほど目くじらを立てなくとも良いと思うものです。

本当に程度が酷いのであれば病院で診てもらうのが一番でしょう。
  1. 2015-03-15 08:46
  2. URL
  3. そうかせんべい #-
  4. 編集

面倒ではあるものの

no-risuさん、こんにちは。

民間療法に頼らず、医学的に検証された(保険適用されるようになった)治療法を試してみてはいかがです?

先日、医療関連のテレビ番組でも紹介されていた「舌下免疫療法」というのがあるようです。

もともと、他のアレルギーに使われていた技術の応用ですし、レンコンよりは試してみる価値があると思いますよ。

他にも、勤め先に沖縄支社があれば、そちらに移動願いを出すという手もありますよ。
花粉予報見ながらメシウマな日々が送れます。
  1. 2015-03-15 13:38
  2. URL
  3. mine-y #-
  4. 編集

こんばんは。

同じすぎ花粉症持ちとしての最大防御法。
アレルゲンである花粉を目や鼻腔内に入れないという点から、
ゴーグル、顔との間に隙間が出来ないマスクを"説明書通りに"使用する、
上着の花粉を外で払う、
顔や頭をよく洗う。
これに尽きるようで。

何かを飲食して花粉症が1%でも改善するなど、何とかダイエットと同じく、話半分でやりたければやってみる、程度の感覚でいた方がいいようです。根拠なき民間療法の発案者に患者が協力する必要はありません。
御自愛ください。
  1. 2015-03-15 18:03
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

To そうかせんべいさん

こんばんは。

その様に寛大でいられるのは、本気で苦しんでいない、本気で良くなりたいと追い詰められていないからでしょう。私はかなりきつい症状に悩まされており、藁をもつかむ思いで頼っていつも騙されます。

そりゃ分ってますよ、効果が無い可能性は高いことくらい。でも、希望がある以上すがらざるをえないのです。苦しいから。

ですから、大した効果も無いくせに効果を誇張し、花粉症患者を食い物にする連中は許せません。許しません。

病院ですが、あんなものは大して意味がありません。所詮は対処療法で、薬を処方されるだけですから。私は薬は体に合いませんから。

  1. 2015-03-15 19:01
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To mine-yさん

こんばんは。

舌下免疫療法、昨年このブログで取り上げました。保険適用になった朗報を伝えました。が、肝心の自分自身がトライできませんでした。やはり、5月に入り症状が治まると、治療する気持ちが失せるんですよね(笑)。

ですが、今年こそは挑戦したいと思います。すでにクリニックも探してあります。頑張りますよ!。

沖縄勤務ですか・・・。仕事は無くは無いですが、遠いですねぇ・・・。

いや、憧れるものはありますよ。世知辛い日常から沖縄に逃げたいですから。。。

  1. 2015-03-15 19:05
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To kogumaさん

こんばんは。

結局のところ、マスクをするのが一番効果がありますね。私の場合、風呂と飯以外はずっと着用しています。寝ているときもマスクしますよ。マスクは花粉を防ぐ効果もそうですが、湿度の保持が症状を和らげるように感じます。

  1. 2015-03-15 19:08
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する